四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

金陵の郷 酒づくりの歴史と文化を学ぶ資料館 琴平町

金陵の郷

金刀比羅宮参道にある琴平町の金陵の郷は、江戸時代から続く酒蔵を利用した酒づくりに関する歴史と文化を今に伝える資料館です。

昔ながらの酒造の製法や酒造の道具などが展示されています。

観覧は、無料です。

金陵の郷 金刀比羅宮参道 琴平町

大きな酒瓶と升

金陵の郷 大きな酒瓶

中に入るとすぐに大きな酒瓶が目に入ります。

大きな升にずっとお酒が注がれています。

レトロな人力車

金陵の郷 人力車

四国こんぴら歌舞伎大芝居のお練りで使用されているものだそうです。

開館時間

金陵の郷 案内

平日 9:00~16:00

土日祝 9:00~17:00

入館は閉館の30分前まで。

料金

無料

休館日

年中無休

案内図

金陵の郷 案内図全体

金陵の郷 案内図

金陵の郷 説明

くすのき広場

金陵の郷 くすのき

金陵の郷 ご神木のくすのき

こんぴらさんの天狗が休息したといわれる大楠。

樹齢推定は鎌倉時代。

水汲み

金陵の郷 水汲み

金陵の郷 水汲み説明

お酒造りに欠かせない水。

水源の確保のための釣瓶井戸。

トイレ

金陵の郷 トイレ

くすのき広場の奥の、資料館横にトイレがあります。

琴平蔵

金陵の郷 琴平蔵

白壁のキレイな琴平蔵。

金陵の郷 酒造りの資料館で歴史と文化を学ぶ

金陵の郷 資料館

六尺桶

金陵の郷 大樽

金陵の郷 大樽説明

資料館の前にある大きな桶、六尺桶。

一升瓶3000本分のお酒が入ります。

秋と春に桶の洗浄がされていたそうです。

日本酒の製造工程

金陵の郷 日本酒製造工程

基本的な日本酒の製造工程。

精米・洗米

金陵の郷 精米・洗米

金陵の郷 精米・洗米説明

昔は酒造りの際は休みなく交代で足でついていました。

精米が出来たら米を研ぐ洗米をします。

蒸米

金陵の郷 蒸米

金陵の郷 蒸米説明

真冬の午前二時、蒸米の仕事が行われていました。

放冷

金陵の郷 放冷

金陵の郷 放冷説明

蒸米の掘りだしをして、冷やす放冷。

麹つくり

金陵の郷 麹造り

金陵の郷 麹つくり説明

蒸された白米は、人肌くらいな温度の麹室に入れられ、麹菌の繁殖を進めます。

酛造り

金陵の郷 酛造り

金陵の郷 酛造り説明

乳酸菌の繁殖を助け、次に乳酸菌をおさえ酵母だけを繁殖させる仕事。

醪造り

金陵の郷 醪つくり

金陵の郷 醪造り説明

酛に大量の水、蒸米、麹を一度に合わせるのではなく、初添、仲添、留添と3回に分けてつくります。

しぼり

金陵の郷 しぼり

金陵の郷 しぼり説明

熟成醪をしぼって酒と酒粕に分けます。

オリ引き火入れ

金陵の郷 オリ引き火入れ

金陵の郷 オリ引き火入れ

しぼりたての新酒から上澄みの酒を取るのがオリ引きです。

オリ引きされた新酒は火入れされます。

貯蔵

金陵の郷 貯蔵

金陵の郷 貯蔵説明

大きな桶に入れられた新酒は、半年から1年かけてゆっくり熟成されます。

熟成されると味はまろやかにコクのある良いお酒になります。

樽詰・出荷

金陵の郷 樽詰・出荷

金陵の郷 樽詰・出荷説明

貯蔵されて熟成されたお酒が樽に詰められ、出荷されます。

酒造りをささえた小道具

金陵の郷 酒造りを支えた小道具

印菰と焼印

金陵の郷 印菰と焼印

酒の文化

金陵の郷 酒の文化

金陵の郷 日本酒の今昔

金陵の郷 キンリョウ看板

金陵の郷 ライブラリー

酒林

金陵の郷 酒林とは

造り酒屋専用の印で、古くから続く造り酒屋の軒で見ることができます。

鼓型

金陵の郷 酒林鼓型

元禄年間(1688年~1703年)の型といわれています。

牡丹刷毛型

金陵の郷 酒林 牡丹刷毛型

正徳年間の酒林

金陵の郷 酒林 素朴

杉葉の中心部を縄で束ねた素朴な形の正徳年間のもの。

嘉永年間~現在

金陵の郷 酒林 現在

嘉永年間~現在に続いているもの。

その他展示品

金陵の郷 徳利

いろいろな徳利。

金陵の郷 婚礼用品

金陵の郷 酒ラベル

金陵の郷 屏風

金陵の郷 酒の異名

金陵の郷 日本酒さまざま

金陵の郷 日本酒さまざま説明

金陵の郷 金庫

お宝鑑定団に出てきそうなレトロな金庫。

ショップ

金陵の郷 ショップ

ショップでは、お酒の販売の他、試飲をすることも出来ます。

金刀比羅宮参拝

このあははライフでは、金刀比羅宮の初詣や参拝、観光などについて詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

金陵の郷

住所 〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町623
TEL 0877-73-4133(金陵の郷)
定休日 なし
料金 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA