四国のおすすめ川遊びや泳ぎと滝で飛び込み ターザンロープも

LCC飛行機は安いが時間変更やトラブルで飛ばないリスクや危険が

私がLCCの格安飛行機を利用するのは、今年の春にグアムにティーウェイ航空で行ったのが初めてです。

 

 

この時は関西国際空港からの行きは時間通り出発し、グアムへの到着も時間通りでした。

(思っていたよりも座席が広く、シートが柔らかく快適でした。

ティーウェイ航空シート

今年の冬に行ったベトナム航空の普通の飛行機よりも快適でした。)

ティーウェイ航空の飛行機は出発も1時間遅れ飛行時間も1時間長く

利用していたH.I.Sの担当者からは当日のオプションプランのバーベキューは、飛行機が遅延したら食べられないかもしれない。

と言われたので、LCCの飛行機ってそんなに遅れることがあるんですか?

ティーウェイ航空

と聞いたらちょくちょくあると言われたので心配していたのですが、予定通り到着できたので、念のために大袈裟に言っているのかなと思っていました。

しかし、グアムを満喫した帰りのティーウェイ航空の飛行機は出発も1時間遅れ、飛行時間も1時間長くなり、関西国際空港に着くのが2時間遅くなりました。

ティーウェイ航空グアム出発

天気も晴れていたのですが、私たちが乗る予定の1時間前に同じく関西国際空港行きのティーウェイ航空の飛行機が1時間以上遅れての出発になったので、それが原因かなと思っていました。

このように一回LCCの飛行機を利用しただけでこういうことが起こるので、本当に遅れるような事はちょくちょくあるんだと思っていましたが、今回は秋に行く2泊3日の韓国旅行でまたまたLCCの飛行機の都合でスケジュールが大幅に変更されることに。

今回の旅行は高松空港からエアソウルを使ってソウルに行く予定なのですが、帰りの飛行機が14時50分発から9時50分発に変更になったのです。

エアソウルのLCCの飛行機の時間変更の連絡が

変更になった理由は機材の点検や調整と新規飛行機納入の遅延の為です。

5時間も早く韓国ソウルを出発することになったので、ホテルの朝ごはんも食べれないですし、観光や昼御飯も食べられなくなりました。

しかも、ソウル市内のホテルの出発時間も朝6時と早起きが必要になります。

たった2回 LCCの飛行機を使っただけなのに2回とも時間変更などの問題やトラブルが発生するとは、驚きです。

そう思っていたら再度、エアソウルの時間変更の連絡が。

ソウルからの帰りの飛行機の時間がさらに1時間早くなるということです。

ということはホテルを早朝の5時に出発しなければなりません。

2回 LCCの飛行機を使っただけなのですが、3回も時間変更とは本当に驚きです。

そういえば両親も東京に行くときにLCCの飛行機を使ったらよく遅れると言っていました。

LCCの飛行機のトラブルで飛ばないなどのリスクや危険やデメリット

なので、気になったのでLCCの飛行機のリスクや危険やデメリットを調べてみたら、LCCの飛行機は燃費を重視しているので余分な燃料は積まない。

よって、上空待機をしないので、目的地の空港に着陸できない場合は、早々に代替空港に着陸したり、出発地に引き返したり、そもそもフライト自体を取りやめてしまうことがあるようです。

更に1つの飛行機を効率的に使うことで安い価格を実現しているので、LCCの飛行機に不具合が発見されるとそのあとの飛行機まで連鎖的に遅れてしまったり、遅れることによって空港の利用時間が過ぎてしまい、フライト自体がキャンセルになることがあるようです。

 

 

それにフライトがキャンセルになっても、別便に振替をしてくれるだけで、LCCの航空会社の問題やトラブルで欠便になった場合もホテル代や食事料などの負担はありません。

なので、絶対に遅れられないときとか、出発しないといけないときは、普通の飛行機にした方が安全だと言うことです。

LCCの飛行機は狭くてサービスが有料という以外にこのホームページやブログで紹介したようなリスクや危険やデメリットがあるので、そのことを踏まえたうえで上手に利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA