韓国ソウル海外旅行 台風で飛行機が欠便 帰国出来ない時 必要な準備

先日、韓国ソウルに香川県から海外旅行に来ました。

旅程は2泊3日で景福宮や 昌徳宮やソウルタワーなどを楽しんだのですが、ちょっと気がかりな事が。

ちょうど帰国日に超大型の台風が香川県に近づくのです。

万が一帰国できない可能性があるかなと心配していたのですが、ガイドが言うには奇跡的にエアソウルAIR SEOUL LCCの飛行機が欠航になっていない。

お客さんは運が良いと言われながら朝早く5時頃に仁川空港に行ったら、なんと、飛行機が欠便になった。

と最悪の報告が。

朝早く5時頃に仁川空港に行ったら台風で飛行機が欠便に

参ったなこれは、と言うのが正直な本音でした。

しかし、欠便で香川県に帰れない事実は変えようがありません。

よって、前向きに考えて、三泊四日の韓国ソウル旅行と言う事で、3日目はホテルに帰って、一眠りしたあと、世界遺産の宗廟で観光してきました。

よって、一泊延びたぶん韓国ソウルを満喫して楽しめたのですが、しかし、三泊目を想定していなかったので、台風などで日本に帰国できない可能性もあったので、準備しておけば良かったなと思うことがありましたので、その事について紹介します。

着や服をワンセット余分に用意

まず、下着や服をワンセット余分に用意しておけば良かったなと思いました。

時期的に気候が良かったので、服については2日同じ服を着ても問題なかったのですが、下着はやはり抵抗があります。

私の場合はホテルに戻って洗濯をしたので支障はありませんでしたが、もうひとつ持ってきておいた方が良かったと思いました。

(一緒に行った人は余分に下着を持っていました)

延泊した時にホテルや食事代金や料金が保証される海外旅行保険に

それと台風や地震などの災害や吹雪などの天候で飛行機が飛ばずに延泊することも想定して、延泊した場合にホテルや食事代金や料金が保証される海外旅行保険に入っていた方が良いと思いました。

私の場合はインターネットのエイチ・エス損害保険に入りましたが費用を節約して、そういう保険に入っていませんでした。

その結果、エイチ・エス損害保険から延泊に要した費用は一切出ませんでした。

(ほかに何かお金をもらう方法はと頭をひねって延泊後の食事費については別の保険から出ることになったのですが、そのエピソードは海外旅行保険に加入なしでもゴールドカードで請求出来るのページで紹介しています。)

それとお金です。

お金があればなんとかなります。

しかし、もう帰国するからと使いきってしまうと台風などで帰国できない場合、移動するお金もない。

韓国ソウルなど海外旅行から帰国出来ない時に必要な準備

食べるお金もない。

ホテルに泊まるお金もないという悲惨なことになります。

ドルや今回の場合は韓国通貨のウォンが必要でしたが、日本円でも持っていれば両替して使うことが出来ますし、クレジットカードを持っていれば最近韓国はキャッシュレスがすすんでいるのでなんとかなります。

私の場合は、添乗員もいて旅行会社に頼んでスムーズに手続きが出来たのでほぼ苦痛やストレスが無かったのですが、こう言うときは海外旅行のプロや慣れている人に助けてもらうとその後の対応がスムーズです。

よって、台風などが来て帰国できないリスクがあるようなときは事前に旅行会社にそういうときはどこに連絡したらサポートしてくれるのか確認しておくことが必要です。

私は韓国からNHKの日本のニュースを見ましたが、ホテルが取れなくて空港で一夜を過ごした疲れきった人の映像を見ました。

そんなことになったらせっかくの楽しかった旅行の思い出が台無しになるので、台風などで海外旅行先から帰国できないリスクがある場合は、事前に万全の準備をしておきましょう。

エアソウルAIR SEOUL LCC 高松から韓国ソウル仁川空港についてはリンク先で紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA