津嶋神社 三豊市の子供守り神の神社の海岸で潮干狩り

津嶋神社 海岸

年に8月4日と5日の2日間だけ渡れる橋を渡るとある津嶋神社。

子供の守り神の神社で、毎年8月4日と5日に津嶋神社夏季大祭があって参拝することが出来ます。

1年に2日だけ参拝できる子供の守り神 津嶋神社

津嶋神社 橋

この奥に見えている島にあるのが、津嶋神社です。

8月4日5日の2日間だけこの橋に、板が入り渡れるようになります。

津嶋神社 夏季大祭

この橋は、つしま橋(別名しあわせ橋)と呼ばれていて、この橋を渡れば、子供やカップル、夫婦に幸せが訪れると言われています。

その歴史は、300年以上で、この2日間に訪れる人は、10万人以上です。

私は、津嶋夏季大祭に子供を連れて参拝すると、子供の「ひきつけ」に効くと昔から聞かされていました。

そして、赤ちゃんを島の海岸の海につけるといいとも聞いていました。

私も長男が赤ちゃんの時に、参拝したことがあります。

津嶋神社説明

津嶋神社は、県指定自然記念物にも指定されているようです。

津嶋神社 遥拝殿(ようはいでん)

橋の手前には、遥拝殿(ようはいでん)があって、七五三詣での人気もあります。

今流行りの御朱印も受付されているようでした。

この夏季大祭の2日間だけ、JRの駅も営業されています。

津嶋神社 トイレ

お手洗いも、ありましたよ!

津嶋神社の海岸であさりを潮干狩り 三豊市

津嶋神社海岸2

この津嶋神社の津嶋橋の横から、海岸に降りることが出来ます。

ゴールデンウィーク中に、潮干狩りをしに行ってみました。

津嶋神社 海岸の水

海水はきれいでしたが、ちょっと掘ると濁るので貝を見つけるのは難しいです。

そして、石が多いです。

津嶋神社 海岸2

干潮の時間帯に行くと、結構広いです。

私たちのほかにも、小さい子供さんを連れた家族連れが2組ほどいました。

津嶋神社 橋の下

この橋の下の柱のふもと辺りに、貝がいることが多かったです。

津嶋神社 潮干狩りでとれた貝

1時間ほどでこれくらいのアサリがとれました。

曇り空で思ったよりも肌寒かったので、1時間で退散しました。

津嶋神社 潮干狩りリリース

でも、小さいのが多かったのですべてリリースして帰りました。

大きくなってね(^^♪

津嶋神社 カニとハゼ

長女がいたので、小さな蟹とハゼも捕まえて観察!

こちらももちろん逃がして帰りました。

昔私が小さい頃は、いろんなところでもっとアサリがゴロゴロいたのにな~。

 

津嶋神社

香川県三豊市三野町大見

TEL:0875-72-5463

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA