四国のおすすめ川遊びや泳ぎと滝で飛び込み ターザンロープも

高松市塩江町の雄大な不動の滝で水遊び

塩江不動の滝 下におりてみた

香川県の川で水遊びが出来そうなところ意外と少ないんです。

今回は、塩江市の不動の滝を紹介します。

香川県高松市の雄大な不動の滝で水遊び

不動の滝 看板

県道30号線を走っていると、不動の滝の看板があります。

この看板通りに進んでいくと、

塩江不動の滝 東屋

東屋と駐車場があります。

東屋に、浮き輪がおいてありました。

忘れ物かな?

水遊びに来られた方がいたようです。

塩江不動の滝 駐車場

車はここに停めて、ここからは歩いて進みます。

塩江不動の滝 東屋2

歩いて進んでいく(歩いてすぐです、2~3分)とまた東屋があります。

滝のところにいた先客の年配のご夫婦の靴がありました。

塩江の不動の滝の説明

下に降りたところで、水に足を浸して涼んでおられました。

塩江不動の滝看板

塩江の不動の滝、県指定自然記念物となっているみたいです。

弘法大師が、この滝での修行中に、不動明王が現れたと言われ、不動の滝という名前になった言われています。

塩江不動の滝

東屋のすぐ横に滝が見えます。

お地蔵様のところから下におりられるようになっています。

塩江不動の滝 下におりてみた

結構な高さから、滝流れています。

水量も多い。

滝の下では、十分泳げそうです。

急な流れはないので、泳ぐのにも安心です。

塩江f道の滝の水

岩場になっているので、コケなどで滑らないように気を付ける必要がありそうです。

塩江不動の滝 滝つぼ

滝つぼのあたりは、深さもありそうです。

マイナスイオンをたっぷり浴びられますね。

塩江不動の滝 川への階段

駐車場から、滝までの間にも川へ降りられる階段がありました。

塩江不動の滝 浅瀬

底の階段を降りたところは、浅くて流れもないので小さい子供さんが遊ぶのにいいと思います。

塩江不動の滝 マムシ注意

マムシ注意という看板が、ありました。

ヘビがいそうな雰囲気はあります。

マムシは、毒蛇なのでもし見かけてもむやみに近づいたり刺激したりしないようにしましょう。

万が一かまれてしまったら、直ちに病院に行って処置してもらいましょう。

塩江不動の滝 終点看板 

高松市ゆめづくり推進事業の終点の看板がありました。

川をきれいにして、魚やホタルの住める街にしようという推進事業です。

ホタル見れるのかな~?

公衆トイレなどはありませんでした。

トイレは、近くの道の駅しおのえを利用するのがいちばんいいと思います。

このあははライフでは、滝や渓谷で川遊び 香川県のおすすめ4選と四国の外せないスポットについて紹介しています。

興味がある人はリンク先からアクセスしてください。

 

 

不動の滝

〒761-1612 香川県高松市塩江町安原上東, 北井

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA