[四国]おすすめの川遊び・泳ぎ・滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

八栗寺へ初詣 高松市の商売繁盛・学業成就・縁結びを願う

八栗寺 案内図

四国霊場第85番札所、五剣山山腹に位置し、瀬戸内海国立公園内にある五剣山 八栗寺。

八栗寺は天長6年(829)弘法大師空海により開創され7、霊験あらたかなお聖天さまを祀ることでも有名です。

寺伝によれば、大師修行のおり天から降った五本の剣を山に埋めて鎮護としたことから「五剣山」と名づけられました。

また大師が入唐求法の成否を占うため植えた八個の焼き栗が、帰朝後すべて生長繁茂していたことから「八国寺」から「八栗寺」へ改名されました。

そんな、八栗寺は香川県の中でも、初詣の参拝客が多く人気です。

高松市 八栗寺 駐車場 ケーブルカー 料金

駐車場

八栗寺 駐車場

普通車 250台、マイクロバス10台、大型車10台
午前7時~午後6時 無料

お正月となれば、かなりの数の参拝客が訪れるのに駐車場が無料というのはうれしいです。

ケーブルカー

八栗寺 ケーブルカー乗り場外観

表参道で八栗寺へ行くには、徒歩で登るか、ケーブルカーに乗っていくかになります。

徒歩で登るには、上の写真の鳥居をくぐって坂道を歩いて登ります。

歩くと約25分くらいかかります。

八栗山頂駅から東へ抜ける道、県道145号線を通る裏参道もあります。

裏参道は、道も狭く勾配も急で駐車場もありませんので注意が必要です。

ケーブルカー料金

八栗寺 ケーブルカー料金

大人(中学生以上)往復930円 上り560円

小人(小学生)往復460円 上り280円

楊枝は、同伴者1名につき1名無賃。

八栗寺ケーブルカー手荷物運賃

手荷物料金や、定期券・回数券もあります。

八栗寺ケーブルカー 切符売り場 

切符売り場にて切符を購入してください。

私は、1月3日に参拝しに行きましたが切符を購入するのにも並んで購入しました。

八栗寺 ケーブルカー時刻表

時刻表は、上記の通りですが初詣期間中など利用客の多いときは随時運転されています。

八栗寺 ケーブルカー 切符

切符は、往路を切り離して復路の分は帰りにまた使うので無くさないように注意しましょう。

八栗寺 ケーブルカー駅内

切符を購入したら駅舎に入り、奥からホームへ行きます。

客理事ケーブルカーお土産

駅舎内には、お土産品なども売られています。

八栗寺ケーブルカー

八栗寺ケーブルカー内

ケーブルカー内は、電車のそれと同じような感じです。

八栗寺ケーブルカー 線路

約4分で山上駅につきます。

初詣は商売繁盛・学業成就・縁結びの八栗寺へ

瀬戸内国立公園 五剣山

八栗寺は、瀬戸内海国立公園 五剣山山腹にあります。

八栗寺 まで

ケーブルカーを降りて、少し歩きます。

八栗寺 トイレ

少し歩くと、トイレもあります。

八栗寺 案内図

八栗寺全体の案内図です。

多宝塔

八栗寺 多宝塔

目を引く朱塗りの鮮やかな三面四面の総桧造りの鎌倉様式の建物です。

本尊は昭和の大仏師・松久宗琳(まつひさそうりん)作の金剛界大日如来(丈1尺8寸)です。

屋台

八栗寺 屋台

お正月なのでたくさんの屋台も並んでいます。

私たちはケーブルカーの受付の人に上で食べれますかと聞いたら、食べれるところがほぼないので、下で食べていった方が良いと聞きました。

なので、そば処六六庵で昼食をすませて上に上がりましたが、こういう屋台で食べても良かったなと思います。

八栗寺 熊手

熊手も大きいのから小さいのまでありました。

大師堂

八栗寺 大師堂

昭和初期に建立された総欅(けやき)造りのお堂で、青年時代の修行僧の弘法大師が祀られているそうです。

御真言は「南無大師遍照金剛」です。

十二支一代守御本尊

八栗寺 十二支一代守御本尊

十二支尊像は子年が弥勒菩薩、丑年が勢至菩薩、寅年が阿弥陀如来,卯年が聖観世音菩薩、辰年が如意輪観音、巳年が虚空蔵菩薩、午年が地蔵菩薩,未年が文殊菩薩、申年が大威徳明王、酉年が普賢菩薩、戌年が大日如来、亥年が釈迦如来となっています。

自分の生まれ年のご本尊を参ります。

地蔵堂

八栗寺 地蔵堂

地蔵菩薩を祀り、子授けにご利益のあるお地蔵さまといわれています。

地蔵菩薩の御真言は「オンカカカビサンマエイソハカ」です。

鐘楼堂

八栗寺 鐘楼堂

普段はだれでも参拝時に突くことができ、大みそかには百八名の希望者により除夜の鐘が突かれます。

五剣山と正倉院御物の鏡にある波紋・雲紋模様が刻まれており「美術梵鐘」としても有名だそうです。

菩提樹 仏足石

八栗寺 菩提樹

八栗寺 菩提樹2

八栗寺 仏足石

お釈迦様ゆかりの5か所の土砂の入った容器を収めた、仏足石。

真言は、「のうまくさんまんだぼだなんばく」です。

お迎え大師

八栗寺 お迎え大師 説明

八栗寺 お迎え大師

ケーブルカーに乗らずに歩いて参拝する人をお迎えするという事から、お迎え大師と名付けられました。

弘法大師の若々しい風貌は、大師堂の本尊の模刻だそうです。

八栗寺 眺望

こちらからは、高松の街が見渡せます。

晴れた日は、金毘羅の象頭山や徳島県の剣山までも見渡せるみたいです。

本堂 参拝

八栗寺 参拝の列

本堂の参拝は、1月3日でもかなりの列ができています。

写真で見えているのは、本堂ではなく二天門です。

二天門を超えてその奥までの長蛇の列です。

八栗寺 本堂

でも一人一人の参拝がそれほど長いわけではないので、思ったよりは時間がかかりませんでした。

だいたい20分くらいでした。

八栗寺 本堂内

伝弘法大師作の聖観自在菩薩(木仏立像、丈約1.3m)が祀られていて、正月三が日には開扉されます。

八栗寺 ご真言

ご真言は、「おん あろりきや そわか」です。

聖天堂

八栗寺 聖天堂

お聖天さまは詳しくは「大聖歓喜双身天王」であり、「歓喜天」とも呼ばれます。

お聖天さまは「歓喜」という文字からもわかるように人の歓びを自らの喜びとする天尊です。

お聖天さまは50年に一度ご開帳していて、次回は2027年の予定です。

〈お聖天さまの参り方〉
①一礼
②二拍手
③般若心経(一返)※省略しても良い
④ご真言(七返) オンキリクギャクウンソワカ
⑤祈念
⑥二拍手
⑦一礼

境内には「巾着」や「大根」のマークが多く見られます。

これはお聖天さまを一生懸命に拝むことによって手にされるご利益を表しています。

「巾着」は福徳財宝の獲得や商売繁盛を表し、「大根」は良縁成就や身体健康さらには夫婦仲良く末永い一家の和合などを意味しています。

お守り おみくじ

八栗寺 お守り1

八栗寺 お守り

八栗寺 おみくじ

八栗寺 おみくじ

おみくじ引きました。

何と私、凶・・・。

結んで帰りました。

中将坊堂

八栗寺 中将坊堂1

本堂の横を通って奥に、中将坊堂へ登る石段があります。

八栗寺 石段

徒歩4分ほど石段を登ります。

八栗寺 中将坊堂2

八栗寺 中将坊堂説明

中央石室内に大黒天を本地とする天狗の中将坊大権現(石仏立像、丈約0.8m)がお祀りされています。

中将坊さまは七福神のひとつである大黒天の生まれ変わりだそうです。

大黒天の御真言は「オンマカキャラヤソワカ」です。

毎月1日・16日早朝6時から中将坊様の御開帳とお加持が行なわれているそうです。

八栗寺 ゲタ

中将坊さまが、願いをかなえるために履いて駆け巡ったという下駄。

 

八栗寺は、空海(弘法大師)に縁があり、霊験あらたかなことで有名です。

とても厳かな雰囲気が漂い、霊地であり聖地でもあり、パワースポットです。

初詣にふさわしいと思います。

 

このあははライフでは香川県の初詣 神社・神宮・寺院おすすめスポットについて紹介してますので、興味がある人はリンク先にアクセスしてください。

 

 

 

第85番 五剣山 観自在院 八栗寺 ごけんざん かんじざいいん やくりじ

住所 〒761-0121香川県高松市牟礼町牟礼3416
TEL 087-845-9603

 

八栗ケーブル

〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3378−3
087-845-2218
営業: 7時30分~17時15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA