四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

旧別子銅山東平地区 東洋のマチュピチュ マイントピア別子 新居浜市

別子銅山東平ゾーン

新居浜市のマイントピア別子から11kmほどのところにある東平(とうなる)ゾーン、東洋のマチュピチュと言われる別子銅山の産業遺産群です。

注意

2022年3月に落石のため通行止めになっています。

道路復旧見込は、2023年3月末予定です。

別子銅山東平(とうなる)駐車場や案内図 行き方とバスツアー

案内図

別子銅山東平案内図

昔の東平

別子銅山東平 昔の東平

行き方

別子銅山 東平までの道

マイントピア別子から東平ゾーンまでは、車で約26分ほどです。

自家用車で行くことができますが、途中道幅が狭いところがあります。

マイントピア別子からのガイド付の東平観光バスもあります。

東平観光バスの場合、東平ゾーンの東側にある第三通洞や火薬庫、発電所跡、大マンプの見学はできません。

東平観光バスと料金

マイントピア別子 東平バスツアー

マイントピア別子 東平バスツアー案内

マイントピア別子駐車場から出発します。

時間

平日 11:00 13:00

土日祝日 11:00 13:00

所要時間

約2時間

料金

マイントピア別子 東平観光バス利用料金

東平観光のみ

大人(中学生以上)1350円(バス代1250円+ガイド料100円)

小人(3歳以上)750円(650円+ガイド料100円)

鉱山観光+東平観光(観光坑道が割引になるお得なプラン)

大人 2050円(鉱山観光700円+バス代1250円+ガイド料100円)

中高生 1850円(鉱山観光500円+バス代1250円+ガイド料100円)

3歳以上 1150円(鉱山観光400円+バス代650円+ガイド料100円)

マイントピア別子

住所 〒792-0846愛媛県新居浜市立川町707-3
TEL 0897-43-1801
FAX 0897-43-4020

駐車場

別子銅山東平 駐車場

道中の道幅は狭いですが、到着すると駐車場は広いです。

無料で駐車することができます。

トイレ

マイントピア別子東平 トイレ

駐車場の横にトイレがあります。

ニュートンのりんご

別子銅山東平 ニュートンのりんご

別子銅山東平 ニュートンのりんご説明

ニュートンが万有引力を発見したと伝えられるりんごの木の接木が駐車場のそばにありました。

第2駐車場

マイントピア別子 東平ゾーン第2駐車場

マイントピア別子 東平ゾーン第2駐車場看板

第1駐車場から東へ行ったところに第2駐車場があります。

発電所跡や第三通洞、火薬庫跡へ行くには、ここに駐車して渓谷遊歩道を歩いて行くようになります。

別子銅山東平ゾーン 東平歴史資料館とマイン工房(旧保安本部)小マンプ

東平歴史資料館

東平歴史資料館

第1駐車場のすぐそばにある東平歴史資料館。

入館は無料です。

東平歴史資料館内

当時の別子銅山で働く人たちの生活などを知ることができます。

学校や病院、郵便局などがあり、多くの人が生活していました。

東平歴史資料館 道具

当時の生活の道具など。

東平歴史資料館 功績から電気鋼のできるまで

鉱石から電気銅ができるまでの図説。

東平歴史資料館 展示

東平歴史資料館 仲持ち

当時仲持ちさんが粗銅を運んでいた30㎏の負い子を体験してみるコーナーなどもあります。

東平歴史資料館 銅製品

同製品の展示もあります。

所在地 〒792-0846  愛媛県新居浜市立川町654-3
TEL 0897-36-1300
開館時間 午前10時~午後5時
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)
入場料 無料

東平マイン工房(旧保安本部)

別子銅山 東平 マイン工房

赤煉瓦作りの東平マイン工房は、明治期は配電所、大正期は林業課事務所、その後は保安本部として活用されていた建物です。

マイン工房内 マイン工房 銅板しおり

マイン工房では、銅板のしおりやカップなどお土産品の販売もしています。

「銅板のしおり」作成を体験することもできます。

開館時間

午前10時~午後5時

休館日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)12月1日から翌年の2月末日まで

マイン工房 銅製品

体験料金

500円(税込)

必要時間

約1時間

〒792-0846 愛媛県新居浜市立川町654

小マンプ

別子銅山東平 小マンプ

東平歴史資料館の近くにある短いトンネル、小マンプ。

別子銅山 東平 小マンプ説明

別子銅山東平 小マンプ 鉱山運搬機器展示

小マンプ内では、鉱山運搬機器展示がされています。

別子銅山東平 小マンプ かご電車

東平坑口から日浦坑口までの約4000mの坑内を行き来するヒビとが乗った人車、かご電車などが展示されています。

旧東平第三変電所跡 第三通洞や火薬庫跡と大マンプを観光

別子銅山の東側にある旧第三変電所 第三通洞 火薬庫跡 大マンプは、東平地区観光バスツアーでは見学できないエリアです。

別子銅山東平 渓谷遊歩道入口

別子銅山東平 渓谷遊歩道

第2駐車場までは、車で行くことができその跡は渓谷遊歩道を歩いて行きます。

広場

別子銅山東平 こども広場

しばらく進むと広場に出ます。

東平採鉱本部跡 写真

別子銅山東平 第三と変電所写真

別子銅山東平 こども広場 写真

別子銅山東平 こども広場の写真2枚

広場には、当時の写真がありました。

旧第三変電所

別子銅山東平 旧第三変電所 下から見た

別子銅山東平 旧第三変電所

明治37年に完成した赤レンガ作りの第三変電所。

別子銅山東平 第三変電所 入口の写真

当時のままの建物が残されているのは、こことマイン工房の旧保安本部だけで、内部までそのままなのはこの第三変電所のみです。

別子銅山東平 第三変電所内

別子銅山東平 第三変電所 中の部屋

入口が開いていて中に入ることもできました。

別子銅山東平 旧第三変電所 2階

2階。

第三通洞

別子銅山東平 第三通洞

別子銅山東平 第三通洞説明

標高747mの8番坑道準の東平坑口から東延斜坑底を結ぶ延長1,795m、幅3.35m、高さ3.73mの主要運搬坑道だった第三通洞。

第三というのは、3番目という意味ではなく、地名からつけられています。

門のデザインが素敵です。

別子銅山東平 第三通洞中

中に入ることはできませんが、外からのぞいてみました。

線路のようなものが見えます。

東平周辺案内図

ここから登山することができるのか、案内図がありました。

別子銅山東平 第三通洞 滝

近くに滝もありました。

火薬庫跡

別子銅山東平 火薬庫跡

別子銅山東平 火薬庫跡入口

別子銅山東平 火薬庫説明

坑道堀削の発破作業に使われるダイナマイトを保管していた火薬庫跡。

大マンプ

別子銅山東平 大マンプ

東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルの内長い方のトンネル、大マンプ。

別子銅山東平 大マンプ内

中をのぞいてみました。

奥に光が見えるので出口まで続いているようです。

東洋のマチュピチュ 展望広場 インクライン 貯鉱庫 索道基地跡

展望広場

別子銅山 展望広場から見た産業遺産

第1駐車場の前にある展望広場。

展望広場から見える景色の動画

上から、貯鉱庫や東平索道停車場などが見渡せます。

マイントピア別子 東平ゾーン

別子銅山東平 貯鉱庫説明

インクライン跡

別子銅山東平 インクライン跡

別子銅山東平 インクライン跡看板

別子銅山東平 インクライン跡説明

端出場(はでば)から索道で東平へと運ばれてきた物資を荷揚げしていたインクライン。

現在は、遊歩道の一つ220段の階段に生まれ変わっています。

貯鉱庫跡

別子銅山東平 貯鉱庫跡

別子銅山東平 貯鉱庫跡説明

重厚な花崗岩造りの貯鉱庫。

第三通洞経由で運ばれてきた鉱石を、一時的に貯蔵するものでした。

索道停車場跡

別子銅山東平 索道停車場

別子銅山東平 索道停車場正面

別子銅山東平 索道停車場横から

東平と端出場(黒石)を結ぶ主要輸送機関だった索道停車場。

鉱石の他、日用生活品や郵便物、新聞もこの索道で輸送されていました。

社宅跡

別子銅山東平 社宅跡

別子銅山東平 社宅跡 かまど

別子銅山東平 社宅跡説明

社宅の跡は、骨組みを復元されていました。

当時のかまどは残っています。

娯楽場跡

別子銅山東平 娯楽場跡

別子銅山東平 娯楽場跡橋

東平で生活する人々の憩いの場であった娯楽場。

現在は娯楽場へいく橋が残っているだけですが、2000人収容できるほどで劇や映画の上映がされていました。

昭和43年まで使われていたのがうそのようです。

保育園跡

別子銅山東平 保育園跡

別子銅山東平 保育園跡説明

当時3歳から小学校までの子供を預っていた保育園があったところ。

門柱とコンクリートの池のようなモノが残っています。

配給所跡

別子銅山東平 配給所跡

当時の面影はほとんど見当たりません。

病院跡

別子銅山東平 病院跡

別子銅山東平 病院跡説明

別子銅山東平 病院跡写真

門柱が残っています。

標高約750mにある産業遺産、旧別子銅山東平ゾーンは、東洋のマチュピチュと言われるのも納得の産業遺産群と自然が調和した、観光にオススメのスポットでした。

昭和43年に廃止されたのでそこまで古くはないはずですが、撤去した施設跡地に植樹が行われたため自然に帰っていっているので、そこに街があったことがかなり昔のことのように感じます。

マイントピア別子

あはは

このあははライフではマイントピア別子は楽しく遊べるテーマパーク あかがねキッズパーク 別子温泉について詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

旧別子銅山東平地区

〒792-0846 愛媛県新居浜市立川町654

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA