四国 春のおすすめ観光スポットや遊び 体験と旅行

高松市鬼ヶ島おにの館 レンタサイクルで女木島観光 高松市

高松市鬼ヶ島おにの館

高松市の沖合4キロの瀬戸内海に浮かぶ島、女木島の玄関口女木港のすぐそばにある高松市鬼ヶ島おにの館。

フェリーの待合所と食堂や鬼に関する資料を展示している鬼の間があるほか、バスの切符販売、レンタサイクルの貸し出しも行っています。

女木島を観光するのには、電動自転車が最適です!

高松市鬼ヶ島おにの館 女木島観光

開館時間

8:00~17:20

定休日

年中無休

食堂

2021年11月現在は、コロナウィルス対策のためお休み中です。

営業時間

10:20~14:20

定休日

月、火曜日

メニュー

おでん・うどん・カレーライスなどがあります。

コインロッカーと料金

おにの館 コインロッカー

右側のロッカーは使用料100円、左側は200円です。

大きな荷物は受付に300円で預けることが出来ます。

鬼ヶ島大洞窟行きバス

おにの館 館内

切符売り場で鬼ヶ島大洞窟行きバスの切符を買うことが出来ます。

乗場は、高松市鬼ヶ島おにの館のすぐ横です。

時刻表

鬼ヶ島大洞窟行きバス 時刻表

一日5便鬼ヶ島大洞窟行きのバスが出ています。

料金

鬼ヶ島大洞窟行きバス 料金

往復

大人800円
小人(5~12歳)400円
幼児(4歳以下)無料

幼児2~3名の場合は往復400円

片道

大人500円
小人(5~12歳)300円
幼児(4歳以下)無料

幼児2~3名の場合は片道300円

高松市鬼ヶ島おにの館周辺の観光

モアイ像

女木島 モアイ像

女木島モアイ像 石碑

高松市内の大手クレーンメーカーの「タダノ」が、イースター島のモアイ像の再建の吊り上げテストに作られたモアイ像の模刻像だそうです。

高さ3.9m、重さ10.8トン、石材もイースター島にある本物と同じ凝灰岩でつくられています。

地蔵尊

鬼の館 地蔵尊

鬼の館地蔵尊について

昭和30年に起きた紫雲丸と第3宇高丸の衝突事故で沈没した当時の犠牲者の霊をまつる地蔵尊です。

高松市鬼ヶ島おにの館 電動自転車とレンタサイクル

おにの館 レンタサイクル 

貸出時間

8時20分~17時00分

予約は行っていません。

先着順の貸し出しです。

料金

電動自転車

1000円 /日 (返却は17時頃まで)

全34台

自転車保険加入済み

ママチャリ

600円/日

全5台

3段ギア

鬼ヶ島大洞窟は坂道をかなり上るのでママチャリでは厳しいです。

鬼ヶ島大洞窟までの所要時間

女木島 鬼ヶ島大洞窟への所要時間

電動自転車で約15分です。

徒歩だと約30~40分、バスで約7~8分です。

女木島案内図

女木島 案内図

この案内図は、高松市鬼ヶ島おにの館でもらうことが出来ます。

おにの館 手書き案内図

手書きのこの案内図はおにの館内に貼ってありました。

おにの館 レンタサイクル電動自転車

電動自転車は、赤い可愛い自転車で、電動は強・標準・オートエコの3段階のモードがあります。

ギアも1~3まで3段切り替えでした。

私は、12時20分着のフェリーで到着し、15時20分発のフェリーまでレンタサイクルで観光しました。

バッテリーは、半分も減ってなかったです。

女木島中心部から鬼ヶ島大洞窟まで行きみかん畑のある島の西側に降りて北へ進み、県営女木島野営場から女木港までくるっとまわりました。

3時間で十分観光できました。

女木島は桜がキレイらしいので、次は春にまた来たいと思っています。

 

女木島

あはは

このあははライフでは女木島 瀬戸芸のアート鑑賞と桃太郎伝説 鬼ヶ島観光について紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

高松市鬼ヶ島おにの館

住所 〒760-0092 香川県高松市女木町15-22
TEL 087-873-0728
開館時間 08:00~17:20
年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA