四国 春のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

スコッチガード 3M 防水スプレー スノーボードウェアを撥水

スコッチガード 防水スプレー

スノーボードやスキーをするときに必要なグッズの一つ、スコッチガード 3M 防水スプレー。

ウェアにスプレーすると、撥水・防水効果があります。

雨・雪・泥をはじいて、衣類・繊維製品を防水だけでなく防汚効果にも期待。

スノーボードウェアにスコッチガード 3M 防水スプレー

スキースノーボード防水スプレー

必要性

スキースノーボードに防水スプレーは、必要か?

はっきり言って必要です!

防水スプレーをせずに雪の上に座ってビンディングを付けていたらお尻が濡れてパンツがびしょ濡れになります。

更に撥水効果以外にも、汚れの付着を防ぐ効果もあります。

新しいウェアを購入しばかりで防水効果のあるウェアだとしても汚れを防ぐ為に防水スプレーはした方がいいんです。

 

 

価格

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどで購入することが出来ます。

私が使用しているのは、スコッチガードのものですがそのほかのメーカーのものもあります。

価格は、だいたい1000円~3000円くらいです。

効果

雨・雪・ドロをはじいて衣類・繊維製品をいつも快適、きれいなまま保ちます。

効果の持続性は、2週間~1ヶ月。

洗濯・ドライクリーニング後は再度スプレーが必要です。

スコッチガード 3M 防水スプレー 使用方法

スコッチガード 3M防水スプレー

使えるもの

綿・ウール・ナイロン・ポリエステルなどの繊維製品。

 

 

使えないもの

皮革・革靴・合成皮革・毛皮・ビニールやポリウレタン等で加工されたもの、白色のバッグ・布靴

使用方法

①生地の素材を確かめる。

②目立たない部分で、シミ・白化のないことを確かめる。

③風通しの良いところで15㎝以上離して、全体が液だれせずしっとり濡れる程度にスプレーする。

④匂いが消えるまで20分以上乾燥させる。

⑤洗濯後は、再度スプレーする。

使い方

スプレーをして乾燥するまで20分は以上かかるので、スキー場についたらいつも一番にスプレーしています。

準備したりリフト券を購入している間に乾燥できています。

スコッチガードを背中にスプレーする

スコッチガードお尻にスプレーする

スコッチガード 膝にスプレーする

スノーボードの場合、お尻や膝は特に忘れずにスプレーしましょう。

スノーボーダーへのメリット 防水スプレーの効果

スノーボード ビンディングをつける

スノーボードをするときはリフトを降りてからビンディングをつけるために座ることが多いです。

私はウェアの下に、衝撃などを吸収するプロテクターをはいていますがそれでもスコッチガードをしていないとパンツまで濡れてしまいます。

今年は、3度スノーボードに行ったのですが3度目のときにスプレーするのを忘れてしまいました。

その前の2回はパンツが濡れることはなかったのですが、この忘れた3度目の時だけパンツまで濡れてしまっていました。

本当にびしょ濡れ。

スコッチガード防水スプレーの効果を実際に感じました。

次からは、絶対に忘れません(笑)

 

 

スノーボードを安全に楽しむアイテムと必要な準備 マナー

このあははライフではスノーボードを安全に楽しむためのおすすめアイテム、必要な準備やスキー場でのマナーについてまとめて紹介しています。

スノーボードに遊びに行く前の忘れ物チェックにも利用できますので良かったらみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA