四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

恩原高原スキー場 天然雪の広いゲレンデとコース 鏡野町

恩原高原スキー場

岡山県苫田郡鏡野町の恩原高原スキー場はゲレンデが広く、初心者から上級者まで楽しめるコースがあります。

人工雪は使用せず、天然雪だけのスキー場です。

目次

恩原高原スキー場 岡山県苫田郡鏡野町

営業期間

積雪の状況にもよりますが、例年12月下旬ごろ~3月上旬まで

営業時間

リフト運行時間 8:30~16:30

レストハウス  8:15~17:00
(食券の販売は10:00~16:00、イートインスペースは10:00~16:30)

レンタルハウス 8:30~17:00

クリスタルパレス9:00~16:30
※平日はトイレのみの利用。
(食券の販売は10:00~16:00土日祝日のみ)

駐車場

恩原高原スキー場 駐車場

駐車場は広く、2021~2022年シーズン中は駐車料金が無料です。

アクセスとタイヤチェーンやスタッドレスの準備

アクセスは、高松市から約2時間半、岡山市から約2時間、鳥取市から約1時間半、近畿地方からは約3時間ほど。

恩原高原スキー場タイヤチェーンとスタッドレス

到着するまでの道は、片側1車線ずつある走りやすい道路です。

しかし、15キロ圏内は豪雪地帯ですのでスタッドレスタイヤやタイヤチェーンは必要です。

私が行ったときは、基本的に除雪車が除雪はしてくれていました。(一部雪道あり)

私はスタッドレスタイヤ着用で万が一の時のために新タイヤチェーン規制対応のオートソックをトランクに保管しています。

オートソック

あはは

詳しくはこのあははライフのオートソックは新チェーン規制対応 凍結で滑るスタッドレスタイヤのページで紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

AUTOSOCK 新チェーン規制対応

 

いざという時の為に購入しておきましょう。

コンパクトに折りたたまれているので収納しやすいメリットもあります。

雪道を安全に運転する為のアイテムや準備と方法

凍結路面や雪道を安全に運転する為のアイテムや準備と方法

あはは

このあははライフでは凍結路面や雪道を安全に運転する為のアイテムや準備と方法について紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

レンタルハウス

恩原高原スキー場 レンタルハウス

駐車場の目の前にレンタルハウスがあります。

恩原高原スキー場 レンタルハウストイレ

レンタルハウスの横にはトイレがあります。

営業時間

恩原高原スキー場 レンタルハウス営業時間

8:15~17:00

レンタル用品の返却や更衣室の利用も営業時間内です。

ロッカー・更衣室

恩原高原スキー場 レンタルハウスロッカー

恩原高原スキー場 レンタルハウスロッカー小

レンタルハウス内にコインロッカーが設置されています。

げた箱用の100円と200円・300円のロッカーがあります。

恩原高原スキー場 レンタルハウス靴箱

靴は無料で置けるげた箱もあります。

恩原高原スキー場 レンタルハウス更衣室

男女別の更衣室もあります。

レンタルの手順

恩原高原スキー場 ボードレンタル申込書

恩原高原スキー場 スキーレンタル申込書

まずは、レンタル奉仕込み書に記入します(スノーボードは青い紙・スキーは白い紙)。

恩原高原スキー場 レンタル申込書書き方

恩原高原スキー場 レンタルハウスカウンター

受付で申込書を出して料金を支払い、奥の貸し出しカウンターでブーツや板を受け取ります。

料金

レンタルの料金は現金のみ支払い可能でした。

恩原高原スキー場 レンタル料金

大人 中学生以下 備考
ボードセット 3,500円 2,500円 ブーツサイズ18~30cm
単品ボード 2,000円 1,500円
単品ブーツ 2,000円 1,500円  ブーツサイズ18~30cm
スキーセット 3,000円 2,000円  ブーツサイズ18~30cm
単品スキー 1,500円 1,000円
単品ブーツ 1,500円 1,000円  ブーツサイズ18~30cm
単品ストック 500円 500円
ウェア 2,500円 2,000円
そり 500円 500円

ウェアサイズ SS/S/M/L/O/XO/90/100/110/120/130/140/150

手袋・ゴーグルなどびレンタルはありません。

レストハウスの売店で販売しています。

恩原高原スキー場 レンタル

レンタルのスキーやボードは沢山ありますがサイズなど在庫がなくなる場合もあります。

個人の予約はできません。

レンタルボード

恩原高原スキー場 レンタルボード番号

レンタルしたボードです。

レンタルボードは同じデザインのものが多いので番号を覚えておきましょう。

恩原高原スキー場 リーシュコード

レンタルに限らずですが、必ずリーシュコード(流れ止め)を装着しましょう。

スノーボードを安全に楽しむアイテムと準備 マナー

スノーボードを安全に楽しむアイテムと必要な準備 マナー

スノーボードを安全に楽しむためのおすすめアイテム、必要な準備やスキー場でのマナーについてまとめて紹介します。

スノーボードに遊びに行く前の忘れ物チェックにも利用できますよ。

 

 

リフト券料金

恩原高原スキー場レストハウス

リフト券はレストハウスで販売しています。

恩原高原スキー場 リフト料金

1日券 4,000円

1日券(60歳以上・日曜祝日除く)3,000円

子供1日券(中学生以下) 2,500円

親子ペア券 5,000円

午前券(8:30~13:00)2,500円

午後券(12:00~16:30)2,500円

子供午後券(12:00~16:30)1,500円

1回券(今シーズン限り) 260円

11回券(今シーズン限り) 2,600円

恩原高原スキー場 午後券販売

午後券の販売は11:45からです。

シーズン券

恩原高原スキー場 シーズン券

大人 30,000円

シニア(60歳以上) 28,000円

中学生以下 8,000円

写真(横30mm×縦40mm)が必要です。(500円で撮影もしてもらえます。)

滑走可能エリア

恩原高原スキー場 滑走可能エリア

レストハウスの入り口に滑走可能エリアが貼られていました。

レイクサイドエリアは今季はクローズとなっています。

割引・クーポンなど

平日割引

平日は大人子供ともに、500円引きです。

金曜サービスデー

恩原高原スキー場 金曜サービスデー

金曜日はリフト券やレンタルが1000円引きでお得です。

キッズデー

恩原高原スキー場 キッズデー

土曜日は中学生以下のリフト1日券が1,000円です。

クーポン

公式ホームページに300円割引のクーポンがあります。

その他

恩原高原スキー場 クアガーデンこのか割引

シーズン券やリフト券で、スキー場から車で15分の所にあるかみさいばら温泉クアガーデンこのかの入浴料が割引になります。

注意事項

恩原高原スキー場 注意事項

恩原高原スキー場 ゲレンデ利用の注意事項

恩原高原スキー場 リフト券購入の注意事項

恩原高原スキー場 パノラマ第1・第2リフト利用案内

リフトの乗り方・降り方

恩原高原スキー場 リフトの乗り方・おり方

初心者の方は時に緊張するリフトの降り方や乗り方について書いてくれていました。

レストラン・休憩スペース

レストハウス

恩原高原スキー場 レストハウス食堂

あはは

このあははライフではレストハウスのメニューなど詳しく紹介していますので良かったらみてください。

 

クリスタルパレス

恩原高原スキー場 クリスタルパレス

レストハウスやクリスタルパレスで食事や休憩をすることができます。

 

恩原高原スキー場 天然雪の広いゲレンデと豊富なコース

案内図

(公式ホームページより引用)

 

雪遊びエリア

恩原高原スキー場 ソリ

恩原高原スキー場 雪遊び

ソリ遊びエリアと雪遊びエリアがあります。

こちらはどちらも無料で遊ぶことができます。

雪遊びを楽しむおすすめグッズと服装 準備 場所と遊び方

あはは

このあははライフでは雪遊びを楽しむおすすめグッズと服装 準備について紹介していますので良かったらみてください。

 

パノラマ第1ゲレンデ

パノラマ第1ペアリフト

恩原高原スキー場 パノラマ第1ペアリフト

パノラマ第1ペアリフトで登ったパノラマ第1ゲレンデは、中・上級者コースです。

恩原高原スキー場 第1ペアリフト降り口

第1ペアリフトの降り口です。

なだらかな斜面になっています。

パノラマ第1表コース

中・上級コース

最長距離 330m

平均斜度 15度

恩原高原スキー場 パノラマ第1リフト降りたところ

リフトを降りてすぐは、まっすぐなだらかな斜面になっています。

恩原高原スキー場 パノラマ第1表コースへ行く林道

パノラマ第1表コースは、リフト降りて左側にある林道を通っていきます。

こちらは急斜面もあります。

恩原高原スキー場 パノラマ第1表コース

林道を抜けるとパノラマ第1表コースに出ます。

パノラマ第1裏コース

中級コース

最長距離 460m

平均斜度 12度

恩原高原スキー場 パノラマ第1裏コース

リフトを降りてそのまままっすぐ進むと右へ進む細いコースと左に行く広いコースに出ます。

恩原高原スキー場 パノラマ第1裏コース広いゲレンデ

メインは、左にいく広いゲレンデ。

斜度も高くなく広いので滑りやすいコースです。

恩原高原スキー場 下から見たパノラマ第1裏コース

下から見たパノラマ第1裏コース。

木を挟んで右側へ行ったコースはすぐに一緒のところに出ます。

恩原高原スキー場 パノラマ第1裏コース 合流

下へ降りるとパノラマ第2裏コースと合流します。

斜度が低いので勢いがないと止まってしまうかも。

恩原高原スキー場 パノラマ第1裏コース第2表と合流

さらに進むと、パノラマ第2表コースとも合流したなだらかな斜面の広ーいゲレンデに出ます。

リフト乗り場が見えてきます。

パノラマ第2ゲレンデ

パノラマ第2ペアリフト

恩原高原スキー場 パノラマ第2ペアリフト

パノラマ第2ペアリフトで登った、パノラマ第2ゲレンデは表コースも裏コースも上級者コースとなっています。

恩原高原スキー場 パノラマ第2ペアリフト降り口

パノラマ第2ペアリフトの降り口は、なだらかな斜面になっています。

パノラマ第2表コース

上級者コース

最長距離 600m

平均斜度 16度

恩原高原スキー場 パノラマ第2表コース

リフトを降りて右にクルっとまわる感じで進みます。

初めは緩やかな斜面です。

恩原高原スキー場 パノラマ第2表コース

コース幅は広いですが、斜度の高いゲレンデに出ます。

パノラマ第2表コースの様子の動画

ここかからの景色は絶景です。

恩原高原スキー場 パノラマ第2表コース 中腹

最高斜度27度の斜面を降りるコースです。

恩原高原スキー場 パノラマ第2表コース下から見た

下から見たパノラマ第2表コースです。

パノラマ第2裏コース

上級コース

最長距離 700m

平均斜度 12度

恩原高原スキー場 パノラマ第2裏コースリフト登ったこところ

パノラマ第2ペアリフトを上ると正面は、山の頂上が見えます。

そのまま右へ進んでいきます。

恩原高原スキー場 パノラマ第2裏コース 上からの景色

パノラマ第2裏コースの頂上からの景色。

下の真正面に見えているのは、パノラマ第1裏コースのゲレンデです。

スノーボードで滑る長女の動画

パノラマ第2表コースほど斜度はきつくありません。

恩原高原スキー場 パノラマ第2裏コース 中腹

コースの幅も広いので滑りやすいです。

恩原高原スキー場 パノラマ第2裏コース合流前

下まで降りると右へ進みます。

パノラマ第1裏コースと合流します。

恩原高原スキー場 パノラマ第1裏コース 下分かれ道

そのまま進むと右と左へ別れるようになっています。

パノラマ第2ペアリフトへ進むには右へ、パノラマ第1ペアリフトへ進むには左へ行きます。

パノラマ第3ゲレンデ

パノラマ第3ペアリフト

恩原高原スキー場 パノラマ第3ペアリフト

パノラマ第3ペアリフトは、初級者用のパノラマ第3コースへ上ります。

こちらのリフトは、スキーやスノーボードを装着せずに持って乗ることもできます。

初心者は、リフトを降りる時が緊張するので持って乗れると安心です。

恩原高原スキー場 パノラマ第3ペアリフト降り口

パノラマ第3ペアリフトの降り口はとても緩やかな斜面になっています。

パノラマ第3コース

初級コース

最長距離 270m

平均斜度 10度

恩原高原スキー場 パノラマ第3コース上から

コース幅は広く傾斜も緩やかなので初心者でも滑走しやすいです。

恩原高原スキー場 パノラマ第3コース 下から

下から見たパノラマ第3コースの様子です。

パノラマ第3コースの風景動画

広いので、初心者の練習もしやすいです。

登行で初心者は練習できる

恩原高原スキー場 登行はここまで

パノラマ第2ペアリフトとパノラマ第3ペアリフトの間の広いゲレンデに登行はここまでと書かれた案内があります。

恩原高原スキー場 登行練習

初めてスキーやスノーボードを練習するときなどは、いきなりリフトに乗らずにボードをもって歩いて少し斜面を登り練習できます。

ある程度滑れるようになってからリフトに乗って初級者コースで練習を始めるのがいいと思います。

恩原高原スキー場 ソリはソリ遊び場で

ソリ遊びは、ソリ専用ゲレンデのみで楽しむことができます。

 

恩原高原スキー場は、初級者コースから上級者コースまでゲレンデが広くどのコースでも楽しむことができました。

 

岡山県のスノーボード おすすめスキー場と雪遊びスポット

あはは

このあははライフでは岡山県のスノーボード おすすめスキー場と雪遊びスポットについて紹介していますので良かったらみてください。

 

恩原高原スキー場

住所 〒708-0601 岡山県苫田郡鏡野町上齋原2037
TEL 0868-44-2808
FAX 0868-44-2361

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA