丸亀市のシンボル 日本百名城のひとつ丸亀城の魅力

丸亀城 

丸亀市にある丸亀城は、日本に現存する12の天守閣のひとつです。

築城400年を超える丸亀城、その石垣の高さは日本一です。

2018年の西日本豪雨被害で石垣が崩れたこともニュースになっています。

丸亀市のシンボル 現存十二天守 丸亀城

丸亀城の歴史

丸亀城は、慶長2年(1597年)、生駒親正(いこまちかまさ)と息子の一正(かずまさ)により5年間かけて築いたお城です。

現在も、天守は現存していて四季折々の自然とともに市民の憩いの場となっています。

丸亀城 案内図

丸亀城 案内

駐車場

丸亀城 駐車場

丸亀城内の丸亀市立資料館の裏と横に50台ほど停められる無料の駐車場があります。

利用時間は、4月1日~9月30日は午前6時~午後7時、10月1日~3月31日は午前7時~午後5時となっています。

このほかは、丸亀城の南側の市民広場に22台、こちらも無料です。

市民広場駐車場は、毎日午前8時半~午後5時となっています。

その他は、有料の市営駐車場があります。

大手一ノ門

丸亀城 大手一ノ門2

丸亀城の正門と言える、大手一ノ門。

とても立派な櫓門です。

大手一ノ門1

大手一ノ門の櫓部分に入ることが出来ます。

丸亀城 大手一ノ門説明

大手一ノ門 櫓内

中は結構広く、藩士が太鼓をたたいて時を知らせていたといいます。

中には太鼓が置かれていました。

平成18年6月10日の時の記念日から、昔のように太鼓をたたいて正午を知らせる時太鼓が復活しています。

丸亀城 大手一ノ門やぐら前

この櫓前は、広場になっていて桜の木があるので桜の季節にはお花見のスポットとなっています。

観光案内所

丸亀城 観光案内所

観光案内所は大手門から入り、見返り坂の登り口にあります。

電話・FAX番号 0877-25-3881
開館時間 午前9時〜午後4時
休館日 なし

丸亀城 観光案内所2

お土産品や丸亀城グッズ、ご当地キャラ(鳥奉行骨付じゅうじゅう、うちわっ娘、京極くん)グッズなどが売られています。

うちわ工房 竹

丸亀城観光案内所内1

丸亀城 観光案内所内2

観光案内所では、うちわ工房竹があり、うちわつくり体験も行っています。

住所 香川県丸亀市一番丁(丸亀城内)
電話・FAX番号 0877-25-3882
開館時間 午前10時〜午後4時
休館日 水曜日・年末年始

【見学・体験について】
所要時間:1時間前後
参加料金:1人1,000円
受入人数:10人程度
予約の有無:要予約

丸亀市立資料館

丸亀市立資料館

丸亀城内には、丸亀市立資料館もあります。

住所 香川県丸亀市一番丁(丸亀城内)
電話 0877-22-5366
FAX 0877-25-2439
開館時間 午前9時半~午後4時半
休館日 月曜日 祝日(特別展開催の場合は開館の場合があります) 年末年始および資料整理期間中
入館料 無料(特別展は有料の場合があります)

丸亀市立資料館案内

生駒・山崎・京極の 歴史と文化展が2階常設展示室で行われています。

2019年1月2日にテレビ放送された「池の水を全部抜く」に丸亀城のお堀が出ていました。

その時に、お堀から発掘されたお宝もこの資料館に展示されていると言っていました。

見返り坂

丸亀城 見返り坂

観光案内所の横に天守閣へ登る、見返り坂があります。

こんなに急なのかと思わず振り返ってしまうことから、見返り坂と呼ばれています。

結構きつい坂です!

丸亀市 見返り坂2

ここから天守閣までは、徒歩10分と案内がありました。

丸亀城 見返り坂2

見返り坂を登り切っても、まだ坂は続きます。

丸亀城 石垣の美

丸亀城 石垣の美 案内

見返り坂の途中にある看板、石垣の名城ともいわれる丸亀城の石垣の曲線がきれいに見えるところです。

丸亀城 石垣の美

反り返るような形に積み上げられた、ここの石垣の高さは、約23mもあります。

400年以上も前の重機もない時代に、作られたなんて信じられない技術です。

隅角部の石垣は算木積みされた美しい曲線美で、「扇の勾配」と呼ばれています。

お堀から見た丸亀城天守

お堀から天守閣までの高さは、約60m。

日本一の石垣の高さです。

丸亀城 壊れた石垣

そんな日本一の石垣が、2018年の西日本豪雨被害のあった大雨で見るも無残に崩れ落ちてしまいました。

現在は、修復工事の途中です。

丸亀城 石垣発掘

崩れた石垣を一つ一つ発掘しているようです。

発掘された石垣は、以前は球場があった場内グラウンドに並べられています。

石垣修復の寄付も集まってきているようです。

5年で修復完了を目指す計画の様です。

きれいに直った丸亀城が見えるのを楽しみにしています。

丸亀城 ハート型の石垣

大手一ノ門の近くに幸運のハート石と言われる、石垣があります。

これに触ると良縁のご利益あると言われているそうですよ!

丸亀城内の公園

丸亀城内公園1

丸亀城内 公園2

丸亀城内の東側に、遊具のある公園があります。

私が小さい頃は、ここに小さな遊園地や動物園もありました。

国の史跡、重要文化財なので本来は場内にはない施設という事で撤去されました。

萩の園

丸亀城 散歩道

丸亀城は、ぐるっと1周散歩できるようになっています。

そこを歩いていると、丸亀城の西側に萩の園というのがあります。

丸亀城 萩の小路

その名の通り、萩の花が咲くところです。

萩は、 秋の七草のひとつで、花期は7月から10月ごろです。

小さな紫色の花を付けます。

葉っぱも丸くてかわいい植物です。

四季折々の自然が楽しめるのも、丸亀城の魅力の一つです。

見返り坂以外の天守閣への道

丸亀城 天守へ上がる道

先に、見返り坂から天守閣へ登ると紹介しましたが、坂のきつい見返り坂以外にも天守閣へ登る道はあります。

丸亀城の南側のからめて林の方からの道です。

見返り坂と比べると、距離は長くなりますが坂の傾斜は緩いので登りやすいかもしれません。

丸亀城 南側から天守へ登る2

丸亀城 南側から天守へ登る3

天守

丸亀城 天守閣

丸亀城天守 入館案内

天守の中には、入ることが出来ます。

入場料 大人200円 小中学生100円

20名以上で団体割引

開館時間 午前9時~午後4時30分(受付は午後4時まで)

マルポンという丸亀市のお店で使えるクーポンを集めたサイトに、割引クーポンがあります。

クーポン提示で、団体割引と同じ20%オフになります。

天守閣内

天守 入館受付

入ってすぐのところに受付があるので、こちらで入館料を支払います。

天守内は、靴を脱いでスリッパに履き替えます。

丸亀城 天守内1

丸亀城 天守内2

天守の1階部分には、丸亀城の歴史についての年表や、家系図などが展示されています。

丸亀城 天守内3

攻め込まれない様に、「石落とし」や弓鉄砲を撃ちかける「狭間(さま)」があります。

丸亀城 天守 階段

とても急な(ほぼはしごといってもいいくらい)階段で2階3階に上がることが出来ます。

上がるのよりも降りる時の方が怖いので、自信のない人は気を付けてくださいね。

丸亀城天守 太鼓壁

丸亀城天守 燧梁

太鼓壁や燧梁などの建築技法を見ることが出来ます。

丸亀城天守内4

とても立派な日本一の高さの石垣のわりに、天守内は狭くこんなところで住んでいたのかと思うほどです。

丸亀城天守閣からの眺め

天守閣からの眺めです。

お殿さんは、こんな風に民の様子を見降ろしていたのかな?

丸亀城 大願成城

天守の受付で売ってある、絵馬的な竹に願いを書いてかけることが出来る大願成城なるものがりました。

丸亀城のイベント

初日の出を迎える会

毎年丸亀城の天守閣のある本丸から、初日の出を見ようという人が結構います。

「初日の出を迎える会」では、小豆粥の接待や先着1000人にはかわらけの贈呈がされています。

新年飴湯接待

丸亀城 お正月 飴湯の接待

お正月の三が日は、大手一ノ門を入ったところで飴湯の接待をしていました。

お笑い人力車

丸亀城 お笑い人力車

丸亀住みます芸人の風亀丸いわしてんぐさんとまるがめくんが、毎週土日祝日に、お笑い人力車を引いています。

運行日   土曜日、日曜日、祝日に運行
運行時間 10:00~16:00
料 金   お一人様1,000円 お二人様 2,000円
運行時間 約15分程度
乗車場所 丸亀城内大手門広場

コース(予定)丸亀城内大手門広場→大手門→NTT前→城西小横→西土橋→資料館前芝生広場→あやめ池・御殿門

(ご予約・お問合せ先)
丸亀市観光協会 TEL・FAX 0877-25-3881(予約は前日の営業時間内に)
営業時間 9:00~16:00(年中無休)

お花見

丸亀城 桜

丸亀城は桜の季節になると、たくさんのお花見客で賑わいます。

丸亀城 開花基準木

丸亀城ソメイヨシノ開花基準木というのがあるみたいです。

昨年は、3月24日に開花したようです。

丸亀城 二の丸の桜

私が特に美しいと思うのは、二の丸の桜です。

しだれ桜もあって満開のころは、ほんとうにきれいです。

お城まつり

毎年、ゴールデンウィークの5月3日・4日には丸亀お城まつりが開催されます。

まるがめ踊り総踊り大会やマーチングバンドの行進「まんでがんがん大行進」や全日本骨付鳥選手権などたくさんイベントが行われる、丸亀の一大のイベントです。

緊急SOS池の水をぜんぶ抜く大作戦

テレビ東京で放送中の、緊急SOS池の水を全部抜く大作戦が丸亀城にやってきました。

2018年12月18日に撮影が行われました。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんやあばれる君さん、的場浩司さん、ココリコの田中直樹さん、大家志津香さん(AKB48)、日本の爬虫類学者、生態学者の加藤英明さんが訪れていました。

丸亀城内堀では毎年夏場になるとアオコが発生し、悪臭の発生などが問題となっているので、水質を改善するため、北西のお堀の水を約45年ぶりに抜き、池干しを敢行。

丸亀市から魚類をはじめとする生物の捕獲及び移動をしてほしいと依頼し撮影が行われました。

放送は、2019年1月2日でした。

 

他にもたくさんのイベントが、随時行われています。

丸亀城の3つの日本一と怖い話

丸亀城の日本一3つ

先にも紹介した通り、丸亀城は石垣の名城と呼ばれ、日本一の高さの石垣が有名です。

石垣以外にも、あと2つの日本一があるのです。

2つ目は、天守閣の小ささです!

丸亀城 天守閣

中に入ってみても、確かに小さい!

石垣はこんなに立派なのに、天守閣は3階建てで本当に小ぶりです。

名古屋城や大阪城と比べると、これが天守閣なのかと疑いたくなるほどです。

3つ目の日本一は、井戸の深さです。

丸亀城 二の丸の井戸

丸亀城の二の丸にある井戸です。

直径が一間(1.8m)深さが三六間(約65m)あって日本一の深さと言われています。

丸亀城のまつわる怖い話

丸亀城には、2つの怪談話があります。

豆腐屋さん

一つ目は豆腐屋さんの話です。

 

丸亀城の石垣、下はゆるやかで上が急になっている「扇の勾配」の石積みは、城の守りを強固にするためのもの。

その打込みはぎは、石の一部を平らに加工し、それを隙間なくびっちり積み上げる技法。

そんな高度な技術、工事は難航したようです。

そこで、困り果てた奉行は「明日の朝一番にここを通った者を人柱にしろ!」と人夫たちに命じました。

その当時、人柱を建てると地盤が堅固になるという言い伝えがあったようです。

次の日の朝いちばんにやってきたのは、毎朝豆腐を売りに来る豆腐屋でした。

豆腐屋は捕らえられ、妻や子の名を呼びながら生き埋めにされてしまいました。

その後、見事に丸亀城は完成しました。

しかしそれからというもの、雨の降る夜に近くを通ると、「と~ふ~、と~ふ~」と物悲しい声で豆腐を売る声が聞こえてくる。

 

昔から言い伝えられている話です。

二の丸井戸

2つ目の話は、二の丸井戸の話です。

素晴らしい丸亀城の石垣、その石垣は、丸亀城の石垣は、石工名人「羽坂重三郎(はさかじゅうざぶろう)」の手によるもの。

石垣が完成したとき、当時の城主山崎家治は、「見事な石垣だ。これほど目地が詰まってて急勾配なら、登れる者は誰一人いないだろう」といいました。

それを聞いた羽坂重三郎は、「私だったら、短い鉄の棒さえあれば登れます」といい、やすやすと登ってみせたのです。

それを見た城主は、この羽坂重三郎が敵と通じたら、危ないと二の丸の井戸に落とし上から石を落として殺してしまったというのです。

丸亀城 二の丸の井戸の中

その話を知って、二の丸の井戸の中を覗くと怖いです。

 

最後に、怪談話になってしまいましたが、丸亀城は、丸亀市民が愛する丸亀のシンボルです。

今は、崩れた石垣の復興を願うばかりです。

 

丸亀城

〒763-0025 香川県丸亀市一番丁

TEL 0877-22-0331 丸亀観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA