[四国]おすすめの川遊び・泳ぎ・滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

ベトナム株FMCサオタ食品を大幅に買い増した理由や訳

1年ぐらい前に、ベトナム株FMCサオタ食品を購入しましたが、1年間で株価は上昇。

今回、これまで保有していたベトナム株の大半を売却して、FMCサオタ食品を大幅に買い増すことにしました。

 

 

このページでは、ベトナム株FMCサオタ食品を大幅に買い増した理由や訳を紹介します。

FMCサオタ食品は、食品加工産業に従事するベトナム系企業で水産物の加工・取引・輸出及び自社運営の提供を目的とする水産養殖農場の管理しています。

ベトナム株FMCサオタ食品を大幅に買い増し

主なエビとバサの加工に加えて、同社はまたニンニク、生姜、フルーツ、サツマイモ、蓮の根、ハスの種子、カボチャ、タマネギなどから他の食品製品を生産しています。

FMCサオタ食品を初めて購入したのは約1年前です。

購入した理由はPERが安かったこと。

業績が右肩上がりであったこと。

配当金が10%超えて高かったこと。

これらの理由を総合的に考えて、株価が値上がりする可能性が高いと判断して投資に至りました。

そして、この1年間の実績は、配当金が10%、株価も1.5倍以上と期待通りの結果となりました。

今回、FMCサオタ食品を大幅に買いました理由は、右肩上がりの業績が今後も続きそうであること。

1年間の配当金が11%と高いこと。

FMCサオタ食品を大幅に買い増した理由や訳は

高成長にも関わらずPERが9倍と低いこと。

ROEが22、ROAが7と高いこと。

 

 

ROEやROAが高いと言うことは効率よくお金を稼いでいることを意味します。

これで日本が中心になって進めているTTPの開始やアメリカがTTPに戻ってくれば、水産物の加工・輸出をしているFMCサオタ食品に追い風です。

一旦、TTP離脱を決めたアメリカトランプ大統領には、なんとか方針転換を期待したいものです。

最近では、ベトナムでの不動産・ホテル運営事業も並行してやっているようで、ベトナムの成長に比例して業績が拡大する可能性が高いと考えられます。

今回の買い増しでFMCサオタ食品は私が保有するベトナム株の中でナンバーワンの投資額になりましたので、成長に期待し私の資産の増加に貢献してもらいたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA