四国 秋のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

滑川渓谷 秘境パワースポット自然が作りだした神秘 東温市

滑川渓谷

愛媛県東温市の秘境、滑川渓谷。

長い年月をかけて水に侵食され、作られた砂礫岩の奇怪な岩肌や1キロにおよぶ1枚岩ナメラの川床。

自然が作りだした神秘の世界です。

遊歩道があり、往復1時間ほど散策を楽しむことが出来ます。

滑川渓谷 秘境パワースポット 東温市

駐車場

無料駐車場

滑川渓谷 駐車場

無料の駐車場があります。

5~6台とめることが出来ます。

有料駐車場と料金

滑川渓谷 有料駐車場

無料の駐車場がいっぱいなら、すぐ手前に有料の駐車場があります。

駐車料金は100円です。

案内図

滑川渓谷 案内図

トイレ

滑川渓谷 トイレ

駐車場のすぐそばに公衆トイレがあります。

自然が作りだした神秘の世界 滑川渓谷

滑川渓谷ハウス

滑川渓流ハウス

駐車場のすぐ横にある滑川渓流ハウス。

地元の滑川渓流クラブが運営する観光案内所です。

滑川渓谷散策

滑川渓谷 遊歩道入口

奥の滝まで遊歩道で散策できるようになっています。

散策は、スニーカーなど歩きやすい靴や動きやすい服装がいいです。

滑川渓谷 案内札

奥の滝までは、600mほどです。

そこまでも、見どころは沢山です。

ナメラ岩

滑川渓谷 ナメラ

1キロにおよぶ一枚岩「ナメラ」。

私が行ったときは、水量は少なかったですが、このナメラの川床を歩いて進みます。

龍の尾

滑川渓谷 浸食された奇岩

長い年月をかけて浸食された岩。

滑川渓谷 浸食された岩に入る

人が入れるくらいの隙間。

どれだけの歳月でこれができたんだろう。

滑川渓谷 浸食された岩とナメラ岩

私が行ったときは水が少ないですが、沢山の水が流れる様子も見てみたいと思いました。

滑川渓谷 ハシゴ

ハシゴを使って進むところもあります。

滑川渓谷 龍の尾

滑川渓谷 龍の尾看板

龍の尾から始まります。

箕淵

滑川渓谷 箕淵

滑川渓谷 箕淵看板

滑川渓谷 箕淵くぼみ

流れ落ちる水によってできた淵、箕淵。

夏には、飛び込んで遊ぶことも出来ます。

滑川渓谷 大岩

川の真ん中に鎮座する大岩。

岩から伸びる木々に生命力を感じます。

遊歩道の大自然の動画

熊の爪

滑川渓谷 熊ノ爪アップ

滑床渓谷 熊ノ爪看板

滑川渓谷 熊の爪の橋

橋を渡って向こう岸に行きます。

滑川渓谷 熊の爪

熊の手の形をした岩の上を滝の水が流れると、まるで熊の爪のように見えるため「熊の爪」と名がついた場所。

滑川渓谷熊の爪倒れた木

倒れた木が川を渡していたのですが、そこから芽が出て枝がのびていました。

倒れてもまだ生きている木のパワーってすごいなと思いました。

犬くぐり

滑川渓谷 犬くぐり

滑川渓谷 犬くぐり看板

昔は岩と岩の間が狭く、やっと犬がくぐられるくらいの広さだったため「犬くぐり」という名前がついいたらしい。

ここも水に浸食され間が広くなって、今は人も通れるくらいになっています。

滑川渓谷 渓谷美

自然の中を歩いていると、人の悩みなんてちっぽけなものだと感じてきます。

滑川渓谷 龍の腹の手前

滑川渓谷 岩の壁

両側に岩の壁がでてきて、囲まれるようになっています。

滑川渓谷 岩の上に延びる木々

岩から伸びる木々。

滑川渓谷 岩が迫る

せり出した岩壁を抜けると滑川渓谷の終着点、奥の滝に出ます。

奥の滝・龍の腹

滑川渓谷 奥の滝 龍の腹

岩壁は、龍の腹だったのですね。

これは最初の龍の尾まで続いているということですね。

滑川渓谷 奥の滝

一番奥に流れているのが奥の滝。

滑川渓谷 奥の滝近くから

折れ曲がった龍の腹を流れ落ちています。

積石がたくさん見られます。

滑床渓谷 キノコ

滑川渓谷 キノコアップ

びっしりと生えたキノコを発見!!

奥の滝と龍の腹の圧巻のパワースポットの風景動画

前の滝

滑川渓谷 前の滝へ降りるハシゴ

奥の滝から引き返している途中、下へ降りるはしごを発見!

滑川渓谷 前の滝

滑川渓谷 前の滝看板

前の滝がありました。

ハシゴに気づかないと見逃すところでした。

滑川渓谷 水が流れ落ちる前の滝

中の原

滑川渓谷 中の原のハシゴ

更にそのまま進んでいくと、またハシゴがあります。

滑川渓谷 中の原

ハシゴをおりたところが中の原。

滑川渓谷 段々の川床

滑川渓谷 段差の川床を流れ落ちる水

滑川渓谷 段差の川床

名前は付いていないようですが他にも見どころは沢山あります。

滑川渓谷 ずっと大自然

はじめのハシゴを降りた時は、このまま進んで大丈夫かなと思っていましたが遊歩道は続いていました。

滑川渓谷 赤い橋

最後に赤い橋が見えてきました

塩獄

滑川渓谷 塩獄

滑川渓谷 塩獄近くから

塩獄にある侵食された岩の下に祀られている塩竃神社。

昭和14年、干ばつのため祠前で雨乞いをすると、広場に敷いていたむしろがびっしょり濡れるくらい水が滲み出てきたという。

雨が降ったのはその4、5日後で、今でも語り継がれる不思議な現象だそうです。

入口

滑川渓谷 看板

赤い橋を渡ったら滑川渓谷の看板がありました。

最後に来ましたが、実はここが入口ですね!

お願い

滑川渓谷 注意事項

滑川渓谷 出口

そのまま進むと、県道302号線に出ました。

車を停めた駐車場よりもずいぶん手前でした。

滑川渓谷、初めて訪れましたが、ジブリの世界のような神秘的な場所でした。

自然の偉大さと生命力を感じる、パワースポットです。

 

滑川渓谷(なめがわけいこく)

住所 愛媛県東温市明河字海上
TEL 089-964-4414(東温市役所産業創出課)
駐車場 あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA