[四国]おすすめの川遊び・泳ぎ・滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

ソンダ工業団地 都市投資開発とバリア ブンタウ住宅開発

前回と前々回に続き、私が6~7年間保有し続けたベトナムの株の中で今回売却を決めたソンダ工業団地・都市投資開発SJSとバリア・ブンタウ住宅開発HDCをなぜそういう決断に至っかたのか?

業績等の説明を交えてその訳や理由を説明します。

 

 

まず、ソンダ工業団地・都市投資開発SJSについてですが、同社はベトナムで工業団地と都市地域向けのインフラ、住宅地、ホテル、別荘、アパート・ビル及び観光地の開発・建設を行う企業です。

ベトナム株ソンダ工業団地 都市投資開発を売る理由

ここ5年間の業績は、売上高及び当期利益両方とも右肩下がりで今のところ右肩上がりの成長が見込めません。

そんな経営状況にありながらPERは15.9倍と少々高め。

ROE8.5。

ROA3と普通です。

配当利回りも6.3%とこれまた普通です。

これでは、株価の大幅な飛躍や、増配等で私にこれまで以上の利益をもたらしてくれるとは思えません。

よって、ソンダ工業団地・都市投資開発SJSを売却することに。

ベトナム株バリア ブンタウ住宅開発を売る理由

次にバリア・ブンタウ住宅開発HDCについでですが、この会社はベトナムの不動産会社で、住宅地、住宅や共同住宅の開発・取引・賃貸に従事し、土地譲渡業務も行います。

業績はここ3年ぐらい売上高及び当期利益が増加傾向です。

 

 

PERは11.22倍。

ROEが8.9、ROAが4と普通です。

配当利回りは、9.15%と高めですが、私がこれから投資しようと考えているベトナム株銘柄と比較するとインパクトに欠けます。

よって、バリア・ブンタウ住宅開発HDCも売却することを決定しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA