四国のおすすめ川遊びや滝スポット!飛び込みやターザンロープ

オートソックは新チェーン規制対応 凍結で滑るスタッドレスタイヤ

雪で渋滞

今年の冬は、日本全国大雪のニュースを何度も耳にしました。

我が家も冬になると、スノーボードをしにスキー場に何度か出かけます。

よく行くのは、鳥取県の大山ホワイトリゾートです。

最近は愛媛県の久万スキーランドやSOL-FAオダスキーゲレンデなどにも行きます。

高速道路を降りて約20分ですので、行きやすく道路も除雪されていることが多いのですが、今年(平成30年冬)は2度行って2度とも雪で車のタイヤ滑りました。

もちろんタイヤはノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤです。

山道でスタッドレスタイヤが凍結で滑る

スタッドレスタイヤだと大丈夫、滑らないと思っている人多いんじゃないでしょうか?

私も、そう思っていました。

ところが道路が凍結していたら滑りまくるのです。

本当に恐ろしい体験です。

スタッドレスタイヤが凍結で滑る

ブレーキをかけても滑るし走っているだけで横滑り

のろのろ10キロぐらいで運転していてもブレーキをかけても滑りますし、走っているだけで横滑りしたりするのです。

滑りそうで怖いからかなり安全運転しているつもりなのですが、全く制御が効かなくなります。

私もブレーキをかけてもきかないで本当に怖い思いをしました。

前の車にぶつかると思いながらも、滑ったらブレーキを離して、すぐにブレーキを踏む動作の繰り返しで、何とか衝突を回避しました。

アイキャッチ画像の写真ではわかりにくいですが、大山ホワイトリゾートに続く道がずっと渋滞しています。

雪のために、スリップして立ち往生したり、衝突事故を起こしている車があったりしての渋滞です。

これだけ雪が降っていますので当然ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤです。

スタッドレスタイヤでもそうなってしまうので、怖いですよね。

AutoSock オートソック

そんな時に役立つのがオートソックです。

 

雪道運転にスタッドレスタイヤでも携帯したいオートソック

オートソックAutoSock は簡単にいうと、布製のタイヤチェーンです。

オートソック

実際、先日我が家の車も立ち往生してしまって使いました。

AutoSock オートソックのいいところは、まず携帯しておいてもかさばらない!

我が家の車にも、年中荷台に入れっぱなしです。

購入のため自家用車のタイヤのサイズを調べる

AutoSock車のタイヤのサイズを調べる

私の車はホンダステップワゴンのタイヤのサイズが205/60R16 92Hです。

そのタイヤのサイズに適合するAutoSock オートソックを選択します。

インターネットやカー用品店で購入

私はインターネットで注文しましたが、オートバックスやイエローハット、ジェームスなどのカー用品店でも販売されています。

オートソックをインターネットで購入

装着方法

AutoSock装着方法

この図解の通り非常に簡単です。

ソックスを車のタイヤに履かせる程度の手間で装着できます。

あはは

チェーンなどは装着が面倒臭く大変でした。
こんなに簡単に装着できるのであれば誰でも利用できますし、万が一の時のために持っていた方が安全ですね。

 

AutoSock オートソックセット

AutoSock オートソックセット

中身はこんな感じです。

AutoSock オートソックセットが2つとビニール手袋が入っています。

以前のセットには入っていなかったのですが、作業するときに直接雪を触ると冷たいし手が汚れるのでこのビニール手袋がセットされたのは非常にありがたいことです。

オートソックビニール手袋

注意事項と警告

オートソック注意事項と警告

オートソックは雪道や凍結路で使用すること。

乾燥路面の走行には適さないのですぐに取り外すこと。

オートソックの接地面に内側の黒い部分が露出したら使用限度なので新しいものと取り換えすること。

オートソックを装着すると、前輪と後輪で路面に対する摩擦力にかなりの違いが生じるので、オートソックを装着していないタイヤは、路面へのグリップ力を失う危険あり。

オートソック装着時は、天候、路面状況などに適した速度で安全に走行すること。

あはは

私は以前高速道路走行中にオートソックが破れて飛んで行って怖い思いをした事があります。
あの時は乾燥路面で使ってしまったことが原因でしたよね。

あはは

正しい使用方法を守ることと布製なので破損することもあるのでその後は常にオートソックを2つ以上購入し、車のトランクに保管することを意識するようになりました。
2つ以上オートソックを持っていたら万が一の時も安心ですね。

 

 

オートソックのメリット

オートソックで雪道をドライブ

オートソックはゴムや金属などでできているわけでないので熱や時間で劣化することがない。

(使用すると劣化します!)

なので、安全のためにオートソックを常に2つストックすることが出来ます。

さらに、タイヤチェーンと異なり一番便利なのはタイヤに装着するのが簡単ということ。

女性でも簡単に装着することができます。

オートソックAutoSockの装着の仕方

実際に装着した時のやり方です。

エンジンを止めてパーキングブレーキ

安全のためまず、車を平らな場所に停止させ、エンジンを止めてパーキンブレーキをかけます。

駆動輪にオートソックを装着

前輪駆動車は前輪に、後輪駆動者は後輪に、四輪駆動車は車両の取扱説明書に従ってオートソックを装着します。

私も昔、前輪駆動車にも関わらず後輪にチェーンを付けてしまい雪道で動けなくなったことがあるので気を付けてください。

タイヤにオートソックをかぶせる

オートソックをタイヤに装着

まず、オートソックをタイヤの上側から被せます。

この時に注意するのは、あんまり奥まで入れすぎると最後にかぶせるときに足りなくなってしまいます。

そして装着のコツは、タイヤの地面に当たる面に布があるように装着していく事です。

タイヤの上側に被せることができたら、一度車を前に動かします。

(地面に着いていた部分のタイヤが上側に来るように)

オートソックをタイヤに装着

(この写真はさっきの写真と反対側のタイヤになっていまいましたが)

タイヤを回転させて残りの部分をかぶせる

車を動かしてタイヤを回転させたら、残りの部分をさらに被せます。

オートソック装着完了

きちんと外れずに被せることができているか確認して出来上がりです。

少々のずれは走行中に自動的に調整されます。

オートソック装着完了

オートソックを装着することでスタッドレスタイヤの時よりも、滑らなくなりました。

AutoSock オートソックを携帯しておくとこんな大雪の日でも、安心です。

布製なので劣化するデメリットが

また、布製ですので使うとだんだん劣化して効果がなくなってきますので新しいものに買い換える必要があります。

先ほども説明したエピソードですが、以前、高速道路走行中に劣化によりオートソックが破れて飛んで片方がどっかに行ってしまいました。

この時はすでに雪がない場所で破損したので、難を逃れましたが。

こういうこともあるので私はオートソックAutoSock をマイカーに2つ常備しています。

そうする事で布製のオートソックAutoSock が劣化して破損するというデメリットを解消します。

地面の雪と凍ってくっつくことがある

それと、スキー場などに行ったときに、到着後そのまま帰りまでつけたままにしておくとオートソックが地面の雪と凍ってくっついてしまい、車を動かした時に破損することがあるのでつけたままにはしておかない方が良いです。

これは友達のエピソードですが、スノーボードをしている間、AutoSock オートソックを装着したままにしていて凍結して地面とくっついてしまいオートソックが破れてしまいました。

そんな感じで取り扱いに注意は必要ですが、オートソックがあって良かったと思ったことは多いですので、ぜひスタッドレスタイヤと一緒にオートソックも車に携帯したほうが安心です。

 

 

オートソックが新チェーン規制に適合

あはは

価格もタイヤのサイズなどによって異なりますが1万円前後と比較的安いですので安全のために車に保管しておきましょう。

布製タイヤカバーオートソックが新チェーン規制に適合

国土交通省が道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令を改正して、タイヤチェーンを取り付けていない車の通行止めの道路標識が新設されました。

2018年度冬から大雪に対する緊急発表が行われる様な異例の降雪時にタイヤチェーン必須のチェーン規制が全国13か所(広島県と島根県の浜田道、岡山県と島根県の米子道・大山ホワイトリゾートがあるのはこのエリア、福井県と滋賀県の北陸道、石川県と福井県の北陸道、長野県の中央道、山梨県の中央道、新潟県と長野県の上越道、愛媛県の鳥坂峠、広島県の赤名峠、福井県の石川県境から坂井市、新潟県の大須戸から上大島、山梨県と静岡県の山中湖と須走、山形県の月山道路)で実施されます。

新設されるチェーン規制にオートソックが適用されるようになりました。

これまでの冬用タイヤ規制では認められなかったオートソックですが、これで堂々と利用する事が出来ます。

高速道路も走れます。

 

 

オートソックは小さく折り畳まれているので、保管する場所を取りません。

雪道を走る可能性がある車に携帯しておけば万が一の時に助かりますので、安全のためにぜひ一つ購入しておきましょう。

積雪や凍結道路で滑り止めの措置を取らない運転は法律違反

ちなみにですが、積雪や凍結道路で滑り止めの措置を取らない運転は法律違反になります。

積雪や凍結道路で滑り止めの措置を取らない運転は法律違反

道路の凍結や積雪によってノーマルタイヤなどを装着した車両が立ち往生して、深刻な交通渋滞や通行止めを引き起こしますので、その点からもオートソックを車に一つ置いとけば安心できます。

AutoSockオートソックの口コミ評価評判

AutoSockオートソックの口コミ評価評判の口コミ評価評判を紹介します。

装着が簡単ですし、コンパクトなのでマイカーに収納しやすい事。

万が一の大雪の時に持っていると安心できるなどなどのAutoSockオートソックのメリットを紹介した口コミ評価評判が多いです。

 

 

あはは

こんな感じでオートソックを購入してよかったという意見が多いです。
雪があまり降らない地方の方も安全のために一つは車のトランクなどに保管しておいた方が安心できますね。

あはは

いきなり雪が積もっても備えあれば憂いなしですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA