四国 春のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

小豆島フェリーで高松市から土庄港へ 四国フェリーグループ

小豆島フェリー

香川県の小豆島に遊びに行くことにしました。

小豆島フェリーで香川県高松市から土庄港へ

小豆島では5ヶ所体験や観光することにしていたので、効率よく移動しなければなりません。

よって、小豆島に車を持ち込むことにしました。

小豆島へは、高松市サンポートから出ている️四国フェリーグループの小豆島フェリーを利用することに。

そして、そこから小豆島の土庄港に到着します。

私が乗る予定にしていた️フェリーは8時2分発。️

フェリー乗り場案内図

小豆島フェリー乗り場 案内図

小豆島フェリーの乗り場や切符売場は上の案内図の現在地と書かれたところです。

切符売り場と待合室

小豆島フェリー 切符売場

小豆島フェリー乗り場に到着したのが7時42分ぐらいでした。

インターネットの️ホームページ上で車の乗船予約(人間のみの乗船の場合の予約は出来ません。)をしようかなと思いましたが、2日前に予約状況を見る限りかなり空きがあったので、万が一寝坊などして乗船できなかったら嫌だし、帰りの便も長男次男が中間テスト中で予定の観光や体験が早く終われば早く帰りたいと思っていたので、予約せずに当日切符を購入して乗船することに。️

小豆島フェリー乗り場に到着して小豆島の土庄港へ車ごとと告げると一番乗り場に車をまわすように言われました。

直島行きのフェリー

そして、一番乗り場に車をまわしているときに見ると小豆島行きのフェリーと直島行きのフェリーにたくさんの人が並んでいました。

なんでこんなにたくさんの人がと思いましたが、それもそのはず瀬戸内国際芸術祭が開催されているからだったのです。

瀬戸内国際芸術祭の集客力ってすごいですね。

香川県在住者なのに全然知りませんでした。

小豆島フェリー 切符売場内

切符は一番乗り場に車を停車して建物内の切符売り場で購入します。

小豆島土庄港ゆき片道や往復の料金

帰りの便が決まっていないので片道料金にしようかなと思ったのですが、確認すると帰りの便を決めなくても往復の切符が購入できると言うことでしたので往復のチケットを購入することにしました。

小豆島フェリー 料金

小豆島フェリー 運賃表

運賃は片道大人が700円(往復1330円)、子供が350円、自動車は4m未満が5,030円、5m未満が6,330円が、6m未満が7,120円です。

車輌航送運賃はドライバー1名分の運賃を含みます。

自動二輪車は750cc以上が2,170円、750cc未満が1,850円、原付自転車125cc未満が1,430円、自転車大人が1,070円、小人が720円となります。

フェリーや高速艇の時刻表

小豆島フェリー 時刻表

時刻表は一番早いのが高松港6時25分発、土庄港6時36分発。

一番遅いのが高松港20時20分発、土庄港20時10分発となっています。

小豆島フェリー 車をのせる

そして、車にのって️小豆島フェリーしょうどしま丸 Olive Lineに乗り込みます。

しょうどしま丸 Olive Line 四国フェリーグループ

しょうどしま丸 Olive Line

小豆島フェリー外観

誘導にしたがってフェリーの中で車を駐車したら客室に上がっていきます。

船内案内図

小豆島フェリー 船内案内図

運転者の心得

小豆島フェリー 運転者心得

小豆島フェリー 詳細

旅客定員は421名です。

客室は非常にきれいだったので、この船は新しい船だと思います。

トイレもめちゃくちゃきれいでした。

2階の客室はいろいろな座席がありました。

客室や座席

小豆島フェリー ソファー席

小豆島フェリー 船内

バスや電車や新幹線のように進行方向に向かった座席。

先頭の席に座ると景色を眺めながら船の旅を楽しむことが出来ます。

真ん中にテーブルのある向かい合ったソファー席。

小豆島フェリー 立ちテーブル

立ちテーブル席もありました。

小豆島フェリー 2階オープンスペース

2階のオープンスペース。

雑魚寝が出来る絨毯スペース

そして、雑魚寝が出来る絨毯スペース。

小豆島フェリー 絨毯スペース

私たちは寝転がりたかったので絨毯のスペースを利用しました。

絨毯のスペースにはコンセントがあるのでスマホ等を充電しながら船の旅を楽しむことが出来ます。

小豆島フェリー雑魚寝コンセント

オープン席

三階に上がればそこはオープン席です。

小豆島フェリー 3階甲板

瀬戸内海の風を感じながら船の旅を楽しむことが出来ます。

サンポート高松と瀬戸内海の風景

小豆島フェリーから見るサンポート高松と瀬戸内海の風景です。

小豆島フェリーから見た瀬戸内海と島と海の動画

景色もきれいです。

小豆島フェリーからの景色

春や秋などの気持ちがいい季節は気持ちがいいはずです。

海ですれ違う小豆島フェリー

新岡山港からのフェリーもいました。

売店

お腹が空いたら売店でおにぎりやお菓子などを買うことが出来ます。

小豆島フェリー 売店

うどんなどの軽食もありました。

小豆島フェリーうどんや軽食

小豆島のお土産物も販売しています。

小豆島フェリーおかし

タバコなんかも売っていました。

小豆島フェリーお土産

小豆島フェリー 売店雑誌

雑誌もあります。

そんな感じで約一時間で小豆島に到着しました。

小豆島港ターミナル

帰りは往復の切符を購入していましたので、そのまま️のフェリー乗り場に車で乗り付けてそのままフェリーに乗り込むことが出来ました。

切符がいる場合は、円形の建物土庄港ターミナルで購入します。

瀬戸内国際芸術際の作品の1つでもあります。

小豆島フェリーから見た土庄港の街並みの動画

 

小豆島フェリー 四国フェリーグループ

小豆島フェリー高松のりば(高松港・小豆島行き営業所)

香川県高松市サンポート8-22

サンポート高松 フェリーセンター内

小豆島行きフェリーセンター

TEL: 087-822-4383

小豆島フェリー土庄のりば(小豆島土庄営業所)

香川県小豆郡土庄町甲6194-11

TEL.:0879-62-0875 FAX:0879-62-3236

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA