定価で買うと損!テーマパークや遊びを安い優待価格や料金で体験する方法

志度寺 歴史が古く文化財多数で見どころ満載のお寺 さぬき市

志度寺 

香川県さぬき市志度にある、四国88カ所第86番札所 補陀洛山 志度寺、その歴史は古く開創は古く推古天皇33年(625)です。

初詣にも人気で、ご利益は、諸願成就・厄除け・交通安全・安産です。

国指定の重要文化財なども多数あり、見どころは満載です。

志度寺 地図

志度寺の周辺案内図です。

第85番八栗寺と第87番長尾寺があります。

さぬき市志度 第86番札所 志度寺

志度寺 歴史

由緒・歴史

開創は古く推古天皇33年(625)、四国霊場屈指の古刹です。

海洋技能集団海人族の凡園子(おおしそのこ)が霊木を刻み、十一面観音(かんのん)像を彫り、観音堂を建てたのが始まりと言われています。

境内案内図

境内案内図

文化財

志度寺 文化財

志度寺には、数多くの重要文化財などがあります。

志度寺 文化財修理

現在開創1400年記念事業として令和の大修理が行われてます。

補陀洛山 志度寺 見どころ

仁王門

志度寺 仁王門

志度寺 仁王門

国指定重要文化財の仁王門。

江戸時代の寛文10年(1670年)頃、讃岐藩主・松平頼重により寄進された全国的にも珍しい三棟造りの山門。

仁王像 仁王像1

志度寺 仁王像2

中には、木造金剛力士像は鎌倉時代の仏師・運慶の作と伝えられています。

天正年間、土佐の長宗我部元親の軍勢が讃岐を攻めた時、志度にも攻め入り、元親が志度寺の仁王像の前まで来たところ、馬が動かなくなった。

ふと見ると、仁王像に後光がさし、畏敬の念を感じた為、元親は兵に、伽藍を焼くことを禁じた、という伝説があります。

たしかに、かなり迫力がある金剛力士像です。

五重塔

志度寺 五重塔

朱塗の五重塔は、1973年から着工され、1975年5月に落成。

地元出身の実業家竹野二郎によって寄進された、この後に続く本式木造五重塔復興の先駆けとなった昭和の名塔です。

四国八十八ヶ寺の中で、五重塔があるのは31番竹林寺、70番本山寺、75番善通寺、86番志度寺の4ヶ所のみです。

納経所

志度寺 納経所

志度寺 納経所内

納経所では、お札や数珠などが売られています。

トイレもこちらにあります。

書院・無染庭

志度寺 書院

志度寺 無染庭

書院に入り奥に進むと、枯山水庭園、無染庭を見ることが出来ます。

京都の名園「龍安寺 石庭」を摸したような石庭は、さぬき市に伝わる「海女の玉取り伝説」を題材にしている。

息子の行く末を願う海女だった母が瀬戸で命を落とす伝説であり、横長の石は母の命が尽きた真珠島、石と白砂は瀬戸内海の島々と大海を表現している。

志度寺には、その海女の墓もあります。

モダンな庭園造りで知られる日本庭園史の研究家・重森三玲によって作庭。

志度寺 絹本著色志度寺縁起

志度寺 絹本著色志度寺縁起2

見ることは出来ませんでしたが、本尊十一面観音菩薩像の造立、そして寺院復興の経緯など、複数の説話(物語)を絵に描いた「縁起絵」もここ志度寺にあり、国指定重要文化財となっています。

たいへん大きな掛軸装6幅が伝存しており、もとは7幅あったとされます。

ともに伝わる縁起文により、絵の内容をひもとくことができます。

志度寺 絹本著色十一面観音像

他にも国指定重要文化財の絹本著色十一面観音像と、さぬき市指定有形文化財の絹本著色十一面観音立像も志度寺にあります。

曲水式庭園

志度寺 曲水式庭園説明

志度寺 曲水式庭園

無染庭と隣接してある曲水式庭園。

室町時代の細川一族によって作庭された回遊式池水庭園で、昭和36年(1961年)に重森三玲によって復元されました。

池には、水はありませんでした。

令和の大修理で改修され、きれいになったらまた見に来たいですね。

納骨堂

志度寺 納骨堂

薬師堂

志度寺 薬師堂

薬師如来坐像を拝顔できます。

志度寺 墓

志度寺 塚

薬師堂のに、芳室文塚と松風塚が並んであります。

閻魔堂

志度寺 閻魔堂

志度寺 閻魔堂説明

県指定有形文化財の閻魔堂、十一面閻魔大王が鎮座しています。

毎月17日には開帳されます。

閻魔堂 電気

外にスイッチがあり、押すとライトアップされ閻魔大王がよく見えます。

納経所では、閻魔様のご朱印をいただくことが出来ます。(納経料300円)

志度寺 菅原道真

志度寺 合格祈願

学問の神様、菅原道真公が祀られている。

お寺だけど、神様もいるんですね。

三尊仏

志度寺 三尊仏

志度寺 三尊仏説明

阿弥陀・薬師・観音の金属製坐像。

藩主松平頼重が切腹させた家来三人を祀る。

大師堂

志度寺 大師堂

本堂

志度寺 本堂

志度寺 本堂文化財

毎年、7月16日と17日午前中、本尊と脇仏の開帳をし堂内を見学できるようです。

向かって右奥には凡薗子尼像が鎮座し、宮殿の背後には大きい阿弥陀如来図が直接描かれ、本堂奥の壁には伝持の八祖の掛け軸がかかっている。

国指定重要文化財となっています。

中に収められている本尊・十一面観世菩薩立像も国指定重要文化財となっています。

不動明王

志度寺 不動明王

本堂の裏側。

志度寺 楠

大楠があって、たくさんの周りには石像が鎮座しています。

奪衣婆堂

志度寺 奪衣婆堂

県指定有形文化財の奪衣婆堂、奪衣婆が拝顔出来ます。

海女の墓

志度寺 海女の墓

志度寺 海女の墓2

志度寺 海女の墓説明

さぬき市指定史跡の海女の墓。

この墓には藤原不比等・房前親子にまつわる「海女の玉取伝説」があります。

天武の昔、淡海公藤原不比等は唐の高宗姫から送られた面向不背の玉が、志度沖で竜神に奪われたため、身分を隠して都から志度の浦を訪れ純情可憐な海女と恋仲になり一子房前が生まれた。
淡海公から事情を明かされた海女は、瀬戸の海にもぐり竜神と戦い玉は取り返したが竜神の為傷つき真珠島で命を果てた。

後年房前は千基の石塔を立てて母の冥福を祈ったという、殉愛悲恋のヒロイン海女の墓です。

志度寺 高浜虚子碑

志度寺 高浜虚子碑説明

海女の墓の隣には、高浜年尾句碑があります。

高浜虚子の長男で昭和27年9月5日志度寺に参拝した折詠んだ句です。

「盆にきて海女をとむらふ心あり」

生駒親正墓塔

生駒親正墓塔

生駒親正墓塔2

生駒親正墓塔説明

高松城、丸亀城を築いた生駒親正の墓塔、境内の北側の墓地の中にあります。

自性院(じしょういん)平賀源内の墓

志度寺の僧坊を起源に持ち、後に塔頭として独立した寺院です。

自性院(じしょういん)

自性院(じしょういん)

志度寺石門より入って右側の寺院で、寺号は常楽寺。本尊は不動明王。

平賀源内の墓

平賀源内の墓

江戸時代に活躍した発明家「平賀源内」のお墓。

平賀源内と言えば、エレキテルと思いますが、正確に言うとエレキテルを発明したわけではなく、長崎で手に入れたエレキテル(静電気発生機)を修理して復元したんだそうです。

 

このあははライフでは香川県の初詣 神社・神宮・寺院おすすめスポットについて紹介してますので、興味がある人はリンク先にアクセスしてください。

 

 

志度寺

住所 〒769-2101 香川県さぬき市志度1102
TEL 087-894-0086
駐車場 あり(無料)


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA