四国のおすすめ川遊びや滝スポット!飛び込みやターザンロープ

北川村 [モネの庭]マルモッタン 絵の世界に入り込む 高知県

北川村 モネの庭

印象派のフランスの画家クロード・モネが愛した庭として有名なフランスはジヴェルニーにある「モネの庭」を高知県の自然の中で再現したのが北川村モネの庭マルモッタンです。

本場フランスのクロード・モネ財団から世界でただ一つ公式に認められています。

モネの庭と名乗れるのはフランスのジヴェルニー以外には、ここだけなのです。

北川村「モネの庭」マルモッタン 高知県北川村

2000年に開園した北川村「モネの庭」マルモッタン。

印象派の巨匠クロードモネが43歳から生涯の半分を過ごした、フランス・ジヴェルニーで丹誠込めて作り上げたモネの庭。

モネの代表作「睡蓮」もこの庭で描かれたものです。

モネは、私の好きな画家でもあります。

柔らかいモネの絵には、癒し効果があります。

そんなモネの絵の世界に入りこめる場所です。

駐車場

モネの庭 駐車場

100台ほど停められる駐車場があります。

駐車料金は無料です。

トイレ

モネの庭 駐車場のトイレ

駐車場の端にはトイレが設置されています。

営業時間

9:00~17:00(最終入園 16:30)

休園日

6月~10月の第1水曜日
12月1日~2月末日

入園料

モネの庭 入園料金

一般 1,000円
小中学生 500円
小学生未満 無料
団体(10名以上)一般:900円/小中学生:450円

身体障がい者手帳(1・2級)、精神障がい者手帳(1級)、療育手帳(A1・A2)をお持ちの方と付添いの方各1名は無料(手帳の掲示が必要)

レストラン棟 カフェ モネの家、手づくりパン工房、ギャラリー・ショップのみのご利用の場合は入園料無料

クレジットカード払いはできません。

年間入園パスポート

3,000円(1年間有効)

クーポン・割引等

モネの庭 JAF割引

JAFの割引があります。

会員のみ適用(カード本人のみ)で団体料金適用となります。

龍馬パスポート特典が受けられます。
青・赤・ブロンズ・シルバーは、ポストカード一枚プレゼント。
ゴールドは、プラス「モネの庭」で500円以上お買い上げの際に使える100円割引券をプレゼント。

注意事項

モネの庭 注意事項

園内は禁煙。

持込による飲食は禁止。

ペット同伴禁止。

植物や昆虫採集は禁止。

ゴミは持ち帰る。

植え込みには入らない。

他人の迷惑となる行為はしないなど。

園内全体マップ

モネの庭 園内マップ

モネの庭は、水の庭・ボルディゲラの庭・花の庭の3つの庭があります。

料金所

モネの庭 チケット売り場

水の庭の入り口でチケットを購入します。

北川村「モネの庭」マルモッタン 水の庭 絵の世界へ入る

案内図

モネの庭水の庭案内図

モネの庭 滝

モネの庭 滝の休憩スペース

庭に入ると緑がいっぱいでの癒し空間です。

ところどころにベンチも設置されているので、ゆっくりと鑑賞したいですね。

睡蓮の咲く池とモネの絵画

モネの庭 睡蓮の咲く池

モネ 睡蓮

周りの緑や花、丸く集まる睡蓮の葉、池に映る空。

ステキな風景で、モネの世界に入り込んだような気持ちになれます。

モネ 睡蓮2

モネの庭 睡蓮の池近くで

モネの庭 水の庭 睡蓮の

モネの庭水の庭 花と睡蓮

モネの庭 睡蓮の咲く池橋からの池

青い睡蓮について

モネの庭 青い睡蓮

モネが咲かせたかった青い睡蓮。

ここでは、青い睡蓮を咲かせることができ、シンボルとなっています。

睡蓮の見ごろ

モネの庭 睡蓮の花の時間帯

睡蓮は、午前中に花が開き午後には閉じます。

実は、私が来園したのは13時半ごろ。

睡蓮の花は、ほとんど咲いていませんでした。

午前中の来園がおすすめです。

花のアーチ ジヴェルニー

モネ 花のアーチ ジヴェルニー

モネの庭 花のアーチ

モネの庭 花のアーチひきで

モネの庭 モネの写真花のアーチの下で

バラのアーチの下で撮られたモネの写真。

モネの庭バラのアーチ

モネの庭 水の庭 アーチ

モネの庭 睡蓮の咲く池の道

緑がいっぱいで、睡蓮の咲く池だけでなく周りもとても素敵です。

アーチ橋

モネの庭 水の庭 アーチ橋

フランスでは、日本の橋と呼ばれているアーチ型の橋。

北川村 [モネの庭]マルモッタン ボルディゲラの庭

案内図

モネの庭 ボルディゲラの庭案内図

メタセコイヤの小道

モネの庭 メタセコイヤの小道ベンチ

モネの庭 メタセコイヤの小道大きく

メタセコイヤは、高さ25~30m、直径1.5 mにもなる木でまっすぐに上へと伸びます。

秋には、赤茶色に紅葉します。

新緑の緑の時期もいいですが秋もきれいです。

モネの庭 池

トイレ

モネの庭 トイレ

メタセコイヤの小道の横にトイレがあります。

遊びの森(アスレチック遊具)

モネの庭 遊びの森 丸太

アスレチック遊具があります。

モネの庭 遊びの森 綱引き

十字型の綱引きかな!

モネの庭 遊びの森アスレチックユラユラ橋

モネの庭 遊びの森滑り台

思い切り外で遊べて、子供も楽しめそうです。

ボルディゲラの庭

ボルディゲラの庭の案内図

モネが旅した地中海リヴィエラ海岸の街ボルディゲラ。

そこで残したモネの作品をイメージして作られています。

モネの庭 ボルディゲラの庭作品1

モネの庭 ボルディゲラの庭カフェ

モネの庭 ボルディゲラの庭リヴィエラ小屋

モネの庭 ボルディゲラの庭 池

モネの庭 ボルディゲラの庭 作品2

モネの庭 ボルディゲラの庭 木々

モネの庭 ボルディゲラの庭 作品3

リヴィエラの小屋

モネの庭 リヴィエラの小屋

モネの庭 リヴィエラの小屋案内

ゆずジュースやコーヒーなどがあるカフェ。

10:00~16:00の営業。

ゆず畑

モネの庭 リヴィエラの小屋の横の道

モネの庭 ゆず畑看板

モネの庭 ゆず畑

リヴィエラの小屋の横の道をもボルトゆず畑があります。

まだ小さい木でした。

大きくなるのが楽しみです。

風の丘

モネの庭 風の丘看板

ゆず畑からさらに登ると風の丘があります。

モネの庭 風の丘展望ベンチ

モネの庭 風の丘からの展望

太平洋まで望むことが出来るスポットです。

モネの庭 自然の森遊歩道

自然の森の遊歩道からメタセコイヤの小道まで降りることが出来ます。

結構長い道のりでした。

モネの庭 自然の森入口

ここに出てきます。

北川村 [モネの庭]マルモッタン 花の庭 絵の世界が再現

案内図

モネの庭 花の庭案内図

モネの庭 花の庭入口

花の庭の入り口です。

ギャラリーショップ

モネの庭 ギャラリーショップ

フロアー案内

モネの庭 ギャラリー案内図

店内風景

モネの庭 ショップ

2階がギャラリー、1階がショップになっています。

ショップにはモネの絵のポストカードや傘などが売られていました。

テラス

の根の庭ギャラリーテラス

ショップを出ると広いオープンテラスになっています。

モネの庭 ギャラリーテラスからの眺望

テラスからは、花の庭が見えます。

モネの家

モネの庭 モネの家

ショップの横にはカフェモネの家があります。

営業時間

モネの庭 モネの家 営業時間 

営業時間 9:00~17:00(LO 16:30)
朝食タイム 9:00~11:00(LO 10:30)
ランチタイム 11:00~16:00(LO 15:00)
休業日
6月~10月の第1水曜日、12月1日~2月末日
席数
44席(1階)、50席(2階・団体専用)
テラス席(晴れの場合は使用可能)

メニューと価格

モネの庭 モネの家メニュー1

モネの庭モネの家 メニュー2

モネの庭 モネの家 カフェメニュー3

手づくりパン工房

モネの庭 手作りパン工房

手づくりパン工房は休業中でした。

一部のパンは、ギャラリーショップ内で販売しているそうです。

フローラルホール

モネの庭 フローラルホール

多目的ホール。

ギャラリーを兼ねた展示スペースとなっています。

花の庭

ギャラリーより下に降りた花の庭は有料エリアです。

モネの庭 花の庭 バラとサルビア

モネの庭 花の庭 バラのアーチ門

バラが咲いていてとてもきれいでした。

噴水

モネの庭 花の庭噴水

噴水があります。

バラの小道

モネの庭 バラの小道

モネの庭 花の庭 モネの写真

モネの家に続くバラの小道を再現されていました。

バラの花棚

モネの庭 花の庭 バラの棚

モネの庭 花の庭ピンクのバラ

バラの花棚があり、バラがとてもきれいに咲いていました。

 

モネの絵の世界が再現されていて、モネの絵の中に入ったような気になれます。

ステキな空間でした。

インスタ映え写真も取れます。

結婚式の前撮りなどにも良さそう!

 

北川村「モネの庭」マルモッタン

〒781-6441 高知県安芸郡北川村野友甲1100番地
tel  0887-32-1233
fax  0887-32-1243

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA