[四国]おすすめの川遊び・泳ぎ・滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

岡山駅と鹿児島中央駅間 新幹線みずほとさくらを乗り比べ

新幹線みずほとさくら座席

岡山県と鹿児島中央駅の間を新幹線で往復する機会があったので、せっかくなので両方に乗って、比べてみることにしました。

私が乗った岡山駅から鹿児島中央駅までの間が新幹線みずほ605号で2時間55分の乗車時間、鹿児島中央駅から岡山県までの間が新幹線さくら560号で3時間24分の乗車時間となります。

 

 

乗車時間はさくらよりみずほの方が約30分短いので、行程にみずほが合うのであれば、新幹線みずほを使った方が時間を有効に活用できます。

ただ、みずほは朝夕にそのほとんどが運行していますので、タイミングが合わなければ利用できません。

岡山駅と鹿児島中央駅間 新幹線みずほとさくらを

では、まず私が乗った新幹線みずほ605号についてですが、岡山を出て、広島、小倉、博多、熊本に止まって鹿児島中央駅に到着しました。

新幹線みずほとさくら

みずほが早いのは、止まる駅が少ないからです。

座席は2列、2列の4列で間に通路があり、新幹線ののぞみやひかりやこだまの2列、3列の5列より座席が広くグレードが高いので非常に快適に座ることが出来ます。

(私は指定席を利用しました。

普通席の場合は、2列、3列の5列になりますので、のぞみやひかりやこだまとグレードは同じになります。)

本当に座席が柔らかくて気持ちいい。

新幹線みずほとさくら座席

この座席に座ったらのぞみやひかりの座席には乗れませんね。

飛行機なんか比べ物にならないぐらい快適です。

飛行機と比べてちょっとの時間の差なら絶対にみずほやさくらの方が快適です。

新幹線みずほとさくら車内

そして、座席の袖にはドリンクホルダーがあります。

そして、テーブルはブラウンで高級感があります。

新幹線みずほとさくらテーブル

そして、窓際にはスーツなどを吊ることが出来る場所が2箇所あるので、窓際と内側の人用がそれぞれ一つずつあります。

それと新幹線では初めて見たような気がするのですが、コンセントがありました。

新幹線みずほとさくらコンセント

私は新幹線に乗っている間、暇つぶしに絶えずブログを書いていたので電池の消耗が激しいです。

途中で電池が消耗して50%になった時点でその事に気がついたのですが、そこからは電池を消耗することなく作業を進めることができました。

新幹線みずほとさくらを乗り比べた結果はみずほに軍配が

もっとはやく気がついとけば良かったです。

私以外にもパソコンを広げて充電しながら仕事をしている人もいました。

鹿児島中央駅からの帰りは新幹線さくら506号新大阪行きに乗りました。

 

 

熊本までは全ての駅に止まり、川内、出水、新水俣、新八代、久留米、新鳥栖、福岡、小倉、広島、福山の順番で岡山駅に到着します。

新幹線のグレードはみずほとさくらどちらも同じで、みずほの方が止まる駅が少ないので早く目的地に着きます。

よって、みずほが利用できる時間帯であればみずほを利用した方が時間を効率よく使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA