四国のおすすめ川遊びや泳ぎと滝で飛び込み ターザンロープも

おすすめAI人工知能銘柄の株式を購入してお金や資産を増やす

ココス島が綺麗に

お金や資産を増やしてお金持ちになるためにAI人工知能銘柄の会社の株式を購入する事が近道だと考えています。

理由は簡単です。

これからAI人工知能が私たちの生活にどんどん浸透して、これまで人間がやっていた仕事や作業がAI人工知能にとってかわるからです。

お金持ちになる為にAI人工知能銘柄の株式を購入する事が近道

あらゆる分野の仕事や作業がAI人工知能に変わる

事務作業や受付業務はかなり早い段階でなくなるでしょうし、レストランと料理人や案内係、工場の作業員、コンビニやスーパーなどの店員、タクシーやトラックの運転手、清掃員や客室係などあらゆる分野の仕事や作業がAI人工知能にとってかわります。

実際に私が勤める企業にもシステム会社が営業に来て、事務をAI人工知能で自動化しませんか?

費用はそんなに高くないです。

マタパン・ビーチ・パーク

10万円ぐらいで経理業務などのルーティーンワークが自動化出来ますと説明してくれます。

AI人工知能と聞くと非常に高く高価なものというイメージがあったのですが、汎用品として利用できるレベルの価格や料金で購入する事が出来るようです。

AI人工知能にとってかわられる仕事をしている人たちはこれからの激動の時代を生き抜くために非常に困難を伴うと考えられますが、逆にこれらAI人工知能の商品やサービスを作り、提供している企業や会社にとっては大きなビジネスチャンスで、商品やサービスがどんどん売れるので、会社が儲かり、発展します。

AI人工知能により消滅する仕事をしている人も投資で恩恵が

※AI人工知能にとってかわられる仕事をしている人も安心してください。

AI人工知能のサービスを提供している会社にお金を投資することでその恩恵を受けることが出来ます。

なので、仕事が消滅するとAI人工知能を毛嫌いしている人もこのページを読んで理解して行動することでAI人工知能の発展や成長の恩恵にあずかり、お金や資産を増やしてお金持ちになることが出来ます。

AI人工知能のシステムエンジニアの給与や年収は激増

会社や企業が儲かりますので、AI人工知能の開発を行っているエンジニアたちの給与や年収もどんどん増えていきます。

これは香川県の希望の星、AI人工知能の第一人者の東京大学大学院工学系研究科教授の松尾豊氏から聞いた話ですが、AI人工知能のエンジニアの上位は初任給が1億円を超えると聞きました。

私も子供が3人いて、これからはAI人工知能の時代だと考えていたので、少なくとも男の子の長男次男は工学部系の大学院まで行かせて、AI人工知能のシステムなどの勉強をさせようと思っていたので、大学はどのレベルに行かせたら、ある程度活躍できるのかな?と聞いたことがあるのですが、その時の松尾豊氏の回答はアメリカか中国の大学に行くべきだとの事でした。

その時になるほど1億円を超えるエンジニアになるためには日本の大学よりもレベルが高いアメリカか中国の大学に行かないといけないのかと認識しましたが、それでも初任給で1億円以上とは人工知能AIの将来の展望が明るい事を示してくれています。

先日もニュースで見たのですがAI人工知能などの先端分野で人材の獲得競争が激しくなっていることから、富士通が、能力に応じた給与の割合を大幅に増やす新たな制度を導入し、勤続年数にかかわらず3000万円から4000万円の年収を得られるようになったという事でした。

よって、20歳代の社員でもAIや人工知能のシステムエンジニアが高報酬を得られる時代になったという事が分かります。

グアムタモン地区の町並み

日本国内では、ソニーやNECもAI人工知能などの先端分野で高い能力を持つ人材を対象に給与を増やす取り組みを進めていて、人材の獲得競争が一段と激しくなりそうだとのこと。

各企業がどんどん年収をあげてAI人工知能エンジニアを集めているのがよくわかります。

ここで紹介した松尾豊氏自身も今年ソフトバンクグループの社外取締役に迎えられましたので、ソフトバンクグループがこれから将来に向けて発展していくためにAI人工知能に力を入れるという意気込みが伝わってきます。

この松尾豊氏を迎え入れた一連の流れを見るとソフトバンクグループのカリスマ経営者孫正義氏が、これからの時代はAI人工知能だと言っているようなものだと感じます。

以上簡単にAI人工知能分野の将来性をまとめさせてもらいましたが、次にお金や資産を増やしてお金持ちになるために有望なおすすめAI人工知能銘柄の株式を3つ紹介します。

シグマクシスでお金や資産を増やす

まず一番目に紹介するのがシグマクシスです。

シグマクシスは世界で最も先進的な機械学習の自動化プラットフォームDataRobotやあらゆるフォーマットに対応するドキュメント入力サービスディープシグマDPAやAIによる変状検出ソリューションディープシグマ CRACKなどのサービスを提供している会社です。

去年、三菱商事と資本提携解除したことが嫌気され、株価が一時3分の1ぐらいになっていますが、現在は750円ぐらいをそこに右肩上がりで、株価が本日現在1448円となっています。

移動平均線的に見ても、長期中期短期の線が右肩上がりで、株価がこれからも上昇して、投資した資金やお金が増える可能性が高いことを示しています。

決算や業績は右肩上がりで会社は成長中。

有利子負債0円。

PER26倍でまだまだ割安。

配当金は手堅く1.38%。

配当金の増配。

自社株買い。

利益を株主に還元する考えが強いのも投資する上でのメリット

新興企業にありがちな利益を株主に還元せずに成長の為にお金を使うという考えではなく、利益を株主に還元する考えが強いのも投資する上でのメリットです。

やはり、ギブアンドテイクやWIN-WINの関係になれる会社の株式を買いたくなるもので、その結果、株価が上昇するという好循環のサイクルが出来上がります。

こういう考え方はおそらく仕事でも同じなので、お客様から選ばれる可能性が高くなります。

そうなると商品が売れて、会社が儲かるという好循環のサイクルが出来上がります。

株価は年初来高値を更新中。

シュノーケリング

ROEが23%と高利益体質。

そして、平均年収1167万円と高報酬。

同程度の規模で同業種の企業と比べても平均年収の高さが光ります。

私の考えではAI人工知能で企業が勝つためには優秀なエンジニアを採用する事が必要不可欠です。

高い報酬を支払えばそれだけ優秀なエンジニアを集めることが出来るので、優秀なAI人工知能エンジニアを採用できる環境を作っているシグマクシスのこれからの発展が期待できます。

 

 

 

システム情報もおすすめ

二番目に紹介するのがシステム情報です。

システム情報はAI人工知能とAnalytics分析や可視化といったコンピュータ技術を組み合わせることで、見る・読む・聞く・考える・話すといった人間の判断で行っていた行動を代行したり、その行動にかかる時間を短縮したり、人の知覚だけでは処理しきれないビッグデータから新たな法則を発見するといった人の知的活動を拡張することを目的としたサービスなどを提供しています。

株価は中期長期短期で見ても右肩上がりで、移動平均線的に見ても、長期中期短期の線が右肩上がりで、株価がこれからも上昇して、投資した資金やお金が増える可能性が高いことを示しています。

決算や業績は右肩上がりで会社は成長中。

高利益体質で株主還元も積極的

ROEが26.5%と高利益体質。

PERは30倍と好業績銘柄としてはまだまだ割安。

配当金は1.16%。

配当金の増配。

自社株買い。

シグマクシスで紹介したとの同じ好循環がこのシステム情報でも発生するはずです。

株価は年初来高値を更新中。

平均年収は613万円。

そして、業績予想に対して上方修正が6回とかなり手堅い予想をする堅実な会社です。

株価が中長期短期のどの目線で見ても右肩上がりなので、安心して投資出来、資産や資金やお金を増やしお金持ちにしてくれる会社だと期待できます。

 

 

ブレインパッド

最後に紹介するのがブレインパッドです。

ブレインパッドはAI人工知能を利用して、将来の予測や経営リソース最適な配分や業務の自動化や省力化や異常探知やマーケティングの最適化などのサービスを提供する会社です。

決算や業績は右肩上がりで、株価は短期的に見ると低迷しているように見えますが、中長期的に見ると右肩上がりです。

背びれに毒がある危険な魚

短期的に低迷しているように見えるのは今年の5月にブレインパッドの株価が暴騰したことが原因なのでそんなに気にする必要はないと考えます。

PERは53倍で少々高いですが、これからの成長を考えるとあまり気にする必要はありません。

有利子負債0円。

ROE33%の超高利益体質の会社

ROE33%の超高利益体質の会社です。

平均年収は665万円。

配当金などの株主還元策がまだないのが気になりますが、これも企業の発展とともに実行されるのではないかと期待しています。

そして、システム情報と同じようにこのブレインパッドも業績予想に対して上方修正が3回とかなり手堅い予想をする堅実な会社です。

 

 

株式投資は自己責任

以上が私がお金持ちになるために実際に自分が購入しているおすすめAI人工知能銘柄です。

投資は自己責任ですので、よく考えた上で自分がこれなら大丈夫と自信を持って言える株式を購入してお金や資産を増やしていきましょう。

ここで紹介した銘柄の詳しい情報はリンク先のページで紹介しています。

その時々の決算や業績や環境などの情報によって売却したり、買い増したりすることがありますが、リンク先のページである程度リアルタイムに情報提供していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA