香川県 子育てと家庭が両立出来るパート求人を探す方法

モラスコむぎ 貝の資料館と松ヶ磯の貝殻拾い 徳島県牟岐町

モラスコむぎ 

徳島県牟岐町にある貝の資料館、モラスコむぎ。

近くに観光に行ったときに寄りました。

モラスコむぎ 貝の資料館 徳島県牟岐町

駐車場

モラスコむぎ 駐車場

建物の横、山側が駐車場になっています。

営業時間と休業日

営業時間 9時00分~16時30分

休業日 月曜日(祝日の場合は翌日)

料金

モラスコむぎ 料金

資料館の見学は有料です。

高校生以上 200円
小・中学生 100円
幼児 無料

団体(10名以上)・障害者(手帳持参)

高校生以上 100円
小・中学生 50円
幼児 無料

貝の資料館 モラスコむぎ

千年サンゴ

モラスコむぎ 千年サンゴ

牟岐町の牟岐大島の内湾にある、千年以上も成長してきたコブハマサンゴ、愛称「千年サンゴ」の大きな置物が入り口横にあります。

モラスコむぎ 店内

中に入ると、休憩できるスペースがあります。

コーヒーやシュークリームの販売と価格

モラスコむぎ 本格コーヒー

モラスコむぎ シュークリーム

受付では、本格コーヒーやバニラアイスを挟んだシューの販売もされていました。

 

この建物は巻貝をイメージして作られています。

隣の資料館は、二枚貝をイメージしてる作られています。

お土産販売

モラスコむぎ 貝の販売

受付の横では、貝や貝を使った雑貨などが売られていました。

千年サンゴの絵本などもありました。

モラスコむぎ 資料館入口

貝の資料館

奥が貝の資料館となっています。

モラスコむぎ 貝の資料館

ここが、二枚貝をイメージした建物、貝の資料館です。

中には、たくさんの貝が展示されています。

モラスコむぎ 資料館の貝

大きな貝やシャンデリア(?)。

左上の大きな貝は、世界最大の巻貝アラフラオオニシという貝です。

オーストラリア北部のアラフラ海、水深10mに住み地元の人は水を入れて運ぶの使っていたそうです。

モラスコむぎ 資料館の貝2

他にもいろいろな巻貝が展示されています。

モラスコむぎ さかなくんの絵

さかなくんが来られたことがあるのか、イラストが展示されていました。

日本三名宝

モラスコむぎ 日本三名宝

さかなくんのイラストの下に展示されている、日本三名宝。

「テラマチダカラ」「オトメダカラ」「ニッポンダカラ」。

まれにしか見つからないタカラガイです。

モラスコむぎ 貝の展示

動物の名前が付いた貝や花の名前が付いた貝などに分けられて展示されたエリアもあります。

モラスコむぎ 巻貝について

モラスコむぎ 二枚貝について

モラスコむぎ イカタコについて

巻貝・二枚貝・イカ・タコの体についての説明資料もあります。

モラスコむぎ きれいな貝

日本にだけ住む貝ヒオウギ。

モラスコむぎ 細長い貝

モラスコむぎ とげとげの貝

トゲトゲの付いたホネガイやショウジョウガイ。

モラスコむぎ シャコガイ

世界最大級の二枚貝、オオシャコガイ。

大きさは1m以上、重さは200キロ以上にもなるそうです。

モラスコむぎ 工芸品

モラスコむぎ 化石

他にも貝を使った工芸品や化石なども展示されていました。

松ヶ磯と貝殻拾い

モラスコむぎ 遊歩道

モラスコむぎの建物の前から遊歩道を進むと松ケ磯の浜へ降りることが出来ます。

沖島

松が磯の浜

向かいの島は干潮時は地続きになり、沖島神社があります。

ここでは海の生き物の観察も出来ます。

松ケ磯の風景の動画

貝殻拾い

モラスコむぎ 浜の貝1

モラスコむぎ 浜の貝2

タカラガイなどの貝殻もたくさん落ちているので拾うことが出来ます。

注意事項やルールとマナー

モラスコむぎ 磯遊びのルール

磯遊びのルールについて書かれていました。

漁業権が設定されているのでみだりに魚介類を取ることが出来ないようです。

もちろん貝殻拾いは大丈夫です。

 

あはは

このあははライフでは四国のおすすめ水族館とお魚と触れ合えるスポットを紹介しています。
下記リンク先からアクセスできるので興味がある人は見てくださいね。

 

 

モラスコむぎ

 

所在地  〒775-0005 徳島県海部郡牟岐町灘下浜辺198-1

問い合わせ先
特定非営利活動法人 カイフネイチャーネットワーク
TEL: 0884-72-2520

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA