四国 冬のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行 割引プラン

ポータブルシャワー USB充電式 キャンプ 海水浴 川遊びに便利!

ポータブルシャワー

今年購入してよかったもののひとつ、ポータブルシャワーUSB充電式について紹介します。

夏になると海水浴や川遊びによく出かけます。

シャワーがあるところもありますがないところや混んでるところもあるので、このポータブルシャワーがあればどこでもシャワーが出来てすごく便利です。

ポータブルシャワー USB充電式を選んだわけと価格

ポータブルシャワー

ポータブルシャワーUSB充電式

種類・サイズ

収納サイズ:(約)20.5cm×25.7cm×7.2cm
ホース長さ:(約) 195cm
ポンプコード長さ:(約) 190cm

重量・耐久 ・重量:(約)827g

その他 ・材質:プラスチック/ゴム

 

 

使用上の注意

※水温が60℃以上の水は使用しない。
※バケツの水位はポンプよりも高くする。
※ポンプを移動させるときには電源をOFFにして行う。
※改造/本来の目的以外/強い衝撃などは控える。

価格

3278円(税込・送料無料)

私は楽天市場で購入しました。

海水浴後のポータブルシャワー

この商品を選んだわけ

ポータブルシャワーもいろいろな種類があります。

電動じゃないもの、充電式じゃないもの、充電がUSBや車のシガーソケットからするものなど仕様も価格もいろいろでした。

以前電動じゃないものを使っていたことがあるのですが、すぐに壊れてしまったしスイッチ一つで水が出せるのが便利なので電動を選びました。

充電式と車のシガーソケットから直接電源をとるものは、車のシガーソケットから電源をとるものだと充電のし忘れが無くていいと思ったのですが、海や川へ行くとけっこうアブがいます。

車の電源を入れていたらアブが車に寄ってくるんです。

刺されたらすごく痒くてつらいので車の電源を入れておかないと使えないシガーソケットタイプはやめました。

(二酸化炭素などにアブが寄ってくる性質があるのでエンジンをかけるとアブが寄ってきます。)

私が購入したUSB充電式は、モバイルバッテリーに直接接続しての使用も出来るとあったので充電し忘れても大丈夫かなと思いました。

また、私が購入した商品はバッテリーがポンプと一体化していないというのも決め手でした。

バッテリーがポンプと一体化していたら水の中に入れないといけないので防水になっているとは思うけど壊れやすいのではないかと思ったからです。

価格も、3278円と手ごろなのでこの商品に決めました。

ポータブルシャワー USB充電式の使用説明書と便利なアイテム

使用説明書(英語表記)

ポータブルシャワー説明書表

ポータブルシャワー 説明書裏

海外輸入商品なので説明書は英語で書かれていました。

使用説明書(翻訳後の日本語表記)

ポータブルシャワー 説明書日本語翻訳

翻訳アプリで翻訳してみましたがちょっとおかしいなと思う部分もあります。

ポータブルシャワー説明書日本語翻訳裏

ポータブルシャワー 説明書翻訳裏アップ

 

充電

ポータブルシャワー 充電

ポータブルシャワー 充電完了

まず充電をして準備します。

充電中は赤いランプがついていて、充電が完了すると緑のランプに変わります。

充電完了までは、4時間ほどでした。

充電さえしとけばあとは、ホースなどを接続すれば使用できます。

シャワーを快適に使うための便利アイテム

ウォータータンク20ℓ

ウォータータンク20ℓ

ウォータータンク20ℓがあれば車など大量の水を自宅などで準備して簡単に持ち運ぶことが出来ます。

このタンクがあれば水道がない場所でもポータブルシャワーを利用することが出来ます。

 

 

モバイルバッテリー 15000mAh

モバイルバッテリーがあれば充電を忘れても直接接続してポータブルシャワーを使うことが出来ます。

スマホの充電なども出来るので一台持っていれば便利です。

 

 

ポータブルシャワー 実際の使用方法

川遊び後のポータブルシャワー

川や海で遊んだ後、ポータブルシャワーUSB充電式を使います。

シャワーフックを付ける

ポータブルシャワー 吸盤

まず、車の窓ガラスに吸盤でシャワーフックを付けます。

ポータブルシャワー シャワーをかける

フックにシャワーをかけると両手を使わずにシャワーを浴びることが出来ます。

ポンプ部分をウォータータンクに入れる

ポータブルシャワーポンプをウォータータンクに

ポンプ部分を水に入れます。

バケツなどでもいいです。

私は、家からウォータータンクに水を入れて持って行っています。

 

 

ウォータータンクの場合ポンプが入るだけの口の大きさが必要。

よくある灯油などを入れるポリタンクでは、入らないようです。

コードとバッテリー(スイッチ)を接続

ポータブルシャワー バッテリー

ポンプから出ているコードとバッテリーをつなぎます。

バッテリー(スイッチ)をフックで引っかける

バッテリー(スイッチ)をフックで引っかける

バッテリー(スイッチ)は引っかけるフックがあるので引っかけておきます。

ポータブルシャワー完成

ポータブルシャワー 準備完了

スイッチを押す

スイッチを押すポータブルシャワー

バッテリーにスイッチのボタンがあるので押すとシャワーから水が出ます。

シャワーから水が出る

ポータブルシャワー

連続で使用できる時間

連続で使用できる時間は20~45分となっています。

私は、主人と私と娘の3人で使用しましたが止まることなく十分使え、後日そのままさらに3人使うことが出来ました。

コインシャワーが、2~3分程なので20~45分使えたら十分だと思います。

水量は上の写真くらいですが、少なすぎるということもありませんでした。

逆にこれより多いと水の減りが早くなるのでちょうどいいと思います。

シャワーで体を流す

ポータブルシャワー 使用中

身長150cmほどの娘が使う様子です。

ホースの長さは195cmあるので背の高い人でも使いやすいと思います。

ポータブルシャワー 車の横につけて

車のうしろでも横でもどちらでも使用できます。

 

 

水ポリ容器

これまで、この容器に入れた水を頭からかぶっていましたがあっという間に水は無くなるし、両手が使えないので不便でした。

このポータブルシャワーUSB充電式を購入して川遊びや海水浴の後、体を洗いやすくなりかなり便利になりました。

川遊び危険を回避し安全に遊ぶ方法

このあははライフでは川遊びや海水浴を楽しむ便利アイテム 危険を回避し安全に遊ぶ方法について詳しく紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA