四国 春のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

沙美海水浴場と海岸 マテ貝の潮干狩り 日本の渚百選 倉敷市

沙美海岸マテ貝の潮干狩り

岡山県倉敷市の沙美海水浴場は、日本最古の海水浴場発祥の地。

この沙美海岸でマテ貝堀りの潮干狩りを楽しんできました。

沙美海水浴場と海岸 潮干狩りスポット 岡山県倉敷市

説明

沙美海水浴場日本最古の説明

明治13年に、海水浴に療養施設の為の仮小屋が建設されたことによるようです。

日本の渚百選

沙美海水浴場日本の渚百選

日本の渚百選にも選ばれている、沙美海岸。

東浜と西浜

沙美海水浴場 西浜・東浜看板

沙美海水浴場は、西浜と東浜の2か所あります。

マテ貝の潮干狩りができるのは西浜の方。

沙美海水浴場 西浜

沙美海岸 入口

南国ぽい雰囲気のソテツの木が並んでいる西浜の駐車場への入り口。

駐車場

沙美海岸駐車場

駐車場も広くて150台停められるそうです。

駐車場の利用時間

沙美海水浴場駐車場の利用時間

7:00~22:00

トイレ

沙美海水浴場トイレ

沙美海岸トイレ

トイレも2か所ほどありました。

沙美海水浴場多目的トイレ説明

足洗い場

沙美海水浴場足洗い場

足洗い場が多目的トイレのすぐそばにありました。

マテ貝の潮干狩りが終わった後、手足や道具を洗って帰ることができます。

沙美海水浴場と海岸でマテ貝掘りと潮干狩り

今回、私が沙美海水浴場に来たのは潮干狩りでマテ貝を掘るためです。

マテ貝の潮干狩り道具

マテ貝潮干狩り道具

①鋤簾(ジョレン)

鋤簾(ジョレン)

鋤簾は砂地を削ってマテ貝の穴を見つけるために使います。

 

 

②塩とボトル

塩とボトル

塩を先から出せる容器の中に入れてマテ貝の穴に的確に塩を落とすための道具です。

容器は100円均一で購入できます。

 

 

③バケツ

バケツ

掘ったマテ貝を一時的に保管するバケツ。

④蓋付き容器

蓋付き容器

マテ貝を自宅に海水に入れて持ち帰るために蓋つきの容器。

自宅に持ち帰り一晩この容器の海水の中に入れておくことで砂抜きが出来ます。

砂抜きをせずに調理をしてしまうと砂がじゃりじゃりして美味しくマテ貝を食べることが出来ません。

 

 

マテ貝 潮干狩り

あはは

このあははライフではマテ貝の潮干狩り コツ 方法 道具が分かればたくさん取れるについて詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

沙美海水浴場の潮干狩りポイント

沙美海水浴場の潮干狩りポイント

沙美海水浴場でマテ貝が取れるのは、西浜の西側の小さい川の下流につながっているところです。

沙美海水浴場流れる川

川からの水が流れています。

潮干狩りポイントと海水浴場の風景動画

防波堤から砂浜に降りる

沙美海岸防波堤

海水浴場の砂浜とは、この海に伸びた防波堤で区切られています。

沙美海岸潮干狩りスポット

砂浜の方に岩場を降ります。

沙美海岸防波堤から降りる

以前、全然別のところですがツルっと滑って思いっきりこけたことがあるので、岩場を降りるのはかなり慎重な行動が必要です。

マテ貝掘りと潮干狩りの方法

砂地を削る

沙美海水浴場鋤簾で砂を削る

沙美海岸の砂地を鋤簾で削って、マテ貝の穴を探します。

 

 

マテ貝の穴に塩を入れる

沙美海水浴場 西浜 マテ貝の穴

マテ貝の穴は、丸くなく長細い三角や楕円ぽい穴です。

沙美海水浴場 西浜マテ貝採り方3

穴を見つけたら、塩をかけます。

なぜ塩をかけるのかというと、塩をかけるとマテ貝が潮が満ちてきたので移動しなくちゃと勘違いして飛び出してくるのです。

 

 

沙美海水浴場 西浜 マテ貝とり4

出てきたマテ貝を引っこ抜く

沙美海水浴場 西浜 マテ貝が出てきた

マテ貝が飛び出してきたところを、掴んで引き抜きます。

沙美海水浴場 西浜マテ貝とり6

マテ貝は、掴むと戻ろうとします。

塩をかけたら元気よくマテ貝が飛び出してきた動画

むりやり引っ張ると中身がポンと抜けてしまうことがあるので、慎重に引き抜きます。

潮干狩りで採れたマテ貝

沙美海水浴場 西浜とれたマテ貝

30分くらいでこれだけのマテ貝が採れました。

ぼちぼち取れるというような感じで、楽しくたくさん取れるというような感じではありませんでした。

(私がポイントをわかっていないだけかもしれませんが)

高梁川河口マテ貝潮干狩りポイント

岡山県倉敷市でマテ貝を採るのであれば、玉島乙島玉島発電所東側の高梁川河口がおススメです。

あはは

このあははライフでは高梁川河口の潮干狩りでマテ貝採り 倉敷市玉島乙島玉島発電所東側について詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

マテ貝は、蓋つきの容器に入れて自宅に持ち帰り、一晩くらい海水に入れたまま砂を吐かせます。

 

 

蓋付きの容器はマテ貝を海水に入れて生きが良い状態で持ち帰るための必需品です。

我が家では、酒蒸しした後バター焼きにすることが多いですが、天ぷらや酢味噌和えもおいしいです。

マテ貝の塩コショウバター焼き

今回は、マテ貝を採りに行った沙美海水浴場ですが、今度は海水浴シーズンに遊びに来てみたいです。

岡山県の潮干狩りポイントおすすめ

このあははライフでは岡山県のおすすめ潮干狩りスポットを紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

沙美海水浴場と海岸

住所 倉敷市玉島黒崎
TEL 沙美海水浴場運営委員会 086-528-2033
料金 無料
駐車場 150台(西浜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA