あさりやマテ貝を潮干狩り 四国中国地方のおすすめ編

にこ淵 仁淀ブルー 大蛇が棲む伝説 神聖な所を観光 いの町

にこ淵

にこ淵は、高知県のいの町にある滝つぼで仁淀ブルーで知られる仁淀川の支流、枝川川にあります。

キレイなブルーの、仁淀ブルーを見られるスポットは、安居渓谷・中津渓谷・にこ淵が有名です。

にこ淵 仁淀ブルー 高知県いの町

ほどのマップ

にこ淵 ほどのマップ

にこ淵にトイレはありません。

更に先へ3キロ進んだ、キャンプ場やバンガローでの宿泊やバームクーヘン作りなどの体験ができる施設、グリーンパークほどのに公衆トイレはあります。

駐車場

にこ淵 駐車場

駐車スペースは、全部で9か所あります。

にこ淵 駐車スペース④

にこ淵への降り口から一番近いのは、駐車スペース④で、降り口まで約50mです。

沢山の台数はとめられません。

にこ淵 駐車スペース③

にこ渕の降り口よりも下にある駐車場は広めで、バスでも停められそうです。

駐車料金は、いずれも無料です。

注意事項

にこ淵について

 

にこ淵 注意事項

にこ淵 遊泳禁止

水神の化身とされる大蛇が棲む神聖な場所として知られ、地元の人は近寄らないそうです。

神聖な場所ですので、ここでの遊泳や飲食、トイレなどは禁止です。

マナーを守りましょう。

また、以前はロープをつかって崖を降りなくてはいけませんでしたが、今は階段が整備されています。

でも、急できつい階段ですし、降りた先は河原ですのでハイヒールやサンダルは危険です。

仁淀ブル-のにこ淵 大蛇の住む神聖な場所を観光

降り口

にこ淵 降り口

降り口には、案内板があります。

にこ淵 坂道

はじめは、坂道です。

ツリーハウスカフェパーチ案内

ツリーハウスカフェパーチメニュー

ツリーハウスカフェパーチ案内2

降り口のところに、ツリーハウスカフェパーチの案内がありました。

地上10mのテラス席でランチが出来るそうです。

気になります!

急な階段

にこ淵 階段

坂道を進んでいくと、整備された階段に出ます。

急な崖に作られた階段ですので、一段一段の高さが高く帰りの登りは、結構きつかったです。

それでも、崖をロープで降りなくていいのはありがたいです。

にこ淵の仁淀ブルー

にこ淵 階段から

降りていくと、にこ淵が見えてきます。

仁淀ブルーにこ淵

確かにキレイ!

にこ淵 下流

にこ淵の後ろの下流は、大きな岩がごろごろしています。

仁淀ブルー にこ淵2

日が差し込む正午ごろがキレイなんだそうです。

私も、11時前くらいから正午ごろまでいたのですが、訪れたのが12月だったからか水に日の光は差し込みませんでした。

太陽が真上にあがる夏がいいのかもしれません。

それでも、青くとてもきれいでした。

にこ淵 滝つぼの淵の底まで見える透明度が分かる動画

 

仁淀川の川遊びや観光 仁淀ブルーおすすめのスポット

安居渓谷 砂防ダム

あはは

このあははライフでは仁淀川の川遊び 飛び込みと観光 仁淀ブルーおすすめのスポットをまとめて紹介しています。
興味がある人はぜひ見てください。

 

 

にこ淵

所在地 高知県吾川郡いの町清水上分1278
お問い合わせ窓口
TEL 088-893-1211(いの町観光協会)
メール to kanko@inofan.jp
駐車場 有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA