[四国]おすすめの川遊び・泳ぎ・滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

香川県の潮干狩りでマテ貝をたくさん採る方法と場所

マテ貝でてきた

春になると、行きたくなる潮干狩り。

香川県では、マテ貝がいたるところで採れます。

(はまぐりやあさりも採りたいのですが、小さいのはいても大きいのは見当たりません。

はまぐりやあさりは採り尽くされていなくなった感がします。)

私も4年前くらいから、マテ貝採りを楽しむようになりました。

初めて行ったときはほとんど採れませんでしたし、要領がわかるまでは行っても持って帰るほどのマテ貝が採れたことはありませんでした。

目次

香川県の潮干狩りでマテ貝をたくさん取る方法

でも、良く採れている人に話を聞いたり、目で盗んだり、それを試してみたりして何度も挑戦して、今では1時間で軽く100個は採れるくらいになりました。

(採れないときは、自分で採れている人を探したり、子供たちにたくさんマテ貝を持っている人を探して来て!!!

その場所がたくさん採れるはずだからと、子供たちを偵察に行かせたりして、マテ貝が採れる場所を探しました。)

同じところに採りに行ってもコツが分からなければ、全然採れません。

コツさえわかれば簡単に楽しく採ることができます。

マテ貝の採り方のコツや、採れる場所を詳しく紹介します。

潮干狩りでマテ貝を採るための道具

 

まず、潮干狩りでマテ貝を採りに行く為に必要な道具を紹介します。

マテ貝道具

①クワ 長い柄のついたもの。

ホームセンターなどで売ってます。

私は、実家が左官屋だったので一つは実家にあったのをもらいました。

更に、もう一つはホームセンター西村ジョイで購入しました。

ひとつあればいいと思いますが、人数が多い場合は掘るのが追いつかいないので2つあるといいです。

マテ貝専用キットマテ貝ホイホイ

 

 

②塩 100円ショップで売ってあるボトルに入れると便利です。

ペットボトルに入れてもいいと思いますが、ドバっと出てしまうので気をつけてください。

③バケツ 採った貝を入れるもの

④フタ付きバケツ 採った貝を入れて持って帰るため。

マテ貝に砂を吐かせるために、持って帰る時に海水も一緒に入れて持って帰るといいので、海水がこぼれないようにフタ付きのバケツがある方がいい。

(砂抜きをせずにマテ貝を食べると砂がじゃりじゃりして美味しさが半減します。)

大きめのタッパーでもよい。

初期投資としてクワが必要ですが、これがないとたくさんは採れませんので、必ず持って行ってください。

香川県の潮干狩りでマテ貝が採れる場所

 

坂出市林田町 綾川の河口

(四国装備という会社の隣に車を停めれます)

マテ貝駐車場

駐車できるスペースはかなり広いです。

ゴールデンウイークなんかはこの駐車場にかなりの台数の車が止まります。

マテ貝採りに来ている人

坂出市林田町の綾川河口に2018年4月にマテ貝取りに行ったときは、1時間ほどで30個位取れました。

小さいマテ貝リリース

小さいものは、リリースしました。

(小さいものを採りつくしてしまうと、アサリやハマグリのように採れなくなってしまいますので、小さいものはリリースすることが大切です。)

こんなふうに、砂地に置いておくと自分でまた潜っていきます。

綾川河口でとれたマテ貝

採れたマテ貝

持って帰ったのは、大きいのを15個位、一家族の夜ご飯の1品にするには十分な量です。

綾川河口は、トイレや水道はありません。

よって、マテ貝採りが終わった後に手足や道具をあらう水を準備しておいた方が良いでしょう。

トイレは、車で近くのコンビニまで行くのが一番かな。

駐車場から階段を下りて、砂浜に降りるまでに、石積みを歩かないといけないのですが、ここが濡れているとものすごく滑ります。

大怪我につながりますので、本当に気を付けてください。

 

詳しくは、坂出市林田町の綾川の河口でマテ貝採りのページで紹介しています。

 

綾川河口

香川県坂出市林田町4265番地

 

 

観音寺市 有明浜海水浴場

(寛永通宝の砂絵のあるところです)

駐車場やトイレ、足などを洗える水道もあります。

琴弾公園案内板

琴弾公園 案内図

有明浜トイレ

有明浜水道

水道は4箇所ほどあります。

有明浜海岸

有明浜の海岸はとーっても広いので、マテ貝がいるところを見つけるのが大変かもしれないです。

マテ貝は同じところにかたまっているので、掘っても穴のないところは諦めてマテ貝がいる場所を探して移動するほうがいいです。

マテ貝掘りの名人を探そう

マテ貝掘りの名人のようなおじさんがいます。

このおじさんは、自分ではとらずに人に掘ってあげるのを楽しみにしているような人なので、それっぽい人を見つけたら声をかけるといい場所を教えてくれると思います。

私も、たくさんマテ貝がいるところを教えてもらって一緒に掘ってもらったことがあります。

その時は1時間に300本以上のマテ貝を取ることが出来ました。

有明浜海水浴場に行くたびに、見かけることが多いです。

マテ貝を掘る道具だけを持って、ウロウロしているので、見つけたらどこでたくさん採れるんですか?と聞いてみましょう。

(家族からもう食べるの飽きたから持って帰ってくるなと言われているそうです。

だから、塩も持っていないですし、持ち帰り用のバケツも持っていません。)

快く場所を教えてくれるはずです。

マテ貝は、潮溜まりのそばや波打ち際にいますので、いるところを見つけてください。

リリースするマテ貝

この日も小さいマテ貝は、リリースしました。

有明浜でとれたマテ貝

有明浜のマテ貝

そして大きいのを、食べれる分だけ持って帰りました。

 

2018年4月末に2時間で採ったぶんです。

詳しくは、観音寺市琴弾公園の有明浜海水浴場でマテ貝を大量ゲットのページで紹介しています。

観音寺市琴弾公園の有明浜海水浴場はマテ貝だけでなく、小さいハゼやフグやヒラメやカレイやエイやタコなどの魚の宝庫です。

網を持って行って、魚を取って遊ぶこともできます。

どういう魚が取れるか、動画や写真で紹介していますので、興味がある人はぜひ上部のリンク先にアクセスしてください。

 

有明浜海水浴場

〒768-0062 観音寺市有明町 県立琴弾公園

 

香川県 子供とアジ サバ イワシのサビキ釣り場おすすめ6選のページで香川県のサビキ釣りが楽しめるおすすめの場所を紹介しています。香川県でアジやサバやイワシなどの入れ食い釣りを楽しみたい人はぜひアクセスしてください。

素潜りで子供たちとサザエ取りなどを楽しみたい方は香川県の海で密漁でなく漁業権を守り素潜りでサザエを取る方法や場所で詳しく紹介しています。

モリで子供たちと魚を突いて楽しみたい方は香川県の海水浴場や磯で銛を使って子供と安全に魚を突く方法や場所で紹介しています。

瀬戸内海がある香川県は、釣りや素潜りや銛での魚突きなど海で楽しめる遊びが盛りだくさんです。

潮干狩りでまて貝ではなくあさりやハマグリやニナ貝やツメタ貝などが取りたい方は潮干狩り あさり ハマグリ ニナ貝が取れる香川県の海や川の河口6選で紹介しています。

 

三豊市仁尾町 父母ヶ浜海岸

父母ヶ浜看板

父母ヶ浜トイレ

駐車場、トイレ、足洗い場などがあります。

インスタ映えする写真が撮れると人気

父母ヶ浜インスタ映え

最近は、インスタ映えする写真が撮れると人気です。

マテ貝を採りに来ている人よりも、写真撮影に来ている観光客の方が多いです。

家族連れやカップルがたくさん写真を撮りに来ています。

父母ヶ浜海岸

父母ヶ浜で採れたマテ貝

父母ヶ浜で採れたマテ貝

父母ヶ浜で採れたマテ貝。

1時間くらいです。

2018年4月下旬に行きました。

父母ヶ浜は、そんなに多くはありません。

マテ貝の穴を見つけるの、ちょっと難しいかな。

初心者は、香川県坂出市の綾川河口や観音寺市の有明浜海水浴場や一の宮海岸をお勧めします。

個人的には、一の宮海岸が一番おススメです。

 

詳しくは、三豊市仁尾町の父母ヶ浜の潮干狩りでマテ貝取りのページで紹介しています。

ちなみにですが、父母ヶ浜海水浴場ではサザエのような味のにな貝がたくさんとれます。

上記リンク先ではそのにな貝の取り方も紹介しています。

 

父母ヶ浜海水浴場

香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3 父母ヶ浜海水浴場

 

観音寺市豊浜町 一の宮海岸

 

一の宮海岸看板

一の宮海岸水道

駐車場、トイレ、足や手が洗える水道あります。

豊浜港一の宮海岸案内図

一の宮海岸案内図

マテ貝が採れるのは、海水浴場の外の北側です。

2号突提の外です。

一の宮海岸

マテ貝の穴

ここは、マテ貝初心者におすすめかも!

少し掘ったら、こんなに穴が出てきます!!

一の宮海岸出てきたマテ貝

一の宮海岸でとれたマテ貝

一の宮海岸で採れたマテ貝

30分ほどでこんなにマテ貝採れました。

ただ、時期(2018年4月下旬)にもよるのかもしれませんが、小さめのマテ貝が多かったです。

 

詳しくは、観音寺市豊浜町の一の宮海岸でマテ貝採りのページで紹介しています。

 

一の宮海水浴場

観音寺市豊浜町姫浜55番地2

 

三豊市詫間町 丸山島

詫間町鴨之越は浦島太郎が亀を助けた場所といわれています。

丸山島への道

干潮時には、すぐ沖にある丸山島へ歩いて渡ることが出来ます。

浦島太郎像

亀に乗った浦島太郎像があります。

マテ貝を抜く

ここでもマテ貝採れました。

丸山島でとれたマテ貝やツメタ貝

丸山島でとれた貝

でもこの日は、2時間くらいでこれだけしか取れませんでした。

マテ貝以外にも、アサリやツメタ貝(巻貝)もとれました。

ちなみにですが、この丸山島は駐車場も狭いので大勢の人が遊びに来れるキャパシティがありません。

なので、潮干狩りにはそれほどお勧めしません。

純粋にマテ貝取りを楽しむのであれば、観音寺市の有明浜海水浴場や一の宮海岸や新仁尾港をお勧めします。

 

詳しくはみ、三豊市詫間町の丸山島でマテ貝取りや海水浴やキス釣りのページで紹介しています。

 

丸山島

香川県三豊市詫間町大浜鴨之越

 

 

三豊市仁尾町 仁尾新港横

仁尾町の仁尾新港横の海岸です。

新仁尾港横浜1

右の奥には、無人島つた島が見えます。

このよこの仁尾新港には、釣りによく来ます。

時期が良ければイワシが入れ食いで何百匹も釣れることがあります。

それだけ釣れると楽しいですよ。

この日も釣りに来たついでに、ちょっとマテ貝取りもしてみました。

仁尾新港横マテ貝

掘ったら、結構すぐにマテ貝の穴見つかりました。

新仁尾港でとれたマテ貝

仁尾で採れたマテ貝

15分ほどでこれだけ採れましたよ。

でも、小さいサイズが多かったです。

1本すごくでかいのありましたけど。

ワタリカニをゲット

採れたワタリガニ

マテ貝を取って帰ろうとしていたら、ワタリガニを見つけました!

ハサミは1つなくなっていましたが、まあまあの大きさ。

 

詳しくは、三豊市仁尾町の新仁尾港南側横の浜でマテ貝とりと潮干狩りのページで紹介しています。

 

仁尾新港横

香川県三豊市仁尾町仁尾

 

さぬき市 鴨部川河口

 

さぬき市の鴨部川の河口。

鴨部川

さぬき市鴨部川浄化センターの横です。

浄化センター

ここでマテ貝が採れるとの情報を知り、行ってみたのですが・・・。

小さいアサリやツメタ貝がたくさん取れた

小さなアサリ

マテ貝は、全然見つかりませんでした。

小さなアサリが結構ありました。

ツメタ貝も1個。

モクズガニをゲット

モクズかに

モクズガニを1匹見つけました!

 

詳しくは、さぬき市鴨部川河口でマテ貝やアサリ取り 潮干狩りのページで紹介しています。

 

 

四国のマテ貝やあさりが取れる場所

愛媛県西条市の河原津海岸

愛媛県西条市の河原津海岸での潮干狩りです。

ここでは、毎年春先から初夏までの間、漁業協同組合が運営する海岸で潮干狩りができます。

漁業協同組合が運営しているので有料です。

※大人(中学生以上)が1人500円です。

この河原津海岸の潮干狩りで楽しいのはあさりが大量に取れる可能性があるという事です。

可能性があるという事はどういうことなのかというとアサリを放流してくれるので、放流後に潮干狩りに行くと大量にアサリを取ることが出来ます。

なのであさりが大量に取れるかどうかは放流してくれるかどうか運次第という事です。

イベントがあれば大量にあさりが取れる

河原津海岸 アサリ

ゴールデンウィーク中などは子供向けのイベントがあり、そういう日は大量にあさりを取るチャンスです。

あさり以外にマテ貝もたくさん取れます。

河原津海岸 採れたマテ貝

今日はあさりが取れないなと思ったらすぐにマテ貝取りに切り替えて楽しむことが出来ます。

よって、あさりを掘る準備や道具だけでなくマテ貝を取る準備や道具も必要です。

ツメタ貝なんかも取ることが出来ます。

詳しくは、河原津海岸潮干狩り 愛媛県西条市でアサリとマテ貝を採るのページで紹介しています。

 

河原津海岸潮干狩り

住所 愛媛県西条市河原津河原津海岸

 

岡山県倉敷市児島のからこと丸の高州の潮干狩りでタイラギ貝やアカニシ貝を

次の面白いのが岡山県倉敷市児島のからこと丸の高州の潮干狩りです。

ここの潮干狩りは船で高州まで渡って行います。

この高州の名称はくじら島で、大潮の干潮時に3時間程度海の中に現れる干潟や浅瀬になります。

高洲のイカ2

この高州ではアサリやマテ貝やハマグリ、タイラギ貝やアカニシ貝などが潮干狩りで採取できます。

その他網を持っていくことで逃げ遅れた、甲イカやモンゴウイカやエイやチヌやカレイ。

ワタリガニなどをとることが出来ます。

夏の暑い時期は同時に潮干狩りと海水浴を楽しむことが出来ます。

今まで取ったことがないような大物をゲットすることが出来るので、楽しめること間違いなしです。

 

 

からこと丸

住所 岡山県倉敷市児島下の街9-16-22

TEL 086-473-3718

乗り場(船乗り場になるのでこちらに行ってください)

岡山県倉敷市児島唐琴町1421

TEL 086-477-7624

マテ貝の取り方やシーズンと時期と旬

 

それでは、肝心なマテ貝の採り方を紹介します。

ただ掘って見つけるだけではなくて、採り方が本当に面白いマテ貝採り。

子供から大人まで、みんな摂るのに夢中になること間違いなしです。

大事なことは、潮見表を確認して、干潮の時にいってください。

大潮の干潮がベスト

大潮の時が一番いいですが、大潮にこだわらくても大丈夫です。

ただ、満潮の時に取りに行くとまず取れないので、干潮であることは必須です。

潮干狩りでマテ貝を採るためには、まずクワで砂を削って穴を見つけなくてはいけません。

マテ貝の穴は、結構かたまってあるので、砂を掘っても穴がなかなかないところは移動した方がいいです。

闇雲にどこでもいいから掘ったのでは見つからないです。

マテ貝の穴が多くある場所

そして、私が今までの経験でマテ貝の穴が多くあるのは、潮溜まりのそばです。

潮だまり

潮溜まり2

こんなふうに、干潮で潮がひいても残った海水のそばが狙い目です。

砂の掘り方の動画

クワの使い方はこんな感じです。

深く掘らなくても、薄く砂を削る感じで掘ります。

マテ貝の穴

マテ貝の穴

マテ貝の穴は、こんな感じで縦長です。

カニの穴

カニの穴

こんなふうに、丸い穴はカニの穴ですので塩をかけても出てきません。

細長い穴を探してください。

マテ貝の取り方の動画

そして、穴を見つけたら塩をかけてマテ貝が飛び出すのを待ちます。

出てきたら、すかさずつかみます。

つかむと、マテ貝も潜ろうとしてきますので離さずに引き抜いてください。

ただ、あわてて無理に引っ張るとポンッと中身だけが抜けてしまいますので、慎重に!

マテ貝を何個も続けてとる動画

 

掘ってから採るまでの、一部始終です。

何個も採れました。

これは、香川県観音寺市の一の宮海岸で採った時の動画です。

一の宮海岸は、ちょっと掘ったら何個も穴が出てきました。

マテ貝取りの初心者には一番おススメできる場所です。

小さいマテ貝もたくさんとれるのですが、取りつくしてしまうと潮干狩りが楽しめなくなります。

よって、小さいマテ貝は将来の楽しみのためにリリースしましょう。

リリースしたマテ貝が砂に潜ってく動画

リリースする場合は、砂の上に置いておくと自分で潜っていきます。

何度も言いますが、マテ貝がいつまでも採れるように、小さなマテ貝はリリースする、採るのが楽しいけれど、持って帰るのは食べる分だけを心がけてください。

 

マテ貝の採り方、わかったでしょうか?

楽しいので、是非皆さんも採りに行ってみてください。

シーズンや時期や旬

ちなみにですが、マテ貝取りのシーズンや時期や旬は夏以外の春、秋、冬です。

夏場はどういうわけかあまり取れないようです。

冬は寒くて冷たいのですが、結構とれるようです。

一番ベストなシーズンや時期は3月から5月で潮の満ち引きの差が大きい時期で、大潮のゴールデンウィークは多くの家族連れなどで賑わいます。

 

貝毒について

最近、あさりやハマグリなどの潮干狩りで貝毒の危険性を注意喚起するニュースをよく見かけます。

そのニュースの中でマテ貝も貝毒の危険性があると聞きました。

少々気になったので、マテ貝の貝毒について調べましたが、どうも、毒を持ったプランクトンを食べたマテ貝などに毒が蓄積されて、その毒が蓄積されたあさりやハマグリやマテ貝などを食べた時に食中毒が引き起こされるようです。

そして、この貝毒のやっかいなところは、加熱しても毒性がなくらないことです。

カキとかは生で食べると食中毒を引き起こすことが多いですが、加熱すれば通常の食中毒を引き起こす毒性がなくなり、安心して食べることが出来ます。

しかし、現在ニュースで注意喚起が促されている貝毒は、加熱調理しても、無毒化しないのでその点は自己防衛するための注意が必要です。

では、どう注意すればいいのかというと、貝毒情報を調べたうえで問題ないことを確認して、潮干狩りをすればいいのです。

香川県であれば、香川県庁や高松市やさぬき市や東かがわ市や坂出市や三豊市や観音寺市の貝毒情報を調べてください。

香川県赤潮研究所で貝毒調査結果を公表

香川県赤潮研究所では、かなり更新頻度が高く貝毒調査結果を公表してくれています。

高松市役所のホームページでもその情報を転記して紹介してくれていますので、香川県で潮干狩りに行く前は、ぜひ確認して行ってください。

ちなみにですが、貝毒が発生する地域は、毎年のように貝毒が発生するようです。

(毎年のように観音寺市の有明浜海水浴場には、マテ貝を採りに来ていますが、今のところ一度も貝毒に当たったことはありません。

ただ、平成30年のような状況は異常事態だと言うことですので、今年マテ貝採りに行く方は、貝毒の情報収集を怠らないようにしてください。)

ですので、香川県から四国内の愛媛県や徳島県や高知県や岡山県や広島県や兵庫県(淡路島などでは天然のあさりやハマグリが採れる地域があるようです)や大阪府などに遠征して潮干狩りをするときは、その都道府県の貝毒情報を調べたうえで、潮干狩りを楽しんでください。

 

マテ貝の料理の仕方

 

採ったマテ貝の料理の仕方を紹介します。

まず、貝ですので砂を吐かせましょう。

砂の吐かせかたは、塩水につけておく。

これだけです。

美味しく食べるためには砂抜きが必須

砂を吐かせずにマテ貝を食べてしまうと、体に砂が残っているので、砂がじゃりじゃりして本当においしくありません。

小さい子供であれば、じゃりじゃりして美味しくないとマテ貝が苦手になってしまうので、きっちり砂抜きをしましょう。

私は、マテ貝を持って帰る時にフタ付きバケツに海水も入れて帰ります。

持って帰ったら、更にフタ付きのタッパーに移して冷蔵庫でひと晩は寝かせます。

これで砂を結構吐いてくれています。

砂を吐いたマテ貝で料理しましょう。

マテ貝を調理

我が家は、バターと塩コショウで炒めて食べます。

酒蒸し

まずは、深めのフライパンに料理酒とマテ貝を入れて蓋をして火にかけます。

貝が開く

しばらくすると貝が開きます。

貝の殻をとってバターで炒める

開いたら貝の殻をとって、バターと塩コショウで炒めます。

殻が付いたままでもできますが、とってからの方がバターや塩コショウと絡むので私はいつもとってからします。

マテ貝の塩コショウバター焼き

出来上がり

お皿に移して出来上がり!

美味しいですよ。

他にも、炊き込みご飯にしたり佃煮にしたりクラムチャウダー、天ぷら、味噌汁などいろいろな料理ができます。

このあははライフでは香川県のおすすめ海水浴場6選と近県の楽しめる海や川を紹介しています。

夏は香川県の瀬戸内海の海水浴場や徳島県や愛媛県や高知県や鳥取県や岡山県の近県の海や川を満喫しましょう。

マテ貝専用キット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA