[四国]おすすめの川遊び 泳ぎ 滝まとめ!飛び込みやターザンロープも

男木島 猫好きにはたまらないたくさんの猫に出会える島 高松市

男木交流館

猫好きの長女とその友達と一緒に香川県高松市の男木島へ、猫に出会いに行ってきました。

男木島への行き方 高松市

島ですので、船で行きます!

駐車場は、サンポート高松や駅の有料駐車場を利用するといいです。

男木島フェリー乗り場

サンポート高松のフェリー乗り場で女木島・男木島行きフェリーのチケットを購入します。

料金

男木島フェリー 料金

大人 片道510円 往復1020円

小人 片道260円 往復520円

チケットは、船の出航時間の30分前より販売しています。

航路時刻表

男木島 フェリー時刻表

高松発女木島男木島へのフェリーの時刻表です。

男木島 フェリー

フェリーは、この赤いめおん2に乗りました。

男木島 海上タクシー

海上タクシーもあるようです。

男木島の観光と瀬戸内国際芸術祭

フェリーで高松から40分で着きます。

3年一度行われる瀬戸内国際芸術祭の時は、とても賑わう島です。

男木島 案内図

男木交流館

男木交流館

瀬戸芸の作品の一つでもある、モダンな建物「男木交流館」。

はジャウメ・プレンサ氏によってデザインされた「男木島の魂」で、8つの言語があしらわれた屋根なんだそうです。

フェリーを降りるとすぐに出迎えてくれます。

中では、フェリーのチケットが売られていたり、観光案内があります。

男木島 お食事処

男木島の飲食店の営業案内もしてくれていました。

タコツボル

男木島 タコツボル

大きなたこつぼのオブジェもフェリー乗り場からすぐにあります。

男木島観光協会 物販所

男木島観光協会 物販所

タコツボルのすぐ隣にある男木島観光協会物販所。

男木島グッズの販売・島民による出店販売・手荷物預かりをしています。

豊玉姫神社

男木島 豊玉姫神社鳥居

フェリー乗り場からすぐのところに大きな鳥居さんがあります。

ここから路地に入っていきます。

男木島 豊玉姫神社坂道

結構な坂道を登っていきます。

男木島 案内看板

途中、瀬戸芸の時の案内看板を頼りに進みます。

この看板が島のあちこちに立てられていて、助かります。

島の住宅地の間の路地を進むので、この看板がなければ迷います。

豊玉姫神社 階段

最後はこの階段を登ります。

男木島港からここまで徒歩で10分程度です。

鳥居の奥に広がる瀬戸内海の景色がステキ

豊玉姫神社からの景色

階段の途中振り替えると、鳥居の奥に広がる瀬戸内海の景色がステキ!

本堂

豊玉姫神社

豊玉姫神社の説明

豊玉姫神社 看板

豊玉姫を祀っている豊玉姫神社。

安産の神様なんだそうです。

鐘楼

豊玉姫神社 鐘楼

なかなか立派な鐘楼があります。

手水舎

豊玉姫神社 お手水舎

手水舎。

豊玉姫神社 椅子

かわいい休憩用(?)の椅子もありました。

路地壁画wallalley

男木島 路地壁画wallalley

男木島 アート

豊玉姫神社に行く途中に見れる、瀬戸芸のアート路地壁画wallalley。

インスタ映えします。

男木島無料休憩所 さくら猫館

男木島 休憩所

男木島 無料休憩所2

男木島無料休憩所。

歩く方舟

歩く方舟まで

海沿いを歩いて行ったところにある、歩く方舟。

男木島港から徒歩15分です。

歩く方舟

旧約聖書に出てくるノアの方舟をモティーフとした立体アート、山口啓介さんの作品です。

海や空に溶け込む白と青の模様をした方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化しています。

海に向かって歩いていっています。

歩く方舟のトンネル

足のトンネル~と言いながら、子供らは中を歩いていっていました( ´艸`)

大井海水浴場

男木島 海水浴場

歩く方舟の奥は、きれいなビーチがあります。

大井海水浴場です。

流木が絵になっています。

加茂神社

加茂神社鳥居

加茂神社 階段

鳥居を2つくぐり階段を登ったこところにあります。

豊玉姫神社に祀られている豊玉姫の結婚相手の山幸彦を祀る神社です。

加茂神社 手水舎

手水舎、自然の形の岩なのかな?

男木小中学校

男木小中学校

男木小・中学校の体育館の正面に、刺繍されたように見える雲と青い空を表現したマルチメディア作家の世界的先駆者、ブラジルのレジーナ・シルベイラの作品。

作者が島を訪れた際、強烈に感激した瀬戸内の青い空と光がイメージの源なんだそうです。

神井戸

男木島 神井戸

山幸彦と豊玉姫が出会ったという場所です。

伝説によりますと、ここの出会いをはじまりに山幸彦と豊玉姫が恋に落ちたようです。

男木島灯台

男木島灯台は男木島のフェリー乗り場から徒歩では30分ほどかかります。

男木島灯台への遊歩道

男木島灯台へは時間の都合上主人が一人で歩いていきました。

途中、灯台まであと何歩とかの表示があります。

男木島灯台までの距離や歩数表示

一人で歩くと結構距離が長く感じるそうです。

細川和俊君の足跡

途中、細川和俊君の足跡がありました。

細川和俊君の足跡

細川和俊君の足跡男木島

海の眺めのいい場所にあります。

男木島灯台と海

スタスタと道路を歩いていくときれいな海岸と灯台らしきものが見えてきます。

男木島灯台 

男木島灯台 看板

香川県の庵治石をつかった洋式の灯台。

私が行ったときは、改修中でした。

男木島灯台 離れて

すこし離れたところから見ると、男木島灯台資料館などの建物と手前の水仙、奥に見える瀬戸内海がとてもきれいな風景です。

男木島灯台資料館

男木島灯台資料館

男木島灯台資料館2

男木島灯台資料館では全国の灯台や男木島の歴史などに関する資料が展示されています。

キャンプ場

男木島灯台資料館の裏側はキャンプ場になります。

男木島キャンプ場

飯盒をする場所やキャンプファイアなどをする場所があります。

キャンプ場飯盒

この付近の海や砂浜はきれいなので夏になると海水浴がしたいと思われるかもしれませんが、遊泳禁止なので絶対に泳がないでください。

男木島遊泳禁止の海岸

おそらくではありますが流れがきつかったり危険な理由があるとだと思います。

男木島灯台周辺のマップ

男木島灯台周辺のマップ

とりあえず時間が少々あったのでタンク岩やジイの穴に行ってみる事に。

第2水仙郷

男木島灯台付近には第2水仙郷があります。

第2水仙郷

水仙の花がたくさん咲きます。

見ごろは1月下旬から3月上旬にかけてです。

 

タンク岩

ここからひたすら階段を登ってタンク岩を目指します。

男木島灯台から700mとなっていましたが、山道の階段を登り続けていくので結構体力がいります。

毎日空手用のトレーニングを1時間やっている主人でさえ、しんどくて途中で引き返そうと何度か思ったようです。

最後は崩れたような大きな石がゴロゴロしている場所を登っていったようです。

男木島 タンク岩

玄武岩の柱状節理の岩の塊で、戦車に見えるからタンク岩と言われているそうです。

タンク岩から500m歩いたらジイの岩です。

第1水仙郷

第1水仙郷

この途中に第1水仙郷があります。

展望所

ジイの穴を目指して上がっていくとジイの穴の手前に展望所があります。

展望所

展望所から見る海の景色きれいでしたよ。

展望所からの景色

ジイの穴

 

男木島 ジイの穴1

男木島 ジイの穴

桃太郎に追われた鬼たちが逃げ込んだという穴だと言われています。

となりの女木島が鬼ヶ島だと言われているので、そこから鬼が男木島まで逃げてきたという事なのかな。

かがめば入れそうですが、こわいですね。

ここから下って男木島灯台と港をつなぐ遊歩道に降りていきます。

男木島の飲食店

海征食堂

男木島 海征食堂

フェリー乗り場の真ん前にあるお店です。

サザエ飯やタコ天などがあるみたい。

民宿さくら

男木島 民宿

男木島 民宿

ビストロ伊織

男木島 レストラン

 

男木島で出会った猫たち

禁止事項とお願い

男木島 猫にエサはダメ

男木島では、猫がたくさんいますが猫で観光客をよんだりしているわけではないようです。

島民の皆さんは、猫の被害に困っているんですね。

なので、エサを持って行ってあげたりする行為は禁止されています。

男木島 猫1

フェリー乗り場でエサをもらっているネコ。

男木島 猫2

歩く方舟への行く途中にいた猫。

男木島 猫3

歩く方舟に行く途中にいた猫。

男木島 猫3

歩く方舟に行く途中にいた猫。

男木島 猫4

民家の塀にいた猫。

男木島 猫5

男木島 猫6

男木島 猫7

男木漁港にいた猫。

しばらくついてきてくれていました。

男木島 ねこ8

男木島 猫9

男木小・中学校前くらいにいた猫。

ニャーという声がだみ声でした。

男木島 猫10

神井戸にいた猫。

この後、フェリー乗り近くまでついてきてくれていました。

男木島 猫11

フェリー乗り場近くにいた猫。

どの猫ちゃんも、人なれしていておとなしい猫ちゃんでした。

島中にたくさん猫がいるというわけでは、ありませんでした。

冬だったから出てきてなかっただけかもしれません。

以前行った多度津町の佐柳島の方が猫はたくさんいました。

 

100円ショップのおもちゃにじゃれつく猫

エサを与えてはいけないので、100円ショップで購入した猫用のおもちゃを持っていきました。

おもちゃにじゃれつく猫ちゃん、とてもかわいかったです。

猫じゃらし

エサで猫を集める事が出来ないので猫じゃらしは絶対にもっていった方が良いです。

男木島 口コミ評価評判

 

 

このあははライフでは香川県のねこと遊べる猫島やネコカフェcafeやシェルター等について詳しく紹介しています。

興味がある人は下記リンク先からアクセスしてください。

 

 

 

 

男木島(フェリー乗り場)

香川県高松市男木町1986

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA