四国 春のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

アートをめぐる小豆島 SNS映えフォト撮影スポットを観光

小豆島アート

瀬戸内国際芸術祭の会場でもある小豆島、そんなアートをめぐる小豆島観光をしてきました。

SNS映えする写真が撮れるスポットもあって、楽しかったです。

小豆島 SNS映えフォト撮影スポットを観光 行き方とまわり方

フェリー

小豆島フェリー

島ですので、行くのは海を渡るフェリーや高速艇を利用します。

岡山県の新岡山港と宇野港、香川県の高松港と高松東港からの他に神戸港新港、日生港、姫路港から船が出ています。

私は、高松港から土庄港までのフェリーを利用しました。

まわり方

瀬戸内海に浮かぶ島、直島や豊島、女木島などにも行きました。

それらの島は、電動自転車をレンタルして島をまわりましたが、小豆島はほかの島よりも大きい島なので車をフェリーにのせて車でまわりました。

ただ、私は瀬戸内国際芸術祭の開催期間中に行ったのではないので駐車場に困るといったことはありませんでしたが、瀬戸内国際芸術祭開催期間中は来場者も多いので自転車やバスなどの利用がいいかもしれません。

インスタ映えスポットバスツアーと予約

小豆島のインスタ映えスポットを巡る島めぐり観光バスツアー はアソビューで予約できます。

次回の遊びに使えるポイントも付与されるのでお得ですよ。

 

 

アートを巡る小豆島 土庄港エリア

駐車場

土庄港駐車場 入口

土庄港のすぐ横に駐車場があります。

土庄港駐車場

広い駐車場です。

料金

土庄港駐車場 料金

60分までは無料です。

周辺のアートを見るだけなら60分で十分でした。

土庄港案内図

土庄港案内図

太陽の贈り物

小豆島アート 太陽の贈り物

小豆島アート 太陽の贈り物看板

作家 チェ・ジョンファ(崔正化)

金色のオリーブの葉が王冠の形になっています。

太陽の贈り物 アップ

太陽の贈り物 説明

オリーブの葉には、2013年当時土庄町の小学6年生の海へのメッセージが書かれています。

〒761-4100 香川県小豆郡土庄町 (土庄港湾内)

アートノショーターミナル

小豆島 アートノショーターミナル

小豆島アートノショーターミナル 看板

作家 コシノジュンコ

既存の土庄港フェリーターミナルを改装し、作品展示やイベントなど交流の場を開設した作品。

アートノショーターミナル内

アートノショーターミナル コシノジュンコ

アートノショーターミナル内は開放感がありとても明るいです。

アートノショーターミナル コシノジュンコ石碑

コシノジュンコさんの絵手紙の石碑。

アートノショーターミナル 赤い犬

インドラ・ミロサヴィエヴィチュさんが製作した赤い犬もいます。

赤は人間にとって大切な血液の色であり、神社の鳥居の朱をイメージされたものなんだそうです。

〒761-4101 香川県小豆郡土庄町甲5165−201

再び ・・・

小豆島アート 再び ・・・

小豆島アート 再び ・・・看板

作家 キム・キョンミン(金景暋)

小豆島アート 再び・・・裏側

表も裏も溶けだしたようなデザイン。

島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水のなかに落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージした金属彫刻作品だそうです。

二十四の瞳平和の群像

二十四の瞳平和の群像

瀬戸内国際芸術祭のアートではありませんが、土庄港・緑地公園には、二十四の瞳平和の群像があります。

このブロンズ像には平和と幸せを求める永遠の願いが込められています。

〒761-4104 香川県小豆郡土庄町吉ケ浦5978−24

アートをめぐる小豆島 三都半島エリア

境界線の庭

小豆島アート 境界線の庭

境界線の庭 看板

作家 土井満治

境界線の庭 作品解説

山と海のあいだの土地に様々な造形の石彫の作品です。

境界線の庭 入れる

作品の中に入っていけるようになっています。

境界線の庭 鳥居

境界線の庭 鳥居をくぐる

進んでいくと低い鳥居があります。

かがまないと通れません!

境界線の庭 鳥居の上

なんと鳥居の上の部分にも彫刻があります。

なんだか、かわいい。

境界線の庭 山

最後は山に登れるようになっています。

〒761-4307 香川県小豆郡小豆島町蒲野3227

自然の目「大地から」

小豆島アート 自然の目「大地から」

小豆島アート 自然の目「大地から」看板

作家 フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用したツリーハウスです。

豊かな自然を体験できる作品です。

自然の目「大地から」ツリーハウス入口

大人でもワクワクするツリーハウス。

もちろん、入っていけます!

自然の目「大地から」ツリーハウス内

自然の目「大地から」ツリーハウス通路

自然の目「大地から」2本の木

自然の目「大地から」の景色

ツリーハウスからは瀬戸内海が見晴らせます。

自然の目「大地から」降り口

ぐるっとまわって、入口とは違う降り口へ行けます。

小豆島アート 自然の目「大地から」壁画

塀に描かれたデザインも素敵です。

自然の目 駐車場

作品の横に車を駐車出来るスペースがあります。

〒761-4308 香川県小豆郡小豆島町神浦

潮耳荘

小豆島アート 潮耳荘

小豆島アート 潮耳荘看板

作家 広島市立大学芸術学部有志

ホルン型の集音装置が、建物内部に波や船の音を響き渡らせる作品。

潮耳荘 中に入る入口

中に入れるようになっています。

潮耳荘 建物の中

外からの収音装置こちら側にもあります。

潮耳荘 収音装置に上る

上って近くで聞くことが出来るようになっています。

潮耳荘 木

建物に使われている木は、家に使われていた柱みたいです。

潮耳荘 建物の天井部分

天井部分も縦に木が組まれていて、間から光が入ってきてなんだかキレイでした。

潮耳荘 逆から見た

建物は大きいのと小さいのがつながっています。

潮耳荘 駐車場

近くに車を停められるところがありました。

マントル直結安山岩

小豆島アート マントル直結安山岩説明

マントル直結安山岩

潮耳荘のすぐ近くにマントル直結安山岩がありました。

約1300万年前にマントルから直に噴出した安山岩なんだそうです。

〒761-4308 香川県小豆郡小豆島町神浦687

アートをめぐる小豆島 草壁港エリア

石の島の石

小豆島アート 石の島の石

小豆島アート 石の島の石看板

作家 中山英之建築設計事務所

草壁港のすぐ横にある小豆島の花こう岩を主材料とするコンクリートで公共トイレを作った作品です。

中は外からの日差しが入るようになっていて昼間はとても明るいです。

夜は室内照明が街灯の役割も兼ねるようになっています。

石の島の石 正面から

〒761-4432 香川県小豆郡小豆島町草壁本町615−22

アートをめぐる小豆島 醤の郷エリア

駐車場

小豆島 醤の郷駐車場

小豆島 醤の郷 駐車場案内

大きなな曲面の小屋の前に無料で停められる駐車場があります。

利用時間

利用時間は、9:00~17:00です。

おおきな曲面のある小屋

おおきな曲面のある小屋

おおきな曲面のある小屋 看板

作家 島田陽

曲面の白壁とかわら屋根の公共トイレです。

〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲833−2

オリーブのリーゼント

オリーブのリーゼント

オリーブのリーゼント 看板

作家 清水久和

オリーブ畑にあるオリーブのリーゼント。

可愛い!!

オリーブのリーゼント 前から

前から見ると細くて口があります。

ゆず(?)を口に入れていました。

実は、無人販売の屋台なんだそうです。

オリーブのリーゼント 誕生日

2013年3月16日がお誕生日らしい。

オリーブのリーゼントの近くの倉庫

オリーブのリーゼント リーゼントの被り物

すぐそばにあるジョルジュルースの作品がある倉庫に行ったらリーゼントの被り物がありました。

オリーブのリーゼントとリーゼントで撮影

せっかくなのでオリーブのリーゼントとリーゼントで記念撮影。

オリーブのリーゼント 倉庫の手袋と長靴

倉庫の入り口には手袋と長靴があたかも人がいるかのように置かれていました。

リーゼントのオリーブ みやぞん

リーゼントといえばの芸人さん「みやぞん」もきたことがあるみたい。

倉庫の中には、ほかにも有名人のサイン色紙が置かれていました。

 

 

〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲262

Umaki camp

Umaki camp

Umaki camp 看板

作家 ドットアーキテクツ

ドットアーキテクツ コンロ

誰でも使えるキッチンやスタジオのある施設で、島の人との交流出来る場所なんだそうです。

〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲967

ジョルジュ・ギャラリー

SHODOSHIMA 2018 © Georges Rousse

ジョルジュギャラリー ロフトSHODOSHIMA 2018 © Georges Rousse

作家 ジョルジュ・ルース

写真家であるジョルジュルースは解体予定の建物を利用して作品を作るので、作品自体が残っていることはなく、ここだけなんだそうです。

コヒラカフェ 

GEORGES gallery (ジョルジュギャラリー)はカフェが併設されています。

併設されたKOHIRA cafe (コヒラカフェ)では、テイクアウトも出来るランチやスイーツがあります。

駐車場

ジョルジュギャラリー 駐車場

道路を挟んで向かい側に2台分だけ停められる駐車場があります。

大きな曲面のある小屋の前の駐車場からも歩いていける距離です。

 

 

GEORGES gallery + KOHIRA cafe

住所 〒761-4426 香川県小豆郡小豆島町馬木甲881-9
TEL 080-6725-9494
開館時間:10:00~17:00
入場料 ギャラリー:おひとり500円(15歳以上)
カフェ 入場自由(入場料無)
定休日 毎週 月・火・水曜日(祝日の場合はOPEN)

アートをめぐる小豆島 坂手港エリア

スター・アンガー

スター・アンガー

スター・アンガー 看板

作家 ヤノベケンジ

坂手港のシンボルとなっているスター・アンガー。

ピカピカの巨大な立体作品で回転しています。

回転するアートの動画

日没後から23:30頃まではライトアップもされています。

坂手港 壁画

坂手港の待合所の外壁には、スター・アンガーと同じような壁画が描かれています。

駐車場

坂手港 駐車場

坂手港の駐車場があります。

〒761-4425 香川県小豆郡小豆島町坂手甲1834−15

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社 看板

作家 ビートたけし×ヤノベケンジ

井戸に登場する全長8mと巨大な化け物の彫刻。

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社 手形

古井戸の底に潜む地霊的化け物が、人々を脅かすという寓話的な設定だそうです。

ビートたけしさんとヤノベケンジさんの手形もありました。

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社 駐車場

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社の横には駐車できそうなところがありましたが、ここに来るまでの道も細いですので駐車はしにくいです。

〒761-4425 香川県小豆郡小豆島町坂手765

アートをめぐる小豆島 田浦半島エリア

愛のポラード

愛のポラード

愛のポラード 看板

作家 清水久和

二十四の映画村の駐車場のすぐ横にあります。

ポラードとは、船を繋留するための岸壁にある柱のことです。

大きさはかなり大きいです。

愛のポラード 横から

真っ白なので、青い空や海によく映えます。

〒761-4424 香川県小豆郡小豆島町町田浦

アートをめぐる小豆島 福田エリア

葺田パヴィリオン

葺田パヴィリオン

葺田パヴィリオン 看板

作家 西沢立衛

カーブした2枚の鋼板によってつくられた作品です。

葺田パヴィリオン 2枚の銅板の間

2枚の銅板の間は、客席でもあり、境内へとつながる子供の遊び場でもあるそうです。

葺田パヴィリオン 駐車場

すぐ横の福田八幡神社に車を停めることが出来ました。

〒761-4402 香川県小豆郡小豆島町福田

アートをめぐる小豆島 北浦エリア

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 看板

作家 秩父前衛派

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 楽譜

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 楽譜1

石に刻まれた図形は、独自の楽譜なんだそうです。

大阪城残石記念公園

大阪城残石記念公園内に作品はあります。

駐車場

大阪城残石記念公園 駐車場

大阪城残石記念公園の駐車場があります。

大阪城残石記念公園

住所 〒761-4144 香川県小豆郡土庄町小海甲909-1
TEL 0879-65-2865
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 12月29日~1月3日
料金 入館無料
駐車場 有り

アートをめぐる小豆島 肥土山/中山エリア

猪鹿垣の島

猪鹿垣の島

猪鹿垣の島 看板

作家 齋藤正人

猪鹿垣の島 説明

猪鹿垣とは、害獣から農地を守るための防護壁のことです。

猪鹿垣の島 ピラミッド

現代の猪鹿垣として作られた作品で、2013年に作られてから2016年にはピラミッドの石積みも加わっています。

猪鹿垣の島 ウルトラマン?

石垣の方には、ウルトラマン(?)もいます。

駐車場

猪鹿垣の島 駐車場

すぐ横に数台停められるスペースがあります。

〒761-4151 香川県小豆郡土庄町肥土山

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA