[四国]おすすめの川遊び 泳ぎ 滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

確定拠出年金と種類や特徴や個人型のiDeCoイデコ

確定拠出型年金という言葉は多くの方が知っていると思いますが、実際にどういうものかと聞かれたら、知らない人も多いのではないでしょうか?

厚生年金や国民年金のように、報酬や掛けた月数に応じて受け取り額が決まるものを確定給付年金、それに対して企業や個人が拠出した掛け金とその運用損益で将来受け取れる年金額が決まるものが、確定拠出型年金と言われます。

 

 

よって、確定拠出型年金は運用がうまく行けば掛け金よりも多いお金が年金として受け取れますし、失敗すれば掛け金よりも少ないお金しか受け取れません。

確定拠出型年金には、企業型と個人型iDeCoイデコがあります。

確定拠出型年金には企業型と個人型iDeCoイデコが

企業型は企業の従業員が対象で労使合意のもとに企業が掛け金を拠出します。

拠出限度額は、他の企業年金がある場合は、月額27500円、ない場合は55000円となり、従業員が自ら拠出する上乗せの掛け金は、企業の掛け金以下で、かつ会社の掛け金とあわせて、拠出限度額以内にする必要があります。

個人型はiDeCoイデコと呼ばれ、自営業者や企業型がない従業員の為の確定拠出型年金になります。

掛け金は個人が負担し、拠出限度額が自営業者の場合68000円、企業の従業員の場合23000円になります。

拠出したお金は、加入する個人の判断で預貯金や保険や投資信託等の中から運用する商品を選ぶ事が出来ますし、その組み合わせも自由です。

私の場合は、日本の将来性に不安感を持っているので、全て外国の債権や株式やリートに投資しました。

このように、各個々人が自分で運用する商品を決めますので、毎月拠出する額が同じでも、年金の受け取り額はそれぞれの運用結果によって異なります。

よって、年金資産を大きく増やす人もいますし、逆に大きく減らしてしまう人もいます。

この確定拠出型年金の運用状況は電話やインターネットや運用レポートで常に確認することが出来ますし、運用商品を変更することが出来ます。

そして、これまでの企業年金は、転職時に年金資産を持っていくことが出来ませんでしたが、確定拠出型年金は、自分の年金資産を転職先へ移管することが出来ます。

確定拠出年金と種類や特徴や個人型のiDeCoイデコ

万が一、転職先に企業型がない場合は、個人型iDeCoイデコに移管することが出来ます。

それと、確定拠出型年金の大きな特徴として、個人が拠出した掛け金は全額所得控除になります。

よって、年間の課税対象額が少なくなり、その結果、所得税や住民税の金額も少なくなります。

年金を受けとるまでの積み立て期間中の運用益も非課税で、年金や一時金として受けとる場合も優遇措置があり、税金の負担を軽減できます。

 

 

確定拠出型年金は、企業型と個人型のiDeCoイデコ共に、原則として60歳以降70歳までの間に年金か一時金で受けとります。

いつ受けとるかはそれぞれの判断になりますが、加入期間が短い場合は、受け取り可能な年齢が61から65歳になるので気をつけて下さい。

加入期間による受け取り可能年齢は、10年以上が60歳から、8年以上が61歳から、6年以上が62歳から、4年以上が63歳から、2年以上が64歳から、1か月以上が65歳からとなっています。

加入者が死亡した場合は、遺族が一時金として、重度の障害者になった場合は、年金か一時金で受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA