高知県 神秘的な天然記念物鍾乳洞 龍河洞

龍河洞平面図

高知県にある国指定史蹟天然記念物の鍾乳洞 龍河洞へ行ってきました。

私は、何度も行ったとこがあったのですが子供たちは、小さい頃に一度行ったっきり。

行った時のことも覚えていませんので、実質初めてようなものです。

高知県 国指定史蹟天然記念物の神秘的な鍾乳洞 龍河洞

まず、鍾乳洞というのは石灰岩にできた洞窟のことです。

地上に降った雨水が地下水となり地中の石灰岩の隙間を溶食・浸食し、数万年以上かけて洞窟を形成してできます。

龍河洞は、日本に13ある鍾乳洞の中でも日本三大鍾乳洞の一つです。

後の2つは、岩手県の龍泉洞と山口県の秋芳洞です。

龍河洞商店街

龍河洞は、駐車場に車を停めて、お土産売り場などの商店街を歩いていきます。

エスカレーター

商店街を抜けたら、長いエスカレーターに乗って登ります。

龍河洞入り口

エスカレーターを登り切ったら龍河洞の入り口です。

受付

観覧料

まずは、入洞券販売所にて観覧料を支払います。

JAFの割引が使えて一人100円引きになりました。

龍河洞平面図

龍河洞の平面略図です。

私は普通のコースしか行ったことありませんが、結構入り組んでるんですね!

私はしたことありませんが、冒険コースというのもあるようです。

力図の中にある黄色のコース、観光コースの途中より冒険コースに挑戦出来ます。

距離約200メートルのコースを狭いところをはって進んだり、木の梯子を上ったり、時には何も施設の作られていないところも挑戦したり、又まっくら闇も体験できます。

時間は1時間30分くらいの時間がかかり、冒険コース料金は1,000円増しです。

前日までに予約が必要で、探検用の装備はレンタルできます。

その装備はヘルメット(無料)、ヘッドランプ(無料)、つなぎ服、長靴はレンタル料1,000円です。

冒険コースは通常の営業時間と異なるので予約時に確認が必要です。

冒険コースというのがることは知っていましたが、服とかドロドロになるし用意するのが面倒そうだなと思っていましたが、レンタルできるんですね。

レンタルできるのだったら、体験しやすいですね!

ナビゲータさんが一緒に行ってくれるので、安心です。

一度体験してみるのもいいかもしれないな~。

今回は、普通の観光コースです。

龍河洞案内

龍河洞案内2

普通の観光コースでも、約1Km、所要時間は30分かかります。

歩くのしんどいなーと思っていましたが、この日は暑かったなかはとっても涼しくて気持ちがよく、マイナスイオンも大量に浴びることが出来たと思います。

温度計

写真ぼけてしまっていますが、中の温度は16度くらいでした。

中は、観光コースでもかがまないと勧めないところや、細いところもあります。

探検みたいで楽しい!

そして、中に広がる鍾乳石はとっても神秘的です。

記念の滝説明 記念の滝

中には、見どころを説明してくれる看板が所々にあります。

滝も何か所かあります。

sos

そして、何か所かにsosの電話もあります。

休憩スペース

階段を上るところもたくさんあって、一番長く登らないといけない箇所の上には、休憩できるベンチと扇風機が置いてありました。

出口の階段

最後出口までの間は、弥生時代に実際に人が住んでいた跡が見られます。

神の壺説明

神の壺

実際の弥生人が使っていた、壺が鍾乳石に包まれて化石のようになっているのも見ることが出来ます。

龍河洞の一番の見どころです。

出口

出口を出たら、一気に暑さが襲ってきました。

入り口より出口は80m上方に出てくるので、帰るにはその分降りていかなければなりません。

帰り道は左右に分かれていました。

近道

近道という方へ行ってみました。

帰り道

こんな感じの下り道が続いています。

これが近道なのか?と思うほど結構距離がありました。

龍河洞の中みたいに涼しくなくて暑いし長く感じました。

謎解きゲーム

元の道まで戻って、駐車場に行くまでの商店街にあった、謎解き脱出ゲームが出来る謎壺屋で、遊んでから帰りました。

家族で協力して謎を解いて脱出するの楽しかったです。

謎解き脱出ゲームが出来る謎壺屋についてはこのカテゴリーの別のページで紹介しています。

 

龍河洞

〒782-0005 高知県香美市土佐山田町逆川1424
TEL :0887-53-2144 FAX:0887-53-2145

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA