四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

いおワールドかごしま水族館 鹿児島市の癒しのスポット

いおワールドかごしま水族館キャノンボールジェリー

鹿児島中央駅からいおワールドかごしま水族館に行ってきました。

 

 

いおワールドかごしま水族館へは鹿児島中央駅東口から出たところにあるバス停からでしたが、水族館行きのバスがこのバス乗り場から出るのは分かっていたのですが、土地勘がなくどのバスに乗ればいいのか分からなかったので、一台一台バスが来る毎に運転手に確認。

いおワールドかごしま水族館行きバス

数分後に来るバスで、いおワールドかごしま水族館に行けることが分かりました。

いおワールドかごしま水族館まではバスで十数分です。

バスを降りたら、桜島フェリーの構内をとおって、いおワールドかごしま水族館へ。

いおワールドかごしま水族館外観

料金は大人1500円、750円、幼児350円です。

いおワールドかごしま水族館ジンベイザメがお出迎え

中へはいるとまず、ジンベイザメの大きな水槽へ。

ジンベイザメの存在感がひときわ目立っています。

ジンベイザメとマンタの共演に見いってしまいました。

この水槽では、ジンベイザメとマグロやカツオやエイなどの大型の魚が悠々と泳ぎまわる姿を見学できます。

そして、南西諸島の海のエリアです。

はた。

はた

珊瑚の水槽。

なんか見たことない、じっと底に固まっているサメがいました。

サメ

途中で展望台みたいなところでは、壮大な桜島が山頂まで見渡せます。

ここでは自動販売機があったので、ちょっと休憩なんかも出来ます。

展望台で桜島の山頂

そして鹿児島の海のエリアへ。

深海魚のエリアもあります。

いおワールドかごしま水族館深海魚

私が個人的に一番好きだったのはクラゲエリアです。

キャノンボールジェリーはキレイで見ているだけで癒されます。

キャノンボールジェリーやあめりかやなぎくらげに見入る

しばらくの間観察していました。

あめりかやなぎくらげも鮮やかでその魅力に引き込まれました。

軽食屋もあるので途中でお腹が減ったら腹ごしらえ出来ます。

海ガメの子供はかわいい。

ピラクル大きい。

イルカのショーは平日にも関わらず大にぎわいです。

イルカのショー

イルカ全員での同時ジャンプは見ごたえがありました。

そして、最後はタッチプール。

なまこやヒトデや小さい魚をタッチすることが出来ます。

いおワールドかごしま水族館タッチプール

以上がいおワールドかごしま水族館の紹介になりますが、印象としては鹿児島市近郊の海の魚(錦江湾と周辺の魚)が多いように感じました。

鹿児島市の観光いおワールドかごしま水族館

帰りはバスに乗って鹿児島中央駅に戻ろうと思っていたのですが、便数が少なく長時間の待ち時間があったので、電車で帰ることに。

 

 

いおワールドかごしま水族館から距離があるなと思っていたのですが実際に歩くと500メートル少々で特に支障なく水族館口へたどり着くことが出来ました。

市電の方がいおワールドかごしま水族館から距離がありますが、便数が多いので便利です。

 

いおワールド かごしま水族館

〒892-0814 鹿児島県鹿児島市本港新町3−1

TEL:099-226-2233

通常営業時間:9:30~18:00(入館~17:00)

※ゴールデンウィーク、夏休み期間の土日祝日、お盆、クリスマスイブなどは21:00まで開館する『夜の水族館』を開催

休館日  12月の第1月曜日から4日間  ※年末・年始は通常通り営業いたします。

 

鹿児島県鹿児島市本港新町3−1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA