アイススケートリンク 中国四国地方のおすすめアイススケート場

岡山城 観光や遊び 秋の紅葉が映える漆黒の外観 別名烏城 岡山市

岡山城

天守閣の壁が黒漆塗りで、別名烏城と呼ばれる岡山城、秋にはもみじやいちょうの紅葉が映える格好いいお城です。

岡山城は岡山県岡山市にあります。

岡山城 別名烏城の遊びや観光 岡山県岡山市

観覧時間

岡山城 入場時間

午前9時~午後5時30分(入館は午後5時まで)

2020年11月20日から29日までは、ライトアップされた岡山城が見れる烏城灯源郷が行われていて開催時間 17:00~20:30(後楽園への入園及び岡山城天守閣への入場は20:00まで)でした。

休館日

12月29・30・31日

料金

岡山城 料金

大人320円 小中学生130円

団体(20名以上)大人260円 小中学生110円

割引クーポンなど

JAF割引、会員証提示で大人260円 小中学生110円になります。

市民割引で、岡山市内在住の65歳以上でシルバーカードを持参の方入場料が無料、岡山県内の留学生で学生手帳を持参の方入場料が無料。

岡山県在住の方のみ役所で申請すると貰うことができる子育て家庭支援カード、通称ももっこカードをお持ちの方は、大人240円小中学生100円になります。

その他、後楽園、後楽園・夢二郷土美術館、後楽園・林原美術館とのお得な共通券もあります。



旭川改修の碑

旭川改修の碑

笠井信一像

岡山城 笠井信一像

岡山城 笠井信一説明

岡山城の歴史

岡山城 昔の図

岡山城の歴史

岡山城は、戦国時代の大名・宇喜多秀家によって、8年の歳月を費やして1597年に完成されました。
城は西向きであったため、秀家は、背後から敵に侵入されるのを防ぐために、近くを流れる旭川を、城の東背後を流れるように大工事を行いました。
天守閣の壁に黒漆塗りの板を取り付けるこの時代の建築の特徴から、外観は黒く、後の時代には「烏城」と呼ばれるようになりました。
秀家は、岡山城を戦の施設としてだけでなく、商人や職人を集めて城下町の整備を行い、治世の府としました。
池田家が城主になった後も岡山城の周辺整備は進み、17世紀末には旭川を隔てた北側に、広大な大名庭園である岡山後楽園が設けられました。
岡山城は、歴代城主の下で岡山の町並みの発展を見続け、近代都市の礎となりました。

(岡山城公式HPより引用)

廊下門

岡山城 廊下門

岡山城 廊下門説明

表書院跡

岡山城 表書院説明

岡山城 表書院図

廊下門をくぐると、岡山藩の政治が行われていた表書院があった所があります。

大小60を超える部屋のあった豪邸です。

岡山城 表書院間取り

地表には、表書院の建物の位置や間取りが記されています。

月見櫓

岡山城 月見櫓

岡山城 月見櫓説明

国指定重要文化財の月見櫓。

穴蔵

岡山城 穴蔵

岡山城 穴蔵説明

泉水

岡山城 泉水

岡山城 泉水説明

築城時の石垣

岡山城 築城時の石垣1

岡山城 築城時の石垣2

築城時の石垣が展示されているところが2か所あります。

築城当時の岡山城の石垣説明

築城当時の岡山城の石垣説明2

岡山城 400年前の造成土

石垣を埋め立てた400年前の造成土。

不明門(あかずのもん)

岡山城 不明門

岡山城 不明門説明

普段はこの門は閉ざされていたので、不明門と呼ばれていました。

天守閣の礎石

岡山城 天守閣の礎石

岡山城 天守閣の礎石説明

現在の岡山城は、再建されたものです。

もともとあった礎石のみを場所を移し、配置しています。

六十一雁木上門

岡山城 六十一雁木上門

岡山城 六十一雁木上門説明

烏城灯源郷とライトアップ

岡山城ライトアップ

期間限定で、ライトアップされた烏城灯源郷が行われていました。

17:00~ライトアップ。

岡山城烏城灯源郷とライトアップ

本当に幻想的できれいです。

岡山城 天守閣

岡山城 天守閣入口

天守閣へ入るには、料金が必要です。

案内

天守閣内案内図

地階

岡山城 戦国合戦絵巻

岡山城 地階

岡山城 地階 映像

直家の国盗り合戦や秀吉による備中高松城水攻めなどの映像を見ることが出来ます。

6階

岡山城 6階

岡山城 岡山名所案内

6階からは、後楽園や岡山の街を眺めることが出来ます。

岡山城天守閣からの街並み

5階

岡山城 笠松のついたて

笠松で製作したついたて。

岡山城しゃちほこ

岡山城 しゃちほこ2

金の鯱。

4階

岡山城 4階

岡山城の建築の特徴や、お城に関するエピソードなどが紹介されています。

3階

岡山城 3階案内図

宇喜多、小早川時代の岡山城の歴史を展示しています。

2階

岡山城 2階案内図

大名駕籠に乗って記念撮影

岡山城 大名駕籠

大名駕籠に乗って記念撮影が出来ます。

戦場の岡山城で写真撮影

岡山城 トリックアート

戦場となった岡山城に入ったような写真が撮れるスポットもあります。

岡山城 城主の部屋

城主の間。

着付け体験

岡山城 着付け体験

岡山城 着付け体験衣装

現在は、新型コロナウィルス感染予防のため行われていませんが、着付け体験も出来るようです。

1階

岡山城 1階案内図

備前焼工房と備前焼体験

岡山城 備前焼工房

備前焼体験ができる備前焼工房があります。

体験料と所要時間

岡山城 備前焼体験料金

体験料、1250円(粘土500g)

所要時間60分。

当日予約も可能ですが、予約優先です。

岡山城 備前焼 作品例 

岡山城 備前焼作品例

お皿や箸置き、小鉢や湯飲みが作れるようです。

岡山城 備前焼のリース

岡山城 備前焼のリース2

時期的に、備前焼のリース作りもありました。

お食事処お城茶屋

岡山城2階 お食事処お城茶屋

売店

岡山城 売店

後楽園風景写真

岡山城 後楽園風景写真

岡山城 後楽園風景写真2

岡山城 秋のイチョウやもみじの紅葉

イチョウの紅葉

岡山城 銀杏

笠井信一像の近くのイチョウの木。

もみじの紅葉

岡山城 表書院 紅葉

岡山城 もみじ

岡山城 表書院イチョウ

表書院のもみじとイチョウ。

岡山城 天守閣前もみじ

岡山城前 貸ボート・スワンボートと飲食店などのお店

貸しボート・スワンボートと料金

岡山城 貸しボート

岡山の横を流れる旭川でボートに乗ることが出来ます。

岡山城 ボート乗り場

岡山城 ボート

ボート(2名まで)800円

スワンボート(4名まで)1800円

時間は、20分間。

城見茶屋

城見茶屋

メニューと価格

城見茶屋

岡山城から橋をわたって、後楽園の方へ行ったところにお食事処などお店があります。

Café & Restaurant & Boating 碧水園

Café & Restaurant & Boating 碧水園

メニューと価格

Café & Restaurant & Boating 碧水園処メニュー1

Café & Restaurant & Boating 碧水園メニュー2

岡山地ビール

岡山の地ビールもあります。

岡山名産のマスカットビールやビーチビールもありましたよ。

 

初めて岡山城に訪れましたが、黒い天守閣とても美しく大きかったです。

着付け体験や備前焼体験など、楽しい体験も出来ます。

秋の紅葉もとても綺麗でした。

 

岡山城

住所 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
TEL 086-225-2096
観覧時間 午前9時~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日 12月29・30・31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA