四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

脇町劇場 オデオン座 昭和レトロな芝居小屋を見学 美馬市

脇町劇場オデオン座

徳島県美馬市脇町、うだつの町並みのすぐそばにある脇町劇場オデオン座。

昭和初期に建てられた芝居小屋です。

脇町劇場オデオン座の駐車場や入場料 営業時間 美馬市

駐車場

脇町劇場オデオン座 駐車場 

脇町劇場オデオン座 駐車場案内

建物の横に無料で停めることが出来る駐車場があります。

駐車可能時間は、午前9時~午後5時まで。

入場料金

脇町劇場オデオン座 入場料金

大人 200円

子供(小・中学生)100円

割引

くーぽん丸・淡路島&徳島とくとく周遊ガイド・瀬戸マーレにクーポンが掲載されていて提示すると2割引になります。

営業時間

脇町劇場オデオン座 営業時間

9:00~16:30

休館日

脇町劇場オデオン座 休館日

毎週火曜日および年末年始(12月27日から1月1日)

まわり舞台や奈落もある芝居小屋 脇町劇場オデオン座を見学

靴箱

脇町劇場オデオン座 靴箱

入場料金を支払って、靴を脱いで上がります。

脇町劇場オデオン座 サイン

靴箱の上にはたくさんの有名人のサインが飾られています。

「虹をつかむ男」の映画で取り壊されなかった脇町劇場オデオン座

脇町劇場オデオン座は、1934年(昭和9年)に芝居小屋として建てられました。

その当時珍しい西洋モダン風の外観に、回り舞台や奈落も備えた本格的なもので、戦前は歌舞伎や浪曲の上演の場として人々に親しまれていました。

戦前には歌舞伎や浪曲の上演で人気を集め、戦後には歌謡ショー公演や映画上映など地域の憩いの場として親しまれました。

その後、映画の斜陽化と建物の老朽化が重なり、閉館、取り壊される予定でした。

しかし、山田洋次監督の松竹映画「虹をつかむ男」のロケ舞台となったことがきっかけで、平成11年に町指定文化財として昭和初期の創建時の姿に修復され、一般公開されています。

脇町劇場オデオン座 虹を掴む男ができるまで1

脇町劇場オデオン座 虹をつかむ男ができるまで2

脇町劇場オデオン座 虹をつかむ男ができるまで3

虹をつかむ男が完成するまでが紹介されていました。

1階

脇町劇場オデオン座 1階

花道のある舞台。

格子天井や紅白の提灯がレトロな雰囲気を醸し出しています。

脇町劇場オデオン座 舞台

舞台には歌舞伎の絵が立てられていました。

楽屋

脇町劇場オデオン座 1階楽屋

舞台の奥に楽屋もあります。

ふすまに、林家三平師匠や假屋崎省吾さんのサインが大きく書かれています。

脇町劇場オデオン座 楽屋の階段

脇町劇場オデオン座 階段上の楽屋

階段を上がった2階の楽屋もあります。

奈落

脇町劇場オデオン座 奈落入口

地下を進んで舞台裏に出ることができるようになっている奈落も見学できます。

脇町劇場オデオン座 奈落の中

石が積まれた壁の道を進む様になっています。

脇町劇場オデオン座 奈落の先の階段

上へ上がる階段。

脇町劇場オデオン座 奈落の出口

舞台の端に奈落の出口がありました。

2階

脇町劇場オデオン座 2階

2階の客席。

脇町劇場オデオン座 2階奥客席

奥の方は高さを上げて見やすくなっています。

脇町劇場オデオン座 舞台に立ってみる

舞台に立ってみました。

客席がとても近い!

四国では愛媛県の内子座、香川県の金丸座と並び、現存する芝居小屋は3件のみです。

なかなか見ることのできない楽屋や奈落なども見ることができて楽しかったです。

 

脇町劇場 オデオン座

住所 〒779-3602徳島県美馬市脇町大字猪尻字西分140-1
TEL 0883-52-3807
営業時間 09:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 毎週火曜日及び年末年始(12/27~1/1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA