四国 秋のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

岡山県の潮干狩り 大あさり マテ貝 タイラギ貝 穴ジャコ 紋甲イカ等が取れる

岡山県の潮干狩りポイントおすすめ

岡山県の大あさりやマテ貝やタイラギ貝や穴ジャコ、紋甲イカ等が取れるおすすめの潮干狩り出来る場所を紹介します。

私は香川県在住ですが四国の愛媛県や高知県や徳島県だけでなく岡山県などの中国地方にもよく遊びに行きます。

そんな感じで岡山県にもよく遊びに来て、春から初夏にかけて潮干狩りをすることが多いです。

岡山県には香川県よりも楽しく潮干狩り出来る場所があるんですよ。

アサリやマテ貝の潮干狩りの道具と掘り方

あさりの潮干狩りの道具

あさりの潮干狩りの道具

アサリ用熊手

アサリ用熊手

砂地などを熊手で掘ってアサリを探します。

 

 

バケツ

バケツ

取ったアサリを一時的に入れるバケツです。

蓋付き容器

蓋付き容器

潮干狩りで取ったあさりを海水に入れて持ち帰るのに使います。

この容器に入れて一晩おくと砂抜きが出来て美味しくアサリを食べることが出来ます。

 

 

マテ貝の潮干狩りの道具

マテ貝の潮干狩りの道具

鋤簾(じょれん)

鋤簾(じょれん)

砂を削ってマテ貝の穴を探す道具として使います。

 

 

ボトルと塩

ボトルと塩

塩をボトルに入れて先からマテ貝の穴に塩を投入するための道具です。

 

 

バケツ

バケツ

取ったアサリを一時的に入れておくためのバケツです。

蓋付き容器

蓋付き容器

取ったマテ貝を海水に入れて持ち帰り砂抜きをするために必要な道具です。

蓋がついているので海水がこぼれず持ち帰ることが出来ます。

 

 

ウォータータンク

ウォータータンク

足洗い場や水道などがない場所であればこのような容器に水を入れて持っていくと便利。

手足を水で洗う

手足や道具をきれいに洗うことが出来ます。

 

 

マテ貝の取り方

鋤簾で砂を削る

鋤簾で砂を削る

 

 

マテ貝の穴に塩を投入

マテ貝の穴に塩を投入

 

 

マテ貝が出てくる

マテ貝が出てくる

出てきたマテ貝をつかんで引き抜く

出てきたマテ貝をつかんで引き抜く

あはは

このあははライフではマテ貝の潮干狩り コツ 方法 道具について動画などをまじえて詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

倉敷市のおすすめ潮干狩りポイント

からこと丸の高州 大あさりやタイラギ貝の潮干狩り

私が一番岡山県の潮干狩りでおすすめできるのが、倉敷市児島のからこと丸で行く高州です。

岡山県の潮干狩りポイントおすすめ

このからこと丸で行く高州は大潮の干潮の時に海の沖合いに一番大きく出てくる干潟です。

なので、小潮の時などは干潟があらわれずに海になっている場所です。

くじら島の高州

なんだかここまで聞いただけで大物や珍しい魚介類が取れそうですよね。

そうなんです。

このからこと丸の高州では、大物や珍しい魚介類が取れるんです。

高州の風景動画

潮干狩りの成果

高洲でとれた 貝 カニ

通常のマテ貝なんかに加えてタイラギガイ、アカニシガイ、大アサリなんかの貝類。

これだけでも十分魅力がありますよね。

しかし、とれるものはこれだけじゃないんです。

コウイカや紋甲いか、タコ、ワタリガニ、チヌ、ヒラメやカレイなんかも取れます。

ちょっと怖いですがエイなんかも取れます。

高洲のイカ2

私たちがからこと丸の高州に行ったときは大きな紋甲いか。

エイが2匹。

ワタリガニが2匹。

タイラギガイ。

小さいアカニシ貝が何個が取れました。

7月下旬のシーズン終了間際だったので20人以上で行ってこの収穫でしたが、一回行ったらコツが分かったので、次回旬なシーズンに行けばもっとたくさんの獲物が収穫できるはずです。

このからこと丸の高州では、タツノオトシゴなんかもいるので小さいお子さんは珍しい生き物を捕まえる遊びを楽しむことが出来るはずです。

からこと丸の高州風景

そう思って2年後、6月下旬に妻と二人でリベンジに。

からこと丸の高州イカが取れた

紋甲イカを取った時の動画

結果はなんと紋甲イカ3杯とアカニシガイたくさん。

からこと丸の高州成果

紋甲イカについてはコツが分かったので次回行ったらもっとたくさん取る自信があります。

本当に楽しかったですよ。

こんな魅力のあるからこと丸の高州は中国四国地方(岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県)だけでなく関西地方の兵庫県や大阪府からもたくさんのお客さんが来ます。

多くの人がからこと丸の高州の面白さにはまっていますので、興味がある人はぜひ行って体験してください。

あはは

このあははライフではからこと丸の下記ページで紋甲イカを取るコツや必要な道具などを詳しく説明していますのでよかったら見てください。

 

住所 岡山県倉敷市児島田の口7丁目1-1

TEL 090-1186-4012 三宅

高梁川河口のマテ貝の潮干狩り 中国電力玉島発電所東側

次に岡山県でおすすめなのが倉敷市の玉島乙島玉島発電所東側の潮干狩りでマテ貝取りと穴ジャコ釣りとモガニ取りです。

この倉敷市の玉島乙島玉島発電所東側の潮干狩りは高梁川の河口付近で出来ます。

高梁川に沿って整備された道路に駐車して高梁川の河口に降りていきます。

高梁川河口 モガニ岩ガニが取れる場所

降りていくと海の方にのびる石積の辺りでモガニがたくさん取れます。

石をどかしたりするとその下に大きなモガニがいるので火バサミなどで掴んで取ります。

取ったモガニは味噌汁なんかに入れてもいいですし、ゆでて食べても美味しいですよ。

次に穴ジャコ釣りですが、穴ジャコ釣りは高梁川の河口に降りてすぐのところの泥地帯にいます。

アナジャコがいる穴に習字の筆などを押し込んでその筆先を掴んだ穴ジャコを取るのですが、取れると楽しいですよ。

高梁川河口マテ貝潮干狩り

そして、倉敷市の玉島乙島玉島発電所東側高梁川河口の潮干狩りで一番おすすめできるのがマテ貝取りです。

農具で砂の上を削り、出てきたマテ貝の穴に塩を入れます。

マテ貝をつかんで引き抜く

そして、マテ貝の先っぽが砂の中から出てきたら掴んで引き抜きます。

あはは

取り方がわからない人はマテ貝はコツさえわかればたくさん取れるのページで詳しく紹介しているのでよかったらアクセスしてください。

 

 

この倉敷市の玉島乙島玉島発電所東側高梁川河口付近はマテ貝がたくさんいます。

マテ貝を6本連続取りした動画

なので、マテ貝とりに必要な道具さえ持っていけば、お腹一杯食べれるぐらいのマテ貝が取れるので楽しめること間違いなしです。

 

住所 岡山県倉敷市玉島乙島(高梁川河口辺り)中国電力玉島発電所東側

沙美海水浴場でマテ貝の潮干狩り

次におすすめなのが岡山県倉敷市の沙美海水浴場のマテ貝取りです。

沙美海水浴場と海岸

この沙美海水浴場は海水浴場発祥の地で日本の渚百選に入るきれいな海岸。

潮干狩りポイントは沙美海水浴場の西側の小さい川から水が流れ込んでいる辺りです。

それ以外の沙美海水浴場ではマテ貝は取れません。

沙美海水浴場の潮干狩りポイント

沙美海水浴場のマテ貝取りや潮干狩りは認知度が低いのか私が行ったときは誰もいませんでした。

なので、超穴場ですね。

人知れずゆっくりマテ貝をとりたい人におすすめです。

ジョレン

あはは

ジョレンはマテ貝を大量にとるために必要な道具になります。
私たち家族は2本持っていますよ。

 

 

 

住所 倉敷市玉島黒崎

TEL 沙美海水浴場運営委員会 086-528-2033

料金 無料

駐車場 150台(西浜)

今の時点で私が岡山県でおすすめできる潮干狩りが出来る場所は以上です。

また、新しい情報があれば追記します。

 

浅口市の潮干狩りポイント

次におすすめの反対ですが、昔はアサリや穴ジャコ等が取れていたけど今は何も取れない、行かない方がよい場所が2ヶ所あります。

寄島三郎島のアサリの潮干狩り

まず、1ヶ所目が岡山県浅口市の寄島三郎島です。

寄島三郎島では昔はアサリが本当にザクザク取れたようですが、今は全く取れません。

私もインターネットで過去の情報を見てたくさんアサリが取れるかも、網を持っていったら甲イカなんかが取れるかもと非常に期待して行ったのですが、ツメタカイが4個取れただけで他は何も取れませんでした。

石積みの辺りでカサゴがたくさん釣れるようですので釣りをする人にはおすすめかも。

〒714-0101 岡山県浅口市寄島町三郎

TEL 0865-54-5116(浅口市寄島総合支所産業建設課)

青佐鼻海水浴場の穴ジャコ釣り

次に岡山県浅口市の青佐鼻海水浴場の穴ジャコ取りも行かない方がよいでしょう。

インターネットで調べたら穴ジャコの浜という事で穴ジャコ釣りが出来るという事になっていました。

しかし、ここも地元の仲良くなった人に聞いたのですが、昔は取れていたけど今は全くとれないようです。

穴ジャコの浜

私は穴ジャコ釣りを楽しみにして習字の筆を10本購入して行ったのですが無駄に終わりました。

その地元の人いわく穴ジャコなら倉敷市の玉島乙島玉島発電所東側高梁川河口に行くべきとの事でした。

 

〒714-0101 岡山県浅口市寄島町青佐

0865-54-5116

 

中国四国地方のアサリやマテ貝の潮干狩りポイント

香川県の潮干狩りでマテ貝をたくさん採る

このあははライフでは中国四国地方や香川県のアサリやマテ貝の潮干狩りが出来るおすすめのポイントを紹介しています。

天然のアサリが取れる場所なども紹介していますので、ぜひ見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA